2015_02
03
(Tue)12:00

岐路 episode 22

若干R-18

※閲覧は自己責任でお願いします













…ちゅっ、ちゅっと啄むキスの嵐に
息苦しさを覚えて

のし掛かるユノの胸を掌で押し返そうとすれば
その手ごと掴まれて頭の上のシーツに縫い止められてしまう…

ユ…ノ…

背筋がゾクリとする程の色気…

僕も…男なのに…
どうしてユノに…こんな事…

…胸なんて
女の子じゃないんだから…って思うのに…

シャツの上からユノの指が触れるだけで

「あん…んっ、…」

顔から火が出そう…
助けて…恥ずかしい…

「チャンミナ、声…もっと聞きたい」

いつものあの屈託無く笑うユノじゃない…
初めて見る…こんな目をしたユノ…

「んっふ…っん、ん、…ぁ…あん!」

ん…キスされながら…爪立てるなんて…狡い
こんなに胸で感じるなんて…恥ずかし過ぎるのに

「ん、…あ…ぁ…んっ、、ユ…ノ…や、、」

「ん…ごめん、無理…チャンミナエロ過ぎ…」

…え

「あぁん!…っん」

や…耳…駄目、、、っ…!

「…感じてる顔…やらしいし」

ふっ、て見下ろす顔が…意地悪…

ねっとりと舐め取られる耳の後ろや
耳朶への甘噛み、そしてねじ込まれる舌先

くちゅ…ぴちゃ…

嫌でも聞こえる水音に
いつしか頭の芯がぼぅっとして
抵抗していた筈の腕の力も抜けていた

耳から首筋へ這うような舌の動きに
思わず腰が疼いてしまう
ん…体の中心が熱い…

「舌…出して」

え…?
僅かに開いた口から逃げ惑う舌を絡め取られ
ユノの熱い咥内でキツく吸い上げられたり
薄くて柔らかい舌先でちろちろと舐められたり…

それはまるで…
愛撫されている行為…そのもので…
ずくっ…と芯が熱を持つ

その間も
唇を離す事なく
ひとつずつボタンに手が掛けられ

肌蹴た乳房の盛り上がった粒を
指の腹で捏ねくりまわし

直接与えられた刺激に
足元からぞわっぞわっとした感覚が体を走る


もう…アソコが…きつい……

革パンの抑えが余計にきつくて
僕のアレが解放されたがっている…

けど…どうしていいのか…ユノに感じてるなんて…

僕の体の変化に
恐らく…ユノも気付いた…

ちゅっとリップ音を立てて離れた唇が
啄むように体の中心をなぞりながらキスを降らせ

腰元まで来ると
臍の下の薄っすらと茂る毛を
べろりと唾液を絡めて舐め始めた

んん…と腰を捩って抵抗を見せても

「感じてんの?」

くすっ…と逆に煽らせてしまった

腰元のパンツとの境目に入りそうで入らない
そんなもどかしい刺激に
耐えられない…

我慢出来ずに
下に伸ばした手はユノに払い除けられ

「俺に触らせて」

なんて、、見据えられても
横に首を振るのが精一杯の抵抗…

「嘘….こんなに張り詰めてるのに出さないの?」

…意地悪だ…分かってるくせに…

「ごめん…チャンミナの反応が可愛くて、つい」

か、可愛いなんてこんな状態で言うか、、、
もう…ユノなんて…
嫌いだって言おうとしたのに

「あんッッ!!」

革パン越しにユノに触れられて…こんな声
もう…どうにでもなれ…

諦めの境地にいる僕を差し置いて
ユノの手は器用に革パンから
カチカチに勃ったアレを取り出していて

「凄い…ぬるぬる」

もう…そんな事…言葉にしないで…
散々焦らされて下着もぐしょぐしょに濡れているのは分かってる…

羞恥でこの場から逃げ去りたい気持ちの一方で
ユノの手で解放されたい気持ちも…

ユノの次の行為に期待している…葛藤

だから…

熱く硬くなった芯に手を掛けて
ゆるゆると扱かれるその動きに
意識が集中した

初めはゆっくりと全体を濡らすように
上下に擦り上げられたかと思うと

先端に親指を割り入れて
くちくちと出る液を弄んだり

先っぽだけを小刻みに掻いたり

イキたいのに…イカせて貰えない

「ユノ…」

掠れる声で懇願すれば
うん…と、優しいキスが降ってくる

やっとイケる…そう思ったのも束の間

ユノの顔が
僕の体の間に…

「あんッッ….んんん…やっ…ユノ!だめ…っ」

く…口で…?!

「だ、だめッッ…イッちゃう…あっ…んんっ!!」

ユノの頭を手で離そうとしたのに
遅かった…


口の中に吐き出すよりも…

最悪






どろっ…と白く濁る

ユノの顔に掛けられた…僕の放ったモノ












関連記事

C.O.M.M.E.N.T

チャンミンあまい。
これからよ。
ね、ユノ?

2015/02/03 (Tue) 17:08 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/03 (Tue) 21:52 | # | | 編集 | 返信

Re:

723621mam様

【当方のユノからmam様にご伝言です]

(∵)あ、あのねmamさん
ポクね、ぽわぽわ天使ユノだから
チャンミナの嫌がる事はしないつもりだよ〜ね?

【管理人shinからです】
やや…ハードル上がりますね、、、
でももう既に次のお話は作成済みなので
加筆修正はしませんけど(笑)

期待値に応えられなかったらすみません…
でもコメントお待ちしてます♡

2015/02/03 (Tue) 21:55 | shin #- | URL | 編集 | 返信

Re:

7***様

ここ!
是非喰い付いて頂きたかったんです!!

共感して貰えて本望ですm(_ _)m

別パターンもございます♡
でも披露する機会はあるかな?

あ、あと以前に教えて頂いた夢のお話を
元ネタにしていつかちょっと
作ってもみてもいいですか?

いつかなので遠い先になるやもしれませんが…

2015/02/03 (Tue) 22:03 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック