2015_01
25
(Sun)22:10

岐路 episode 13

カムバのステージは言葉にならない程

最高だった…



"俺の居るべき場所に帰った"

そんな気分にさせてくれる最高のステージだったんだ




それに隣ではチャンミナが俺をずっと見守っていてくれて

とても心強かった…



そしてあの高音で優しいハーモニーが俺の声を柔らかく包み込んで

聴く者を魅了した



自分のステージなのにチャンミナの事が誇らしく思えたんだ

何でだろうな…
やっぱりチャンミナは"特別"だからなのかな…







でも凄く…………気掛かりな事が…………



それは、、、
チャンミナを注目する視線が増えたって事!


共演の女性アーティストやガールズグループは勿論、音楽関係者の目にもかなり止まるらしく

目を離すと変な連中がチャンミナに近付こうとしてるんだよ!!

ったく…厄介だ…


だから俺は常に威嚇のオーラを放ってチャンミナを守り続けた




はぁ……でも分かる、、、

チャンミナは自分で気付いていないみたいだけど
とても…目を引くんだ

なんて言うか、その…かっこいいって言えばいいのか

化粧を少ししただけでその格好良さは
色気を増して…

妖艶な美しさを放っていた



初めて控え室でその姿を目にした時なんて

思わず見惚れて何も言えなかったんだ





はぁー・・・

しかもその時…

俺の顔を首を傾げて覗き込むチャンミナに

思わず…………




ドキッとしたなんて、、、、









まったく…どうにかしてるよな


俺…カムバで疲れてんのかな….




はぁー・・・







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





ユノのカムバのステージは………

上手く言葉に表せない…






でも…

やっぱりユノの居るべき場所はここなんだ…

と実感したんだ




彼は練習以上の力をステージで発揮出来る人だった

やはりそこがプロなんだと感心もした



伸びゆくハーモニーが心地良くて

僕はそこがステージだという事すら忘れてしまっていたんだ


これがユノの持つ魅力なんだろうな



待ち焦がれていたファン達は勿論、音楽関係者達にも
大絶賛のままステージを降りた



それからユノは色んな人から声を掛けられていたから
気を遣って席を外そうとすると…

「側に居ろ」と制されて仕方なく一緒に行動をしたんだ


それなのに何だか常に険しい表情をしていて…

人が来るといきなり仕事モードになって卒なく対応している姿にも何だか違和感があったし

知らないユノだらけでちょっと居た堪れなかった



でもそんな僕を察してか

「悪いな…もう少しで終わるから」

と優しく頭をぽんぽんと撫でるユノに………


心がざわざわした…






いつものあのぽわぽわとしたユノじゃなくて
少し化粧をしてピシッとスーツを着こなすユノに

僕は正直…かっこいいと思ったんだ






はぁ…



ステージに立つ前のあのか弱いユノも

素敵な衣装に身を包んでステージに上がるユノも

普段のあどけない表情のユノも




全てが同じ人物なのに

新たに知る顔に心がざわつくんだ…






これって…

何だろうな…













関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック