2019_02
21
(Thu)00:00

Road Bonus track -火照る-

チャンミンにゴムを付けて貰おうと手渡すと、それはすげなく断られてしまう。
仕方無しに自分で付けようとすればそれ毎奪い取られてしまったのだ。

「今日は…このままがいいから」

すりっ、と。剥き出しのままのそれを愛しげに撫でられれば俺はもうそれ以上押す事は出来なかった。



「重いかもしれないけど、掴んでて」

言われた通りにその細い腰に手を添える。
すると、少し体重を預けたチャンミンが俺のを挿れやすいように体勢を変え出した。

「………」
チャンミンは気付いてないのかもしれないが、さっきからかなり衝撃的な画が俺の視界に入り込んでいる。

「あ、ユノッ、、力むなってば」

「あぁ…悪い」

そう言われてもだ。映り込む画がもしかしたらこれっきりという可能性を考えたら視線を逸らす事は悔やまれる。

「ん、なんか…っ、いつもより硬くない、、わざと?」

「………いや」

どうしたって血が勝手に下半身に集まってしまうのだから、もうこれは俺の制御の範疇外だと思う事にした。
チャンミンはそんな硬くてビチビチにいきり立ったものに苦戦を強いられ、色んな角度からその痴態を披露してくれる。

セックスの際、男同士では挿入以前の準備が手間が掛かる為に、チャンミンの恥ずかしい部分は毎回のように見ている俺でさえ。
チャンミン自らの手で、そこを広げて、挿れようとしている図はとてつもない興奮を呼ぶものであった。


「ゆの、、ほんと…きつ、い」

まだ頭の一番張り出している部分しか、チャンミンの後ろの口は受け入れてくれていないようで。その苦悶の表情からも相当手こずっていると見えた。

「チャンミン、そんなに無理しなくてもいいから」
と、言ってみるもののもう少しだけこの画を見ていたい気持ちにも揺れる。
だが、チャンミンは頑なに首を振り、その行為を続行した。


「ッ、、ア…ッ」

ようやく括れまでを飲み込む事が出来たチャンミンは思わずといった様子で息を漏らす。
正直、よくこんなに硬いのが入ったなとこの俺でも感動を覚えていた。それだけ今の状態のが一番凄いという事で。
それを徐々に体内に取り込んでいくチャンミンへの負担も相当らしかった。

「っ゛、…ふ、ぅ…、」

緩急をつけるように、後ろ手についた体を上下、もしくは脚を開いたり斜めにしたりと。
とにかく少しでも痛みが無く挿れていく為に無我夢中で腰を振る。

「…あつ、い、、」

にちにちと咥え込む様子から目が離せずにいたら不意にそんな風にチャンミンが呟き、その顔に視線を移すと逆上せたように真っ赤になっていた。

「…暑いか?」
玉のような汗が額を埋め尽くしている。
三月とは言え、まだ夜は肌寒い。
けれどチャンミンのあの汗を見れば冷やしてやった方がいいのかと思いエアコンのリモコンを手探りで引き寄せる。

「…ちがう」

するとチャンミンは自分の体と俺を繋いでいる根元部分に触れると、「ここが凄く熱い…」と呟くのだ。

「!、、ユノっ」

自分の意思で大きくしたわけでは無いが、チャンミンの中のものが更に質量が増してしまったらしい。

「も、…溶けるって、、」

体、なのか。それともその受け入れている口なのか。
フゥフゥ言いながら顔を火照らせているチャンミンを掻き抱きたいと強く思った。











「やっと入ったぁぁ、、」

その後、時間を掛けてゆっくりと体の中に俺を取り込んだチャンミンは最後にはぺたりと尻を付けるなり、肩で大きな息を吐いていた。

「ご苦労さん」

「うん、ユノも」

目が合うとくしゃりとチャンミンが笑って見せる。
俺の中では胸がきゅうっと絞られるようなそんな切ない想いが込み上げていた。

「…チャンミン、辛く無いか?」

辛ければもうここで交代をしてもいいと、そんな想いが強く湧いていた。
だがチャンミンは目をまん丸にしたかと思ったらすぐにくしゃっと崩し。

「ううん。辛いのは寧ろユノの方だろ?」と言うのだ。

「萎えずに最後まで僕のペースに付き合ってくれてありがとう、…」

言いながら柔らかな唇が降り注がれる。
啄んで軽く食むと、”もっと”と舌が押し込まれる。


「………っ、…ッ…、こら、ユノッ、、やめっ」

堪え切れずに動かした腰をぺちりとすかさずチャンミンが叩くのだ。

「仕方ないだろ?この状態でいるのが一番辛いんだ」

尚もチャンミンを下から揺するとぷぅっと膨らました頬で「分かってるって!」と待てを喰らう。


「…辛いのはユノだけじゃないし」

いつか耳にした事のある台詞を吐くと、浮かした尻の間から引き抜かれるものを。
ゆっくりとチャンミンは見せつけ始める。

「ふ、…っ、、」

時折、淡い吐息を漏らしつつぬるめく俺のものをチャンミンは体内から吐き出していった。


その卑猥極まりない絵面に、俺は息をするのも忘れて見入った。













(@arwen02060218さま)お借りしてます。










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

C.O.M.M.E.N.T

チャ、チャンミンが…!オトコのロマン「このままでいいから…」なんて言ってる!!!!私の中のオトコが目覚めるわ!押し倒すわ!違った!「このままで」じゃなくて「このままが」だった!( ̄ii ̄*)もっと破壊力あるワード( ̄ii ̄*)そりやビッグマグナムも最高潮に硬くなるし、熱くなるさ( ̄ii ̄*)萎える訳ない( ̄ii ̄*)
あ、あゆせんせー!昨日猛ダッシュで保健室行ったのに、締め出されました。そんじょそこらの女子より可憐なチャンミン先生は入れてもらってたのに…。なんで私だけ追い出されたんだろー?でも今日こそはチョン・ユンホ先生のビッグマグナムの現物を拝んで測って来たいと思います!(`・ω・´)ゞ

2019/02/21 (Thu) 07:26 | まりおん #- | URL | 編集 | 返信

まりおんくん、保健室に入れなかったのね!あー、チャンミンが許可しなかったのね。残念だー。ゴメンね、まりおんくん。でも今日はチャンミンがすごく頑張ってリードしようとして自分でなんとか挿入を試みました。この頑張りに免じてチャンミンを許してあげてね(。>д<)
でもその頑張っているチャンミンがめちゃくちゃかわいくて、ひなも「押し倒したい!!」「責めまくりたい!!」と男心が発動。チャンミンを前にするとひなも男になるようです。だからまりおんくんの気持ちがすっごくヨクワカル。堪らないですよね~(#^.^#)

2019/02/21 (Thu) 08:45 | ひな #- | URL | 編集 | 返信

まりおん様

まりおんさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

男のロマン〜〜ヾ(≧з≦)ゞブッ
生で!そうなのそうなの(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)♡
いやぁ、女の人から勃つものが無いのに勃ちそうって言われるのが私のエロ回の目標なんです(๑°ㅁ°๑)‼✧
だから押し倒したいだなんて〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+最高の賞賛だわ♡

はいはい、まりおんくん。君ね、結構元気じゃないの?そんな感じだったら保健室には行けないぞ?
保健室に出入り出来るのは…ほら見なさい、シム・チャンミン先生のように熱っぽい目でしなやかな身体をもじもじさせていたらチョン・ユンホ先生だって居ても立っても居られないだろう!?
しかしねぇ、毎回のようにシム・チャンミンが出入りした後にシーツ交換が必要なのが保健室の謎なんだよ。
よしっ、その謎も一緒に検証してきてくれたまえまりおんくん!!( ✧Д✧) カッ!!

2019/02/21 (Thu) 16:13 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ひな様

ひなちゃんもこらこら、まりおんくん同様に何を言い出すのかと思いきや…全く、うちのクラスの生徒は普通科目よりも保健体育に興味津々で困ったもんだ(*゚Д゚*) !
機会があればチョン・ユンホ先生にお願いをしてじっくりとご指導頂きたいものなんだがねぇ…どういうわけか、シム・チャンミン先生が断固阻止の姿勢でこちらも困ってるんだよ、はははは!
しかしチョン・ユンホ先生は大学の後輩のシム・チャンミン先生を追う形で赴任されたの聞いてはいるが、よほど親しい関係にあったんだろうねぇ。
いやぁ清き事だねぇ〜〜ひなちゃん!

2019/02/21 (Thu) 16:20 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

せんせーまりおんさんが暴走してます( ー`дー´)キリッ!ユノ先生は押し倒せません( ー`дー´)キリッ!あーーあ空の彼方に飛ばされちゃった‥‥まりおんさんアーメン( ˇ人ˇ)アーメン!しかもあたしはユノ先生より数学のシム先生が良いのよ( ✧Д✧) カッ!!何で寄りによってあたしの大嫌いな数学なんだよ…お父さん国語教師だろうよ‥えっ?なに?Σ(゚ロ゚;)ナニ!!2人が保健室に入ったらシーツぐちゃぐちゃとな( ✧Д✧) カッ!!ハイハーイ!!シーツ交換あたしの毎日の仕事(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!毎日してるからめっちゃ早いし上手いのよ( ✧Д✧) カッ!!専属にして(*´³`*) ㄘゅ💕濃いカルピスつき最高ヤッホー\(☆∀☆)/ってお話の感想はどこ行ったwwwチャンミンは今日は剥き出しのままのユン砲がお好みで自分からのみこんでしまいましたとさ(ↀДↀ)✧
ユノは絶景パラダイス状態だねぇ〜(´ー`*)ウンウン❤あっあたしの写真集今日だと思ってたら明日だった‥‥‥ずっと昨日から楽しみに光の速さで帰ってきたのに‥(´;ω;`)ウッ…宅急便キタ━(゚∀゚)━!と思ったら化粧品だし‥( ;∀;)娘にあの車の音は宅急便屋さんじゃない?と言われ
おりゃーと廊下を走り玄関開けたらクレーン車だし‥‥(・д・)チッ

2019/02/21 (Thu) 16:53 | 剥き出しのまま🍌 #- | URL | 編集 | 返信

あゆさんやらかした!!!( ゚д゚)ハッ!!!!

あゆさん久しぶりにやらかした!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
名前の所に題名入れちゃった‥‥
剥き出しの🍌はあたしです。←なんやそれwww

2019/02/21 (Thu) 21:01 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

剥き出しのくみちゃん

くみちゃん!大丈夫、すぐに分かってたから( ✧Д✧) カッ!!
剥き出しのままバナナなんてタイトルの名前を入れ間違えるなんて一人しかいないもの( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!( ✧Д✧) カッ!!
って、思ったけどめっちゃ爆笑してました(T▽T)アハハ!
だって剥き出しのバナナなんて名前の人にしてたら最高でしょ〜笑笑!
どんだけ変態丸出しやねん!って突っ込まれるよ歌謡LINEから(*≧艸≦)!!
しかも全然感想になってないしヾ(≧з≦)ゞブッ
数学は私も苦手よぉ〜(๑¯ω¯๑)そう言えばチャンミンのパパさんは国語だったわね笑。
すっかり忘れておりました。。。
シーツ交換はお手の物かいヾ(≧з≦)ゞブッ
ひー、お腹痛い〜。そこに食らいつくとは、、、、
最後は宅配の音に翻弄されてるしって、ほんと感想ないじゃないの( ✧Д✧) カッ!!

2019/02/21 (Thu) 21:43 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/23 (Sat) 23:28 | # | | 編集 | 返信

鈴***様

鈴***さん〜〜〜!その絵文字(*´д`*)ハァハァ♡
私もどこかのコメントで非公開で送ったろ笑。
ですね、脳内録画はいつか色褪せるけれどHDで落としたブルーレイなら…って、スマホじゃ無いんかいヾ(~∇~;) コレコレ
隠しホームビデオカメラはバッチリ設置済みです( ー`дー´)キリッ

2019/02/25 (Mon) 10:19 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント