2019_02
22
(Fri)00:00

Road Bonus track -甘える-

ゆっくりと抜かれた芯はぬらりとテカリ、物凄いインパクトを俺に突き付ける。
あれ程時間を費やして飲み込んだ筈のものが、抜く時はその半分にも満たないとは。

チャンミンは、くぽんと括れの部分までを一気に引き抜くと。ボトルから直接その抜いたものに液体を垂らし始める。

「ごめん、冷たいけど我慢して…?」

確かに掌で温めもしないジェルはひやりとするが、チャンミンの中の熱さにまた取り込まれると思えばその冷たさも苦ではなかった。
たっぷりと隈なく掛けられた後、再びチャンミンは体を起こすと引き抜いた時と同様にゆっくりと体内に取り込んでいく。


「…あ、…すごい、、っ」

くぷくぷと取り込む口の周りは、飲み切れなかったジェルで濡れている。
潤滑剤のお陰もあってか難なく根元まで咥え終えると、チャンミンはその顔に安堵の笑みを浮かべて、そして俺に手を伸ばすのだ。

「…繋いでて」

差し出された指に自分のを絡める。
それをチャンミンは細めた目で見つめながらゆるりと腰を振り出した。







「…っ、……ア、…ッ、っ゛」

初めはチャンミンの好きなように動くのを見ていたのだが。
やはり途中からどうしても動かしたい衝動に抗えずに下から突き上げるように腰を振るとチャンミンはそんな俺を咎めるでもなく、寧ろその動きに合わせるように腰遣いを変えていった。

時折、ごりっと腸壁の最奥に当たったような感触にチャンミンは顔を顰めるものの、それが痛いというわけでは無いと言うように腰を振るのをやめない。

「ん、っ、ん゛っ、…」

チャンミンは目を瞑りながら快感の波を俺の腹の上で追う。
絡んだ指先が食い込み気味にその良さを俺にも伝えた。
繋がった指に力を込めて更に腰を大きく突き上げる。
善がって上げる声にゾクゾクと耳元が痺れた。

チャンミンの腹を引っ付く勢いのそれからはあと少しで限界点が見て取れる。
俺はラストスパートとばかりに腰を小刻みに降り出した瞬間、チャンミンは朦朧としながらも”嫌だ”と訴えたのだ。


「ハァッ、ハァッ、、ハァ…やだ、また僕ばかりっ…」

浅い息で胸を震わせながらチャンミンは必死に俺の体にしがみ付く。

「…どうして、イキたくないって事か…?」

初めてチャンミンから乗って貰っただけで俺は大満足していた。
それにこの体位で下の俺をイカせるのは相当な手練れじゃなきゃ出来ない芸当なのを、もしかしたらチャンミンは知らないのかもしれない。

そんな事がよぎり宥めようとするとチャンミンは息もまだ整わない自分を歯がゆそうに「されてばかりじゃ…飽きられるのも早いって…っ」

泣くまいと堪えてはいるものの、その体は小刻みに震えていつ泣き出してもおかしくはない状態なのだ。



「………誰が」

しがみ付いて離れようとしないチャンミンを無理矢理引き剥がし、二人の顔が向き合うように距離を取る。

「ぅ、」

揺らしたら今にも溢れ落ちそうな程に、その目には沢山の水の膜を張り。
言ってしまった一言をこれ以上漏らさないとでも、強く引き結んだ唇がそれを語る。

「誰がチャンミンにそんな事を聞かせたんだ」

チャンミンは黙秘とばかりに目を逸らしたが、俺はそれを許すまじと耳に噛み付いてもう一度問い詰めた。
暫くすると観念したのかチャンミンは絞り出すように切なげに声を震わせて。

「…っ、ひ、ちょるさん」と名前を挙げたのだった。





奇遇にも俺もその人物しか思い浮かばなかった。
チャンミンは吐き出したと同時に泣くかと思われたが、目の縁に溜めた涙を決してこぼす事はしなかった。

あぁ、やはりこの男は強くて、愛おしいと。
心底惚れ惚れとした瞬間でもあった。












「…たまたまだったんだって、あの人が入って来たのは──」

明日になってからヒョンを問い詰めても良かったが、チャンミンはちゃんと自分の口から事の成り行きを説明し出した。

要はチャンミンとバトミントン同好会のメンバーで飲んでいる居酒屋にふらっと居合わせたのがヒチョリヒョンだったらしい。
しかし同好会の飲み会は既にお開き間近だった為に飲み足りなかったヒョンがキュヒョンを誘い、道連れにチャンミンも二軒目に連れて行かれてしまったのだと。

「真に受けたわけじゃないけど…でもユノの事を良く知る人だし、あながち間違った事は言わないし、って…」

いや。見事にヒョンの助言を真に受けた結果があの女王化だろ、とは言えずにチャンミンの滑らかな肌にキスを落とす。

「ん、っ!人がちゃんと話してるのにっ…」

「仕方がないだろ。こっちは本能に従う生き物なんだから」

チャンミンを正面から抱っこしているような体勢のまま、まだ俺達は繋がりを解いていないのだ。
ゆえにチャンミンの中に突き刺さっているものが話を聞きながらもその大きさを変えてしまったらしい。
それを咎められても俺はそれを本能だと言い切る。


「なぁ、チャンミン」

「…なに」

「他に何を言われた」

「…………」


あのヒョンの事だ。もしかしたら他にも余計なアドバイスをこの愛しい存在に吹き込んでいるとも考えられる。
案の定、さっきからチャンミンは眉毛と口元をハの字に下げているのだ。

「ここで正直に話せばこれ以上俺も意地悪はしない」

チャンミンの中に差し込んだ状態で、俺の手にはチャンミンのものが握られている。
が、握るだけでそれ以上の刺激を与えてやる事はしていない。
俺だってこんな拷問のような体位は辛い、早く終わらせて気持ちの良い事だけをしたいと願う。


「…ユノを翻弄出来なかった場合は、わざと見せつけるように自分で解してやれって」

──あと、ここも自分で抓りながらって。
と、チャンミンは自らの粒をふわりと触れる。
触れたそこはピンッと綺麗に膨らみを見せていた。





「…もしかしてそっちの方が良かったとか、、?」


何故か真正面にいながらも上目遣いのチャンミンに伺われ。
俺は気が確かでいられる保証がない程に理性の糸が音を立てて切れたのだった。






























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

C.O.M.M.E.N.T

恋人繋ぎ❤

ヒチョルめぇェェエエ工(怒`Д´怒)お前か( ✧Д✧) カッ!!チャンミンを泣かせた張本人かつ女王様状態にさせた奴はァァァアアア(╬•᷅д•᷄╬)「繋いでて」って繋がったまま指を絡ませて恋人繋ぎ❤しながら腰を動かすチャンミン可愛い❤ユノはずっーとチャンミンよりずっーと前からチャンミンの事を好きなのに飽きるわけがないよねぇ(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!なになに?チャンミンはバトミントン同好会に入ってたとな?ハイヾ(o´▽`)ノ ハーイ☆あたしも産後の運動不足解消にバトミントンに入って週に2回やってからチャンミンとめっちゃ気が合うわ(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!
なんならあたしとダブルス組む( ✧Д✧) カッ!!「チャンミクミ」ペアで(。-∀-)ニヤリチャンミンの涙の理由にユノも理性の糸が切れたから次はユノの攻めってわけね( ✧Д✧) カッ!!(ΦωΦ)フフフ…楽しみ❤楽しみ❤おっと今日はまだまりおんさん来てないじゃないの!?早く来ないとユノのshow timeの時のbounce!bounce!の腰つきの攻め見れないわよ( ✧Д✧) カッ!!あたしが1人でshowtime全部独り占めするわよ( ✧Д✧) カッ!!

2019/02/22 (Fri) 14:51 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

朝からサムネで「芯がぬらりとテカリ」とか見えちゃったらもう…(〃ω〃)朝からどえらい事になるぢゃない?コメントできる精神状態じゃなかったわ(〃ω〃)もちろん仕事前に読んで行ったけども←
昨日はくみちゃんついに卑猥な名前に改名したのかと思ったわ(≧∇≦)剥き出しの🍌ってwwwすぐにくみちゃんって分かったけどね( ー`дー´)キリッ
ヒチョルが泣かせたのは許せんけど、そのおかげでこんな積極的チャンミンを見れたのであればお手柄と言えなくもないこともない(ー_ー)知らないって罪よね。やることなすことチャンミン、どエロイじゃない?(〃ω〃)いいぞ、もっとやれー(〃ω〃)

2019/02/22 (Fri) 18:59 | まりおん #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

恋人繋ぎ(*≧艸≦)よくリアルでもお二人がやるアレですわよ!
さっき長いコメ返作ったのにコピペしたのが貼れなかったの…もう心が折れたよわたしゃค(TㅅT)ค
一人Showtimeに座布団一枚上げたし、私もその腰付きに鼻血流しながら見たいです!って熱く語ったんだけど…貼れなかった。゚(p'д`q*)゚。何故よ〜〜!
まさか卑猥コメントで弾かれたか!?いや、くみちゃんなんて剥き出しのままバナナでも通ったのにねヾ(≧з≦)ゞブッ
まりおんさんもちゃんと気付いてたって笑笑!
改名しちゃいなよYou!!
さぁて明日はユノの攻め回よ( ✧Д✧) カッ!!よぉく目を見開いて読んでねチャンクミ!!

2019/02/22 (Fri) 22:48 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

まりおん様

まりおんさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

あらっ笑笑。朝からチラッと見えました(*^m^)o==3プッ。ユノの濡れ○ンが!んまぁ〜お恥ずかしい((´^ω^))ゥ,、ゥ,、
そうなのそうなの、まりおんさん!昨日はくみちゃんが遂に変態丸出しで名前を変えて来たかと吹き出しましたわ(T▽T)アハハ!
よりによってそのタイトルの日に、名前の欄と間違うのね〜流石持ってる人は違うわ(*゚∀゚*)♡
あ、明日はいよいよユノが出番です♪
その為の女王ですからね(〃艸〃)ムフッ心ゆくまでご堪能下さい♪♪

2019/02/22 (Fri) 22:53 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント