2019_02
20
(Wed)00:00

Road Bonus track -睦み合う-

その体から色香を立ち昇らせながらするりと俺の首に腕を回す。

「…チャンミン、」

舌舐めずりをして俺を煽ったかと思えばゆったりと首を傾げて天使の笑みを浮かべて見せる。

「…ユノ。キスしよう…?」

女王から清らかな天使まで。
その振り幅をいつの間に身に付けたのかと胸がざわつく。
それなのに俺は、恥じらう素振りで突き出された唇に吸い寄せられる本能には到底抗えない。


「ん、…っ、、」

食んだ唇の甘さにとろりと蕩け。
もうもうと立ち込める湯気の中、雄の匂いを撒き散らす女王蜂に嬉々とこの身を擦り寄せる。

「ふ、…ん、、っ…、ッ…」

近頃、随分と舌遣いが上手くなったと思う。
あの初めての時が懐かしさを呼ぶ程に、チャンミンはひとつひとつの快楽を覚え込むのが早いようなのだ。

触れるだけのキスに物足りなさを訴え出したのも確か早かったように覚えがある。
俺のキスが上手いからだと言って持ち上げる事が多いが、今は寧ろチャンミンの方が積極的だった。


「ん、」
思わず鼻から息が漏れ出る。

何がそんなに気に入ったのか知らないが、チャンミンは俺が矯正の歯で隠している内側の八重歯を執拗に舐めたがるのだ。
その擽ったさに毎回戸惑ってしまうのに、そんな事はお構い無しにそこばかりを攻められる。

「ぁ…っ…」

絡めて貰えずに不貞腐れた舌でお返しとばかりに上顎の裏を擽り返してようやく歯から舌が離れてゆく。

「このままだと二人して風邪を引くよな…?」

名残惜しげにとろりとした視線を宥めるように触れるだけのキスを落とし、シャワーノズルの向きを変えてチャンミンの体に掛けてやる。

排水口に向かって流れる込む液体を横目で眺めながらこう思う、次はこの俺の番だろう、と。







が、またしてもチャンミンが意表を突いて、俺の硬くなったものを緩々と扱き出してはそれを口に咥え込んでしまうのだ。

「な、っ、、チャンミン…っ、!?」

俺がする事はあってもチャンミンからはまだされた事の無い口淫に対して、正直困惑の方が強かった。

「ユノみたいに…出来ないかもしれないけど、、僕も良くしてあげたいんだ…」

唇を丸みに沿わせてそんな風に潤まれたら駄目とも言えない。
本当ならあのまま浴室で貫きたかったのをぐっと堪えてようやくこのベッドまで辿り着いたと言うのに。
申し出は嬉しいが本音を言えば早くチャンミンの中にこれを捻じ込みたい。

「あぁ…分かった、けど…」
ジッと座ってされるだけは今の状態の俺には非常に辛い。
すかさず股に蹲るチャンミンを起こすと、その背後に回り込む。

「え、ユノ…?」

振り向こうとした所を腕で制して、素早くその体を四つん這いにさせた。

「わっ、え…!?舐めたいって言ったのに、、」

後ろから突かれるとでも勘違いをして抵抗をしている間にも、俺はちゃんとチャンミンの希望通りにその口元に望みのものを充てがってやる。

「ユノッ、、!!」

「俺も口寂しいんだ。いいだろ」

言って縁を舐め取ると、 鼻先を石鹸の香りが掠めていく。
僅かに舌先を穴の中に忍ばせてみるとチャンミンは短く、しかし悩ましげに喘ぐ。

「お口が留守だなぁ?」

手を伸ばした先に目当てのボトルを見つけて掌にとろりと液を垂らす。
塗り込める為に掌を擦り合わせる音に、チャンミンの後ろの口は期待していると言うのに。
一向に前の口が俺のを咥えようとしていないのだ。


「…っ、」
だが、温まったジェルを指に塗り付けて穴に滑り込ませようとしたタイミングで生暖かいものの中に先に取り込まれてしまう。
顔が見えない分、脳裏に浮かぶのはあの大きな口に目一杯含んで頬を膨らませる姿。

そんな初めてのチャンミンの施しを見たかったなと、今更ながらに後悔の念まで襲い掛かる。
それを払拭すべく為にも目の前の穴へと指を突っ込んだ。

幾分かお湯でふやけたそこは割と難なく指をずぶずぶと飲み込んでいく。
決して清潔な器官ではないそれでさえ、チャンミンの一部であり、俺を受け入れてくれる大事な場所だと思えば指使いは自然と丁寧になるものだ。
実際、チャンミンのそこは淡い蕾のように桜色で綺麗なのだから。
表面に薄っすらと生えている毛でさえ、その蕾を守るべくしてあるのもだと思えば愛おしい。


「ん゛ぅ、、、」

ある部分だけに他とは違う反応を示すチャンミン。
いつもは仰向けの状態でここを解しているのだから、態勢が変われば何処がいい所だったのか、俺ですら失念をしていた。

「ここが…いい所か」

中指の腹でぐっと強めに押すと咥えたままでチャンミンは啼く。
角度が違うと受ける方の刺激も変わるのか、やたらと腰が跳ねる。

「ゆの、…もう…」

口からとうとう離してしまったチャンミンは、ぐりっと押された瞬間に「ひぅ!」と喉を鳴らした。

俺よりもチャンミンの方がどうやら限界点に達したと見える。
ぷるぷると小刻みに内腿を震わせて涙目の顔をこちらに向けて早く欲しいと訴えるのだ。






「乗って」

後ろからそのまま突いて貰えると淡い期待を裏切られた感を出すチャンミンに構わずに俺はその手を引く。


もし、この時に嫌だと言われれば素直に従うつもりだったのだ。
俺は。






「…分かったから、、支えてて…」

まさかこんな要望まで叶うとは。
自分からした要求が通ったと言うのにチャンミンのその素直さに怖さを感じた。


何が一体あったんだ、チャンミンの中で・・・──?








fc2blog_20190219151533e10.jpg













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

せんせー!何かを吹っ切ったチャンミン君がとてもエロいでーす!(〃ω〃)ユノ君がエロいのはデフォルトですが、色気がハンパないでーす(〃ω〃)朝からイケナイ気持ちになりますwww
次はのっかるチャンミン君が見られるんですね?!攻めていきますか?!それとも攻めるつもりが逆に返り討ちにあいますか?!(*´Д`)ハァハァあー、楽しみ(*´艸`*)うふふふふふふ
昨日頭が痛くて寝てしまった…いつもmamさん、くみちゃんに続いてコメ残すのが楽しみだったのに(´Д⊂ヽ気圧の変化に弱いお年頃…。

2019/02/20 (Wed) 07:07 | まりおん #- | URL | 編集 | 返信

蕾を守る毛を守り隊

せんせーまりおんさんが興奮してまーす( ー`дー´)キリッ!頭痛いって言いながら興奮してまーす( ー`дー´)キリッ!コメは遅かったけど1拍手はあたしよ( ✧Д✧) カッ!!昨日お話読むだけ読んで寝ちゃった(笑)bonustrackの回になってあゆさんが水を得た魚みたいにスイスイ泳いでるwwwあんな純情瓶底メガネのチャンミンが快楽に溺れてますから( ✧Д✧) カッ!!Kissまで上手くなっちゃって!!ユノはそのまま押し込みたい気持ちをグッと我慢したのにチャンミンからのパックンチョ攻撃(ↀДↀ)✧(ΦωΦ+)ホホゥ....チャンミンの蕾は淡いピンク色でうっすらと毛が守ってるとな…ひなさん!!ここにもひなさんの好きな毛があったわよ( ✧Д✧) カッ!!チャランドゥを守る会の会員としてはここは黙っちゃいられないわ( ✧Д✧) カッ!!ちょっとリアルホミンさんがめっきり雲隠れしてるからライブ終わって明日婚ロスが半端ない‥‥‥(´;ω;`)ウッ…早く顔みたいよね(*꒦ິㅂ꒦ີ)

2019/02/20 (Wed) 15:27 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

まりおん様

まりおんくん!頭痛は大丈夫かいΣ(*゚Д゚ノ)ノ!?
そうなんですよね、気圧の変化で私も不正脈が頻発したりしますil||li(ФДФ;) il||li
知人は専ら頭痛と神経痛が気圧の変化と共に訪れると嘆いてますわ〜。
今日は昨日より頭痛はスッキリしましたヾ(*゚ェ゚*)ノ??

朝から変な気を起こしているまりおんさんを覗き見したーいヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ☆
ユノがエロいのデフォルト!!(≧ω≦。)プププ
あっはーん♡その通り〜!!
チャンミンが何故にエロくなってしまったのか〜〜・・・・
ま、その訳が分かるのはもう少し後かな(〃艸〃)ムフッ
返り討ち笑。あり得そうですわね♪

2019/02/20 (Wed) 15:35 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

あぁ、、くみちゃんそうなんだよ。まりおんくんが頭が痛いのに興奮状態で大変らしい!さぁ早く保健室に連れて行ってあげなさいっ(°0°)‼ちなみに養護教諭(保健室の先生)は今日から新しく赴任されたチョン・ユンホ先生だよ。彼は少しパーソナルスペースが人よりも狭いのが難点なんだが……ま、大丈夫だろう( ー`дー´)キリッさぁ、早く行きなさい二人共!!
保健室にユノ…保健体育を体を張ってどうか宜しくお願いします(☼ Д ☼) クワッッ!!!

えっ?誰が水を得た魚だって!?
エロ回に突入した途端に生き生きして別人になっただ!?そいつはどこのどいつだ!
《私だよ( ✧Д✧) カッ!!》
だって、純粋に楽しいんだもん笑。
ピンクの蕾はほら、瓶底眼鏡チャンミン的に清らかだと思うんですよ。
でもチャランドゥがボウボウだから、恐らくお尻のお毛毛も・・・(〃ω〃)あぁ、生で見てみたいっっ!ひなさん、そこも保存会立ち上げ必要ですか!?
リアルホミン不足…ค(TㅅT)คお休みしていて嬉しいけど、たまにはオフのツーショットも欲しいよね…

2019/02/20 (Wed) 17:48 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

はっ!もしや、昨日から頭がいたいのは興奮のしすぎ?!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
待って?!今日から養護教諭にチョン・ユンホ先生ですって?!ダッシュで保健室行ってきます!!保健体育教えてもらわなきゃー(〃ω〃)どうやったら子どもができるのかなー?(〃ω〃)いやーん、まりおんそんなの聞けなーい(〃ω〃)でも実践で教えてもらいたーい(〃ω〃)

2019/02/20 (Wed) 18:44 | まりおん #- | URL | 編集 | 返信

まりおん様

ま、まりおんくん〜!?
あぁまたしても話を聞かずに・・( ̄Д ̄)ノ
頭が痛いとか言いながら猛ダッシュで行ってしまった(´⊙ω⊙`)
そう言えば実践で子作りを教えて欲しいとか言っていたが…確かチョン・ユンホ先生のビッグマグナムはちょっとやそっとでは勃ち上がらないと聞いているんだけどなぁ…しかし何故にそんなプライベートな事を数学教師のシム・チャンミン先生がご存知だったんだろう( ゚д゚)?あの先生もやたらとツンが酷くて、時折見せるデレの脅威が問題視されてはいるんだよなぁ。

2019/02/20 (Wed) 20:56 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

大変!!

コメ欄が大変なことになっております(///ω///)
まりおんくん、興奮しすぎて走って怪我しないようにしてね。あ、でもその方が堂々と保健室に行くことができるって!?身体を張りすぎた行動力に拍手喝采☆ユンホ先生!!まりおんくんをよろしくお願いしますm(._.)m
そしてくみちゃん!!ええっ、ここにもお毛々が、、、。あー拝みたい、拝みたい。そしてここはあのお方もお呼びしたい。ひな以上に毛を愛するき〇〇変態長を!!

2019/02/21 (Thu) 08:24 | ひな #- | URL | 編集 | 返信

ひな様

ひなさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

ひなさん、興奮し過ぎ!!(//∇//)
お尻にもお毛毛がボウボウだとしたら、そこのお毛毛の名称はなんて言うんですか!?
ギャランドゥ→チャランドゥ。
尻毛→チャミチリ毛?え?それは前の方の名称なの??
教えてください〜〜〜!
やっぱりそこは変態長に聞かねばでしょうか!?

2019/02/21 (Thu) 16:24 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント