2019_02
08
(Fri)00:00

Road -眼鏡-

なぁ、あれってチャンミンじゃねぇの?と、ダチの一人が指差す方向を見ると確かにあの後ろ姿はチャンミンに間違いなかった。
俺も顔を知る三人組の奴等に囲まれてどこかに連れて行かれてるように見える。

でもそれはおかしい。
チャンミンは学校に俺達以外に親しくしている奴はいない筈なのに。


「あいつら、あれだよな。ユノの親衛隊だろ?ちょっとヤバいかもな」

また別のダチが突如そんな事を口にするもんだから、俺は咄嗟にその場を飛び出していた。

チャンミンが、不本意ながら俺の親衛隊と呼ばれる三人組に付いてどこまで行ったかは定かでは無かったけど。
チャンミンの電話番号を呼び出して数回コールするうちに居場所を突き止める事が出来た。

でも、チャンミンはその呼び出しに応答出来ない状況のようでコール音だけがとある教室の中から鳴り響く。
焦った俺はチャンミンを助けてやろうと手を引き戸に掛けた所で、中から突然聞こえた甲高い声に動きを止めてしまう。

「だから!!ユノ君に!!お前みたいなダッサイ奴が釣り合うわけないんだよっ!身の程を知れってば!」

うちの学校は男子生徒が8割のガチガチの進学校。だからこれは男のヒスなわけで。
それが自分を慕う奴らだと思うと情けなくて握った拳が勝手に震える。

チャンミンをどんな理由があれ、こんな風に罵倒して許されると思うな。まるで弱い者いじめと同じだろ?

深く呼吸をして、戸に掛けていた手に力を込めた時。聞いた事も無いような低い声が俺の耳に届いた。

「悪いけど…釣り合うかどうかは君達が決める事じゃないだろ」

はたと、これがチャンミンの声だと気付くのに数分時間を要した。
それ程にその声色は戸を隔てたこちら側までに伝わるくらい、怒りを孕んでいるものだった。

恐らく、三人組も虚を突かれたのだろう。
続けて聞こえた声もチャンミンのだった。

「見た目だけなら僕はユノ君に劣る所ばかりかもしれない。でもだからってそれが僕等の友情の妨げになってるとは思えないんだ。それに君達が思う以上に僕とユノ君は合うんだよ?悔しいなら君達も彼ともっと仲良くなったらいいのに。…彼は懐の深いとても優しい人だって分かってるんでしょ?」


最後は諭すように。それでいて自分の意志を持って俺と友達でいる事を誇りに感じているような、そんなチャンミンの言葉にその場の三人組同様に。
戸のそばで立ち尽くす俺も色んな想いを飲み込んだ。

そして、そのまま戸を開けるのをやめた。

そうだったな、とあれ程慌てて駆け出した廊下をゆっくりと引き返しながらふと思う。
チャンミンは俺が考えているよりもちゃんと自分というものを持っていたんだった。
誰かに助けて貰わなければ生きて行けないような弱さなんて無かったんだ、と…


チャンミンの発言を頭の中で反芻する度に武者震いに近いような興奮した震えが俺を襲う。

これが所謂、男が男に惚れるってやつか?



「参ったな…」

頭を掻いても、ニヤける顔は締めようが無かった。
















俺は帰宅するなりチャンミンを捕まえて風呂に誘った。
色々考えた末にこの高揚した気持ちをチャンミンと分かち合うには、裸の付き合いしかないと思ったんだ。

チャンミンは驚いていたけど、母親からいいわね~兄弟みたいで、と言われた事に背中を押されたらしく。
素直に俺の提案に付き合ってくれた。



「痒い所はありませんか~?」

「えっと、じゃあ耳の後ろお願いします。あ、そこ、、気持ち良いです」

なんとかごっこじゃないけど、美容師か理容師になりきってる俺にチャンミンは面白がって乗ってくれる。

聞けば普段はシャンプーしかしないと言うチャンミンに、コンディショナーをプラスしてやると、ベタベタして気持ち悪いとぶうたれた。

「チャンミンはもっと手を掛けたら光るって絶対。眼鏡だって外せばこんなに印象が違うんだし」

厚いレンズの奥に大きくて綺麗な目がなりを潜めているのを、俺は勿論同じ家に居るから知っている。
だけど当の本人は眼鏡が無いと殆どボヤけて見えないから手離せないんだとぼやく。


「どのくらいまでなら見えるんだよ?」

「ん、ん…と…」

途端にチャンミンの顔が険しくなる。
元が良いからただのイケメンにしか見えない。
その顔がずいっと近付いたかと思ったら唇がすれすれの状況で「この辺かな」とチャンミンが呟く。


「あ、…そう」

トン、と。あと少しでも近付けば俺とチャンミンの唇は触れ合うだろうに。

「でもボヤけててもユノ君はかっこいいね」

パッとまた元の位置に戻ったチャンミンはニカッと、綺麗に揃った歯列を見せて笑う。

「あ、ったり前だろ、、!」

強気な発言とは裏腹に心臓がバクバクと煩い。

「あはは!少しは謙遜して下さい~」

揶揄った仕返しに脇腹を擽ると、裏返った変な声で笑い出す。
それがおかしくてしつこく攻め立てたら、俺の指先がチャンミンの腰の際どい部分を掠めたらしく。

息を詰めるような短い吐息を、火照った表情のままで吐かれて俺は自爆した。



長い首、つるんと滑り落ちて行きそうな撫で肩。
そして、細い腰…白い、内腿…

チャンミンがボヤけてよく見えないのをいい事に、俺はじっくりとその裸を隈なく脳裏に焼き付けた。

男が男に惚れる、それは友情の範囲内であると自分に言い聞かせながら。










拍手コメントへの返信をしました。お時間あったら覗いてみて下さいね(*˘︶˘*).。.:*♡
拍手コメント、公開コメント嬉しいです、有難う御座います。
書いて良かったと思えました。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

自爆(笑」
イイ男ひとりじめ。← どっちも。
ユノのデレ具合にこちらがデレる。

2019/02/08 (Fri) 03:44 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

No title

お帰りなさいませ
毎日の更新ありがとうございます
戻ってきて下さってほんと凄く嬉しいです(*´∀`*)
しつこいかなあと我慢してたんですが、今度は遅くてすみません
6日にブログ村の新着からで気づいてとんできましたが、
読んで満足してコメント途中で幸せに寝落ちてましたw
読み切りとあったので、続きを読みたいけど明日は別のお話かなと思ってたら続きで嬉しかったです

囲まれても堂々としたチャンミンカッコいいです
お風呂のユノ、ガン見しすぎですね
はしゃぐ二人をこっそり見てたいです←


2019/02/08 (Fri) 05:28 | みゅう #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

mamさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

自爆ですわ。
勝手に仕掛けておいてね( ̄m ̄〃)
ユノヒョンのライブのMCでデレて見せるチャミ褒めを妄想しました〜

2019/02/08 (Fri) 12:37 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

みゅう様

みゅうさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

みゅうさん・・(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡休んでいる間にコメントを寄せて頂いてとても嬉しかったんですよ。
本来なら止まっている更新を再開すべきなんですけど、まだあちらは書き溜めてなくてすみません(+_+)
でもみゅうさんにこの短編を読んで頂けて幸せです!!
いつも温かいみゅうさんのコメントに背中を押して貰えてます。
今年は止まっている更新を再開するつもりですのでまた覗いてやって下さいね♪
私もお風呂場でごっこ遊びしてる二人を湯けむりの中からジッと見ていたいです笑笑。

2019/02/08 (Fri) 12:42 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

美容室からこんにちは〜❤
ってもうお風呂に一緒に入ってるし( ゚∀ ゚)ハッ!
今回展開早くない?(*゚Д゚)オォォ...チャンミンの目が見えないのをいい事にユノ裸をガン見(⚭-⚭ )し過ぎwwwあたしも仲間に入れて( ✧Д✧) カッ!!滑り台みたいな撫で肩やら薄っぺらなお尻やら見たい( ✧Д✧) カッ!!
って昨日のホドンさんの番組のリアルユノなにあれ?(((*♥д♥*)))カッカワイスギルッ💕もうピンクのターバンやら
恥ずかしすぎて照れながら指咥えるとかもう朝からみてチャミペンだけどぶっ飛んだ(≧ω≦。)プププあゆさんに直ぐ見せよう( ✧Д✧) カッ!!って思ったんだよね(≧ω≦。)プププ絶対食いつくと思ったwwwユノもチャンミンも違う番組に出てもお互いの話しばっかりしてもうホミンペンとしては泣きそうに嬉しいよね❤

2019/02/08 (Fri) 14:12 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

展開早いかしらーんヾ(*゚ェ゚*)ノ?
18日までだと十三話しか更新出来ないからなるべく早く展開をしてるのかも!!
でもえちはなかなか来ないからね〜笑。そこは心してくだされ( ̄∇ ̄)v ドヤッ!
ぐふ。早速喰いつきましたわよ!ほんとユノって色んな顔があり過ぎて沼に落ちても落ちても浮上出来ないわ♡
情報有難うね、くみちゃん!

2019/02/08 (Fri) 16:19 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ピンクのターバンユノにまた心臓撃ち抜かれたユノペンです。なんであんなに可愛いのか。そしてイカ墨塗られてもイケメンってどーゆーこと?

こちらのユノは青い春ですねー(*´艸`*)チャンミンが目が悪いのをいいことにあんなところやこんなところまでガン見?いいね、おばちゃんも混ぜて(//∇//)
友情の範囲内ではないといつ気づくかなー?

2019/02/08 (Fri) 20:45 | まりおん #- | URL | 編集 | 返信

まりおん様

まりおんさんこんにちは(*˘︶˘*).。.:*♡コメント有難う御座います。

はいいいぃっ///!!ピンクターバンだけでもカッコ可愛くてきゅん死寸前なのに、イカ墨塗られても目だけで堕とされましたよね(//∇//)ゆのぉ、、、らぶ♡って呟いちゃった笑。しかもイカ墨の匂いにも好感触を示すとは、どこまで行ってもポジティブなユノにまたまた萌え萌え♡♡まりおんさんもどユノペンですよね(*´罒`*)ニヒヒ♡

おほほ。本編のユノは青い春を真っしぐらでぇす(〃艸〃)ムフッ
あんな所やこんな所を隈なく見ちゃうんですよ宅のユノ。結構むっつりですが、大丈夫でしょうか(艸д゚*)??

2019/02/08 (Fri) 21:23 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント