2015_02
06
(Fri)00:00

止まない雨の癒し -再会-

To yunho

I hope your day is special






数ヶ月ぶりの帰国…

凱旋公演として1ヶ月間の滞在を予定していて

それなのにまだ
ボクは彼に会えていない…

帰国したその足で
お店に駆け付けたい気持ちを抑え

今は…公演のリハ中なんだ

でも今夜、招待をした
彼に初めて観せるボクのステージ…

何度も同じ公演をこなして来たのに
今日ほど緊張している日は無いかもしれない


大切な人に、一番観て貰いたい人に

ボクを魅せたい

毎公演、不安が無いと言えば嘘になる…
けれど
あの優しい笑顔を瞼の裏に思い浮かべて

今日を迎えたんだ


"ボクはやれる、彼がいるから…大丈夫"

これがボクの勇気のおまじない





今までで最高のステージだった

拍手喝采の中…ボクの瞳に映るのは
愛おしい彼の姿…

触れたい…抱き締めたい…




公演初日の打ち上げが終わって
彼のお店に向かったのは日付が変わる頃だった

薄暗い店内にほのかに揺れる灯り
その温かい光に照らされる写真には…

ボク…が写っていた

彼と過ごした僅かな時間を思い出される写真達

そしてそこに写る幸せそうな自分の姿



"彼と居る時のボクはこんなに幸せそう…なんだ"

心の声を呟いた


"そう…見えますか?"

あ…
そこには季節外れの向日葵の花束を抱えた

愛しい人


ボクの大好きなあの微笑みを湛えて

"お誕生日…おめでとうございます"

って…
…覚えてくれてたんだ…ボクの誕生日を…


返す言葉の代わりに向日葵ごと
この胸に包み込んだ

でも日付が変わっちゃいましたね、なんて
片眉を下げて申し訳無さそうに謝る彼が

酷く愛おしい


形のいい丸いおでこに
下げられた眉に
優しい目尻に
綺麗に通った鼻筋に

そしてその可愛い唇に

キスを落とした




"愛してる…"

くしゃっと笑みが歪んだ

今にも泣き崩れそうな
その両頬をこの掌で包んで

ちゅっ…と軽く触れるキス

もっと彼に触れたい



甘い…とても甘くて

とろける深いキス….

"もう離したくない"




柔らかな月明かりが射し込む部屋に

一糸纏わぬ美しい体


見惚れてしまう愛しい人と

肌を重ねて

愛を囁く




"もう離さない"

ボク達はやっとひとつになれたんだ









See you again




関連記事

C.O.M.M.E.N.T

いやん、お月さまがみてる・・・?

2015/02/07 (Sat) 01:07 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

Re:

723621mam様

ですねぇ♡
あのチャンミンの美しい体を堪能したのはユノとお月様だけ…

本当に山も谷も無しですみません(笑)

2015/02/07 (Sat) 11:05 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック