2016_09
22
(Thu)00:00

オトコはツライよ #73






「、、、、」






義母も、僕も、胸が詰まって何も言えず、ピンッと張った空気を打ち破ったのは…






「ゆう…にょお、、」




部屋の隅で、今にも泣き出しそうな息子の悲痛な叫び声だった。


慌てて駆け寄った僕を跳ね除けて、その小さな手は課長へと伸びていた。




「ゆにょ、、ゆにょ、、!」


歩行は以前よりもぐんっと安定して来たとは言え、走るのはまだままならないのに。


小さな手足を目一杯バタつかせて、一刻も早く課長の元に駆け付けたいという想いがひしひしと伝わって来る。


転びそうになっても何とか踏ん張ってまた、一歩、また一歩。




ようやく課長の胸に飛び込んだ時には、息子の顔は涙でぐちゃぐちゃに濡れていた。


息子のこの突然の行動の意図が僕にも、勿論他の三人にも分からず。


取り敢えず涙で濡れた顔を拭いてやろうと、僕が息子を抱き留める課長の元へと近寄ろうとすると…




「め、なの!」




まるで、それは。


課長の身を僕から守るようなそんな息子の言動、、、










「テヤンはもしかしたら…我々からユノさんを守ろうとしているんじゃないだろうか?」


静かに口を開いた義父の言葉に義母が首を傾げ。


僕もその意味が分からずに視線を彷徨わせた。






「テヤンや、じいじもばあばもユノさんをいじめたりしてないから。ほらっ、じいじとはこんなに仲良しなんだ」


固まる僕と義母に構わず、そっと、義父は課長と息子のそばに詰め寄り。


息子の目線に合わせて優しく語り掛けるようにして。


そして…


息子を抱っこしたままの課長ごと。




ハグで包み込む。








そうか…息子はまた勘違いをしていたのか…


「ばあばもこっちにおいで」


義父に呼ばれた義母も戸惑いながらも、息子と課長と義父に覆い被さるようにハグをする。




「チャンミン君」


義父は昔から僕を君付けで呼ぶ。




僕も一歩、そのこんもりとした山に近寄る。




おずおずと全体に腕を回して。


…ハグ…














「きゃはははっ」






恐らく、何人もの大人に囲われて真っ暗になってるこの状況が息子にとっては異様で楽しくて。




今泣いた烏がもう笑うか…






その無邪気な笑い声に。




「あーはーはーっ!」

「はははっ」

「うふふっ」




つられて大人も笑った。














重なり合った身体は自然に解け、真ん中でにこにこと笑う息子の姿を目の前に。


目尻を落とした義父がポツリと呟くようにして。


「ユノさん…娘はね、生まれつき身体が弱い所為で太陽の下で沢山身体を動かす事が出来ませんでした。だからでしょうね、…自分が産んだ子供に夢を託したんですよ」




そうだ、テヤン…


妻はお腹の子が男の子だと分かると直ぐにこの名前にすると決めていた。


太陽(テヤン)のように明るい子に育ちますようにって、そんな風に言っていたけれど…彼女はずっと太陽に憧れを抱いていたのか、、




「そんな娘の太陽を、我々が曇らすなんて事をしてみなさい。天国の娘だって浮かばれる筈が無いでしょう。ですから…私達の答えは一つです、孫の好きな人はじいじとばあばも喜んで迎え入れますよ。なぁ、母さん」


「えぇ、えぇ、…そうよ。娘が残した一粒種を泣かせるのは、娘を泣かせてるのと同じ事ですもの。そんな事、私達には出来ないわ…それにね、、」


ツンと込み上げる物を必死に抑えていた僕に。


義母の手が触れる。




「私、チャンミンさんがこんなにもチャーミングな人だとは知らなかったの…娘に紹介された時は正直、素敵だとは思ったけれど、ちょっと愛想が無くて取っつきにくかったから、、」


「っ、、すみません、、」


「あらっ!謝らないで、、、私達もあまり親しくなろうとはしなかったからお互い様よ…でもね…近頃のチャンミンさんは本当に可愛らしくて、素直で…もしかしたら娘も知らなかったかもしれないけれど、ふふっ。そんな一面を知る度に…あぁ、ユノさんのお陰かしらって…ねぇ…?」


義母の問い掛けに静かに頷く義父。






「ユノさん、、貴方のお陰で…私達、やっと家族になれたのかもしれないわ…」




気丈な人だと、そんな風に勝手に印象を持っていた義母が。


目の前で大粒の涙を流す。






僕の手を、ギュッと。


握る手は、、、とても、、熱くて、、、、








「っ、、゛、、っ、、、」






妻がこの世を去った時、僕は誰の目にも触れない所でひっそりと一人で涙を流した。




恐らく、それ以来…






こんな風に…堪え切れずにただただ…






涙を流したのは、、、











「お、とうさん、っ、お、、かあさ、、ん、、」



…有難う、、、御座います、、








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/22 (Thu) 01:20 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/22 (Thu) 03:20 | # | | 編集 | 返信

テヤン☀

あーーん。゚( ゚இ௰இ゚)゚。
あーーん。゚( ゚இ௰இ゚)゚。
朝から あゆさんに泣かされたーーーーー。゚( ゚இ௰இ゚)゚。

今日は仕事休みだからベッドの中で
お話し読んでたんだけど
テヤン☀に泣かされたーーーー。゚( ゚இ௰இ゚)゚。
それに ずっと今まで息子ちゃんの名前が
出ないなぁ??って思ってたけど
今回初めて 息子ちゃんの名前に込められた
亡くなった奥さんの想いがわかって
不覚にも朝から泣いちゃったわ(; ̄^ ̄)
身体の弱い自分に変わって
太陽☀みたいな元気な子に
育って欲しいと思う母親の気持ちが
うんうん!(。,_,)ウンウンわかる!わかる!って
思ったから…(´;ω;`)ウッ…

テヤン☀君の周りを皆で包んで
1つの家族が出来上がった瞬間だったね・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
あゆさん いつもドドドドドドドドド変態って
言ってごめんね。(๑¯ω¯๑)
まぁ それは変わらないけど←wwwwww
心がε-(´∀`*)ホッと温かくなるお話し
読んでてなんか 優しい気持ちになりました。・:・(*´ー`*人)
朝から爽やかなあたし(๑¯ω¯๑)
昨日まで息子に👹のように苛ついてたのが
嘘みたいだわ♡(๑¯ ³¯๑)

あっ 昨日ね 娘の友達が夜に
1日遅れだけど サプライズで
家の🏠の外に アロマキャンドル並べて
その真ん中に娘のデッカイ写真をボードに
貼ったやつと風船や🎁と置いてくれて★.。・:*:・゚`☆.。・:☆♪
あたしは丁度風呂あがりで頭が
インド人みたいにタオルを巻いてた状態なのに
興奮した娘が 『早く!早く!』って
外に連れだされ 暗い中にアロマキャンドルが
物凄く綺麗で感動しちゃったわ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
娘は友達に恵まれてて 良かったわ♡(๑¯ ³¯๑)
ついでに早く彼氏連れて来い(๑¯ω¯๑)

2016/09/22 (Thu) 07:22 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/22 (Thu) 09:09 | # | | 編集 | 返信

こんにちは〜(இoஇ; )

えーーーん(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)あたしもあゆさんに泣かされたぁ〜(இoஇ; )
テャンの「ゆにょ…」も可愛い〜(இoஇ; )
チャンミンパパを跳ね除けて一生懸命のゆにょの元へ駆け寄るテャン…ここでうるうるしてたら、義父、義母のハグにマジ泣きだよー(இoஇ; ) あゆさん…ただの変態ではなかったんですね…おそるべしあゆさん(♡ >ω< ♡)

2016/09/22 (Thu) 11:56 | カプリコ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/22 (Thu) 20:47 | # | | 編集 | 返信

りょん***様

りょん***さんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

真面目なコメント、勿論!ウェルカムですよ(*˘︶˘*).。.:*♡

そうなんですよね、特に若くして亡くなった方の事は未だにその事が信じられないと言うか。音信不通になってしまったと言う感じなんです。
私は社会に出て初めて喪服を着たのが会社の同期入社だった友人でしたค(TㅅT)ค
今もその友達の御家族の時は止まったままですね。

おっと、、急にしんみりしちゃいましたね(^◇^;)すみません〜

まさにそれです!肩の荷がおりたんです( *´艸`)
今まで頑なに一人で背負っていた物を、課長に出会ってから人に甘えてみてもいいんだな…と知ったんですね。
よく今迄頑張って来たね、と。義両親もチャンミンとユノの関係を丸ごと受け入れてくれたようです♡

あのぉ〜…全くお話に関係無いんですけど、りょん***さんってもしかしてゆんちゃすみさんのブログにもコメント入れられてますか?| |д・) ソォーッ…
ゆんちゃすみさんに聞こうと思ったんですけど、影でこっそり確認するのもなんだかなと思いまして(笑)
直接、御本人にお聞きしちゃいました( ̄m ̄〃)
違ってたら本当にごめんなさいです((( ゚д゚ ;)))
私、コメント欄マニアなんです(笑)

2016/09/22 (Thu) 22:49 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

れい***様

れい***さんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

そうなんですよーーー!昨日、本当にピンチでどうしようかと思いましたil||li(ФДФ;) il||li
ボスが居て、書く時間無いぞ〜とヒヤヒヤしながら一気に書き上げた結果のこれです(๑°ㅁ°๑)‼✧ もう少し細く書きたい部分があったんですけど、、、仕方ないですねค(TㅅT)ค
でも書いたものには後悔ないです♡

私も書きながらじわりとしたんです(笑)勝手に頭の中で二人が動くので、それを文章に起こすと書いてる本人も泣けてくるから笑えますよね(*≧д≦) 

ウフフ、ユノの両親もチャンミンの両親も出ない代わりに奥さんのご両親が関わっていると言う複雑なお話。
だからこそ優しい人達にしたかったんです。
血が繋がって無くても家族になれるって事をどうしたら伝わるのかな〜と。伝わりましたかね( *´艸`)?

テヤン♡可愛いでしょう〜♡
やっと名前を与える事が出来ました(*´д`*)ハァハァ長かった、、
小ちゃな布石を回収出来たかな〜!?
ゆにょ、、♡可愛い…♡

2話!?えっ、、ちょっと凄い報告じゃないですか(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾待ってまーす♡

2016/09/22 (Thu) 22:50 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

おおぉーーーい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
カプリコさんと言いくみちゃんさんと言い、、ただの変態ってヾ(≧з≦)ゞブッ
二人のコメント読んで噴き出して、旦那から「どうした!?」って横から心配されましたよ(笑)

泣けましたか?| |д・) ソォーッ…
泣かすつもりで書いたんじゃないんですけど、書きながら自分でもじわりとしちゃいましたค(TㅅT)ค
ホミンロスのこの時期にあまり辛い話は書きたくないし。
同じ泣くにも感動して流す涙の方が読んだ後に心に残るじゃないですか♡
くみちゃんさんの怒りが洗い流されたのなら嬉しいですよ(*´罒`*)ニヒヒ♡
けど、ミロ息子はテヤンの爪の垢でも煎じて飲ませなきゃね!!
無垢な子供の頃に戻してやるぞ〜(笑)

テヤンの名前の由来、やっと言えてスッキリです(*˘︶˘*).。.:*♡
太陽のようになりたかったのね、、貴女の願いはユノとシムが叶えてあげるからねค(TㅅT)คとね。

ちょっとーーーーっ!逆に泣かされたんですけど・゚・(。>Д<。)・゚・
何そのサプライズは、、、娘さんの人柄ですね(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
もしかしたら彼氏でもやらないかもよ?リアルでやるのはユノくらい(笑)
うわ〜凄くいいお話♡心が洗われます(T-T)人(T-T)
えっ?彼氏を作れと(笑)ま、、いいじゃないですか( ̄m ̄〃)いつか出来るよ、、多分…

2016/09/22 (Thu) 22:51 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

yu***ki様

yu***kiさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

うるうるでした?| |д・) ソォーッ…
泣かせたい訳じゃ無いけど、勝手にそんな風に話が頭の中で進むんです( ;∀;)
お陰で書いてる本人がじわりと来たりして(笑)笑えますよね(*≧д≦) 

本当、本当。yu***kiさんが仰るように家族って難しいです。
でもどれとして同じ物は無いのだから、正解はこれ!って言うのもまた無くて。
この人が居るとこんな家族になるし、あの人が居なければこうなるし。みたいな。
それに初めから上手く行くとは限らなかったりするので、壁を乗り越えた結果、手にした幸せも有ったりするからまた面白いなぁと((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

実家にも頼らず、頑なに一人で頑張るシム君を解して周りと繋げる役回りがユノ課長であって。
誤解されやすいシム君の心を代弁するのがテヤンの存在ですね(*≧艸≦)
ゆにょ、、♡可愛かったでしょう??
やっと名前を与える事が出来たので、お喋りもさせてみましたよ♪♪

この二人が本当に家族になるなら…それはどんな時なんでしょうね(*˘︶˘*).。.:*♡

2016/09/22 (Thu) 22:53 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

カプリコ様

カプリコさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

本日2度目の、、おおぉーーーい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
本当に噴き出して、旦那に心配されたんですからね(笑)!
変態なのは認めてますけど、ちゃんとしたのだって書きますよ〜ただの変態ってヾ(≧з≦)ゞブッ
あー、、、笑った、、(笑)

どうもね、家族とかハートフルコメディになるとじんわりと心が温かくなる展開が頭の中で繰り広げられるんですよ。
だからそのまま文章に起こすとこうなるんです( ̄m ̄〃)

ゆにょ、、♡テヤンにはやられましたね(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾♡♡
この義両親は理想形です!あぁーーチャンミンみたいな嫁も欲しいけど(笑)こんな御両親居ませんかー!?

2016/09/22 (Thu) 22:54 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

j***様

j***さんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

初めまして、そしてようこそいらっしゃいました〜(*˘︶˘*).。.:*♡

う、嬉しいです・゚・(。>Д<。)・゚・
まったり感なんて〜そんな風に感想頂けると本当にホッとするんですよ!
当初からノロノロ進行でしたでしょう?結構痺れを切らせてる読者様もおられる中で、こうして想いを伝えて貰えると「書いてて良かった、、、ค(TㅅT)ค」と思えるんです。

今回は誰一人、悪い人は居なくて。
でもキャラは立った脇役ばかりなのでクスッとか、そんな小さな笑いを沢山籠めたつもりなんですよ(*´罒`*)ニヒヒ♡
テヤン♡メロメロですよね〜///
もうねっ、、ぎゅーってしてあげたいです(//∇//)♡

ふっふっふー♪
やる時はやる男、課長です(〃艸〃)ムフッ
こんな告白、されてみたいですよー(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾あー、シム君が羨ましい(笑)

ご心配有難う御座います(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡
私の周りは夏の疲労が今になって出て来て風邪を引き始めておりますよ(°0°)‼季節の変わり目は本当に気をつけて過ごしたいものです。
どうかj***さんもご自愛下さいね♡

2016/09/22 (Thu) 22:55 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/22 (Thu) 23:00 | # | | 編集 | 返信

そうそう

あゆさんって、ハートフルな作品が意外と←コラ
得意ですよね!私はやっぱりあのお化けチャンミンのお話が印象的ですから♪

みんなが幸せになるお話、私も幸せを頂いています♡
みんなが寝静まった横でコソコソ書いてますので( ^∀^)
取り急ぎご報告まで!

2016/09/23 (Fri) 00:00 | じゅりこ。 #- | URL | 編集 | 返信

To りょん***さん

ふふふー♪やっぱりそうだったんですね(*≧艸≦)
ずっとゆんちゃすみさんのコメント欄で拝見していたので、私の所に初めて来られた時に「お!?もしかして!!!」って思ったんですよ(((o(*゚▽゚*)o)))♡
非コメで名前が伏せられていても、なんと無くブロガー様の返しとかでどんな会話だったのか予想が付くじゃないですか。
りょん***さんとゆんちゃすみさんの内容もなんとなーく推測出来たので可愛い方っぽいなぁ〜と勝手に良い印象を抱いてました+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

わー、ビンゴで嬉しいです(*´罒`*)ニヒヒ♡

2016/09/23 (Fri) 21:46 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

じゅりこ。様

じゅりこ。さんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

そうなんです、意外とハートルフルなのが好きで( ̄m ̄〃)ただの変態じゃなかったのね!?と驚かれている「ちゃんとやれば出来る変態さん」なんですよ(笑)

わぁ〜お化けチャンミン٩(๑>∀<๑)۶わーい
懐かしいじゃないですか!!じゅりこ。さんと知り合ったのがあの企画でしたもんねヽ(〃∀〃)ノ
そこから、オジユノで一発で私がじゅりこ。さんに堕ちて…オジユノ読みたくなりましたね(((o(*゚▽゚*)o)))♡
あれはやはり秀逸!じゅりこ。さんだから書けるお話でしたもん。
じゅりこ。さんに出会って凄く刺激になったんです。ふふっ、当分コメント欄が開かないので今日は思いの丈を伝えてみました♡

夜中に隠れてこっそり書きました(笑)?見つかったら、、ってなスリルがね〜〜

2016/09/23 (Fri) 21:54 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/23 (Fri) 21:55 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント