--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018_06
22
(Fri)20:00

My Fair Lady #76








ユノは近頃、キスをしながら服の上から僕の乳首を弄る事に嵌っているようで。
器用なユノならではの遊びの一環だと、最初の頃は擽ったさに体をモゾモゾとさせて耐えていたんだけど…

それが回数を重ねていくにつれ、少し弄られただけで柔らかかった粒がぷっくりと立ち上がってしまうような体になり。

「もう硬くしているな」

わざわざ口に出して状況を告げて来るユノの意地悪さにもゾクッと期待に震えるようにまでなってしまっていたのだった。



「……ユノ、、」

僅かな刺激しか与えられていないのに、もう既に股間に集まる血が速い。

不意に手を引かれてソファに押し倒されると、すかさずユノの手が僕の服を胸までたくし上げていく。

ひやっと素肌に触れる空気に鳥肌が立つけれど、そんなのを気にする暇なく熱い舌が僕の乳首の縁をなぞっていくのだろうと、これからユノに与えられる愛撫を想像してぶるりと震えた。

「期待してるのか」

ふ、っと。僕を見下ろしてゾクリとする笑みをユノが浮かべる。
その口からは誘うようにあの赤い舌が覗いていた。

「ユノ、キスして・・」

一言告げると口の中で蠢く舌が僕の唇のうわべを掠め取る。

「焦らさないで、、、」

まだ体を遠くに離しているユノの腕を掴んで言うとぎしりと歯を噛み締めるように「末恐ろしいな、どこまで化けるつもりなんだ…」とうわ言みたいに吐き出すなり、覆い被さってくるんだ。

「ん、ふ、、…っ…」

唇を食む間に両手を使って僕の乳首をユノはコリコリと抓る。
ビクン、と竦む体を押さえ付けるように強引に食むキスが更に熱を呼び。
胸への刺激と、唇を食む力の緩急に股の間は触れてもいないのに腫れ上がっていく。


ユノの蕩けるキスに、乳首の先端を捏ねくる指。
ジンジンと股間が痛いと感じていたところで、ユノが体をぴったりと合わせて盛り上がっている部分に自分の硬くなっている性器を押し付けてくるのだ。

「んッ///!」

唇と、胸と、股間と、三点攻めでギューッと性器の熱が昂ぶる。

早く、早く、、、舐めて…っと、心の中で強く懇願をした。

そして僕の唇から離れたユノが次に向かう先は、、、

期待にドクドクと胸が高鳴る───






と、同時に部屋中にインターフォンの呼び出し音が鳴り響く。

「チッ、もう来たか」

ユノは短く舌打ちをすると、サッと僕のはだけた衣類を整え直し、手近にあったクッションを代わりに抱かせるとスタスタと何事も無かったようにいまだ鳴り響くインターフォンを切り。
「今行く」と答えてリビングを出て行ってしまうのだ。


「へ・・・・?」

まだ体に籠もった熱も冷えていないのに、急に放置をされて体と心のギャップに狼狽えた。

だから、いいところで中断をした来客の事など頭の中からすっぽりと抜け落ちていたのに……


「おぉーっ!チャンミン君、2時間ぶり!」

突然ガヤガヤとした声が耳に届いた時にはもうドンへが部屋に入って来ていて、ぽかんとソファから見上げるしかない僕に、どうしてかドンへはギョッとした顔をしたんだ。

「あっらーっ、、俺達来るの早かった??」

「えっ、、///」

口元を手で隠しているけれど、目がニヤニヤと笑っている。

「ドンへ、からかったら駄目だろう?チャンミン君はまだそういうノリに慣れてないんだから」

気付いたら横にヒョクも立っていて、慌てて体を起こそうとしたらそっとそれを手で制止されて、抱いていたクッションを腰の方にズラされてしまうのだ。

「落ち着くまでね」

にっこりと笑うヒョクの隣でドンへは相変わらずニヤケ顔で、、、、ヒョクの気遣いが逆に恥ずかしいッ///!!


「チャンミンを弄るな、そっとしてやれ」

いつのまにかギャルソンエプロンを巻いて盛り上がりを誤魔化しているユノが涼しい顔で言うので、思わずキッと睨んでしまう。

散々弄り倒していた張本人が言うかっ!?って、いまだにジンジンと腫れた股間が熱を持て余しているってのに、、

「俺に怒ってるのか?悪かった、可愛いのに色気の増したチャンミンを見たらつい、な」

と。

屈んでチュッと唇を奪って行く。

「ふァ////!」

ユノには後ろでニンマリと笑う二人が見えないんだろうか、、???

しかも「ユノから合格点を貰えて安心したよ」だなんて、ドンへに普通に話し掛けるヒョクに”え?今のキス見えてないの??”ってツッコミを思わずいれそうになってしまう。

「え、、っゆのっどういう事、、」

「あぁ、二人か?俺がチャンミンとの100日記念をやると言ったら邪魔しに来た奴らだ」

「ハ?100日記念??」

「そうだ。”Haven”で出会ってからそのくらいになるだろ」

そう言ってまたユノは軽く唇を合わせる。

「ッ///」

人目も気にせずに~~恥ずかしいっ///!!


「ハイハイ、お邪魔者でーす。って、言うけど、ユノが用もなく来る度にチャンミン君がどうしたら喜んでくれるかって散々俺達に相談というていで惚気まくったんだろ!むふ~って恥ずかしげも無く俺達にニヤケやがるんだぜ!?」

「と言うわけで、無事にチャンミン君が喜んでくれるのか見届ける為にお邪魔したんだ。ごめんね」

ドンへとヒョクがそれぞれ来た理由を教えてくれるんだけど、そもそもユノが僕等の関係を公表していた事実にパクパクと口を開けて言葉を失ってしまう。


「おめでとう、ユノとチャンミン君」

「良かったな~やっと付き合えるようになって。俺達もじれたっかったよな、ヒョク~」

しかも、なんだか色々と知っていた、、、!?













ランキングに参加中です(*˘︶˘*).。.:*♡
1ポチ、1拍手を宜しくお願いします。
応援有り難うございます(。>∀<。)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
«  HOME  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。