2016_05
17
(Tue)00:00

JEKYLL & HYDE






最初は最悪じゃんって思ってた。





ドンへが取ったお店は予約が入って無いとかで、どーすんだよって二人で揉めてたらたまたまドンへの後輩が店に入って来て。

で、結局は相席。
しかも個室で男4人。

どうせなら女の子だったら良かったのに。




でも。



相席って状況に不服そうな奴がもう一人。

話の輪にあまり入らずにビールもワインもがぶ飲み。

しこたま飲んだら今度はテーブルに突っ伏して唸り出す始末。


コの字型のソファで、俺の隣でそんな状態なら放って置くわけにも行かずにドンへ達に声を掛けて潰れた男の腕を抱えて取り敢えずは店のトイレへと。

トイレに行けば上でも下でも出す物も出したくなるかもしれない。

だなんて呑気に個室に男を押し込んだのが失敗だった。

個室から出ようと背を向けた俺に、便座に腰掛けた男が何か呟き。

それに振り向いたら、湿った柔らかい物が唇に押し当たり。

鼻につくアルコール臭さで口を開いた瞬間に更に湿って濡れた物が口の中に差し込まれる。

酒臭くて、湿っぽくて。
でも柔らかくて熱い物が口を搔き回した。


ぐちゃぐちゃ。

しつこくて、逃げても追い掛けて離そうとしない。


ぐちゃぐちゃにぴちゃぴちゃ。

その内、俺の舌も勝手に動き出してはそれに絡み付いたり吸い上げたり。


終いには、ハァハァと男が吐き出す荒い息に、俺までが酔ったみたいに頭の芯までぼうっとする。



ドンへが心配して外から声を掛けて来た時は本当に心臓が一瞬、跳ね上がった。

慌てて身体を離したのに。

唇を繋ぐ唾液の糸が生々しく目の前でプツッと途切れて、今度は頭が一瞬で沸騰し。


男の表情も意図も汲み取る暇も無く、また肩を貸してやる格好を作っては強引にトレイの外で待つドンへと共に席に戻るだけで精一杯。

そして具合が悪いわけでも無いのにお互いに冷めやらない熱を隠すふりをして、その男に膝枕を貸してやったりして。

で、そいつが膝の上でモゾモゾと頭を動かすのが擽ったく、止めろって意味で手で顔を押さえると。

その手を男はぱくりと口の中に咥え込む。

そして親指から一本ずつ丁寧に舐めて行き。
一番長い中指だけは他とは違う扱いに何だか可笑しい気分になる程、舐め方が変で。

まるでアソコをしゃぶられてるみたいな、そんな感じ。

ドンへ達に見えない角度だとは思うけど、隠れて悪い事をしてると思うと舐められていないのに別の場所が反応した。

だから、俺は男の口から指を抜き取って熱くなってる部分をその顔に擦り付け。

その代わりに濡れた指を、男のジーンズの膝の裂け目に這わせてやると男は熱い吐息を俺の股に吐き出した。


微妙な刺激、蛇の生殺し。


耐え兼ねた俺がまた席を外すと言えば、自分も連れて行ってくれとふらふらと寄り掛かる男。

仕方無しにトイレまで連れて行けば、入り口の扉が閉まった途端に今度は逆に個室に引き込まれ。








便座に座った男に、突っ立ったままでしゃぶられた。











「ッあっ………っ……」



高級そうなホテルはアメニティグッズも充実で、ボディクリームはフローラルの香り。

それが男同士を繋ぐ潤滑剤になってるとはホテル側は思ってもみない事。

そしてしっかりとした造りの洗面台に男の尻が乗るとは考えていない筈。

背面の鏡に背を打ち付けて、俺の突き上げに尻を上げたり。

俺の動きを制して、わざと結合部を鏡に映して見せつけてみたり。


正直、こんなに興奮をしたSEXは初めてだった。



男が俺を飲み込んでからベッドに行き着くまでに3回。

ベッドの上で力尽きるまでに2回。



アラームで目を覚ました俺に、部屋の残痕が現実を突き付けた。




が、しかし。

その場に男の姿は無く。



テーブルの上にばら撒かれた紙幣を目の端に捉えながら。

俺は昨夜の残影を頭の中で再生していた。







そして、俺は男の名前をドンへの後輩から聞き出し。

文字通り、今はそのケツを追っている。






"シム・チャンミン"

俺に男の味を覚えさせて、やり逃げだなんて。


いい度胸してんじゃん。




ますます、燃えるね。






ドンへから聞いた話によると、ドンへの後輩はミノって名前の犬系のイケメンらしく。

で、そのミノ曰く。

あの人見知りのチャンミニヒョンが初対面の人に介抱されるぐらいに気を許すなんて奇跡ですよー。

と、驚いてるとか。

でも、俺とチャンミンの距離が近かったからミノは安心してドンへと騒げて楽しかったらしく、だから今度は自分が御礼します。

とか。


因みにドンへもチャンミンと初対面だった為に、途中で荷物だけを取りに戻った俺がチャンミンを送ってくって言い出した事をしきりに不思議がっていた。


けれど。

ユノって面倒見いいのな。
だなんて相変わらずのアホ面でそれ以上の詮索は無かった。

ドンへが能天気で本当に良かった。



で、だ。

取り敢えずみんなの関係性をもっと知る為にもミノの社交辞令とも取れる、御礼を間に受けた形でまた飲み会のセッティングをドンへに依頼。

あの偶然の出会いから一週間後の金曜日の夜に同じ店での待ち合わせ。

が、しかし。
その席にはドンへとミノだけ、チャンミンの姿は見当たらず。

ミノが言うにはチャンミンは金欠でバイトの日数を増やして忙しいらしい。


…って、その金欠ってあれだろ。

ホテルのテーブルにばら撒かれた紙幣。



ドンへが俺を連れて行く店は俺のテリトリー外が多くて。
学生の多い、弘大とか新村とか。

あの日もそのエリアだったから、チャンミンを店から連れ出したはいいけれど。
何処に何があるかは分からず、結局は自分のテリトリー内のホテルを使用した。

恐らく、チャンミンにはその部屋の相場なんて分かんなかったんだろうな。

チャンミンが置いてった紙幣は過分な程だった。


それを思い出しては口元が緩む。





可愛い奴。








仕方無しにミノとドンへと3人で飲んで、お代はドンへに払わせた。

ミノは最初は悪がってたけれど、ドンへもそこそこ遊ぶ金には困っていないのを彼も知っているらしく最後にはブンブンと手を振って満面の笑みで帰って行った。



で、俺と言えば。

ちゃっかりミノからチャンミンの情報を聞き出し。

今、こうしてチャンミンのバイトが終わるのを待ち伏せしている。



そして。

バイトを終えたチャンミンが俺の顔を見つけた瞬間、固まった。

で、逃げ出す前にその腕を捕まえ、置いてった紙幣を握らせ。

突き返そうとするチャンミンの手を取り、そのまま隣の飲食店へと。












「…ハァッ、……っ……っふ…」





飯を咀嚼する以外は"記憶が無い"しか言えなかったそのお口が。

アルコールを摂取した途端、こうも変わるとはな…


店の近くの駐車場でも。
信号待ちの停車中も。

隙あらば唇をくっ付けたがる。




キス魔なのか、チャンミンって。


玄関で。
廊下で、寝室で。


服を剥ぎ取りながらもその大きな口は俺の唇を貪り倒す。


俺もやられっぱなしじゃあ癪だからと、押し倒せばひらりと交わす身のこなし。

そして自分自身の滑りを使って、自らの窪みをぐちゅぐちゅと解しだす。

汗で張り付いた髪を掻き上げる仕草が艶めかしく。

それでいていやに憂いがあって欲を掻き立てるから不思議だと思った。


淫乱な男。

でも、気分は悪くは無い。




俺を飲み込んで、腰を淫らに振りながら。

上から刹那的な視線を送ったかと思えば。

わざと腰の動きを緩めては結合部からの水音を響かす淫靡さ。

初めて関係を持った時よりも大胆な彼に、今日の俺は完全に翻弄されていた。




そして、俺達は夜通し身体を繋げた。













前回、先に目を覚ましたチャンミンに逃げられた苦い経験を元にして、俺は彼よりも先に起きるように心掛けた。


けれど。


目を覚ましたチャンミンはまた別人のように熱を失った表情で、記憶が無いと言う。




そして。





「…貴方は僕じゃない"もう一人の僕"がいいんでしょ…」





そう呟いて。

その身体から流れ出していた痕跡をジッと眺めた。






不覚に。

俺はその横顔に目を奪われた。





心と身体を惑わす二人のチャンミンに

俺は囚われてしまったんだ。










end










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ




関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 05:04 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 05:32 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 10:00 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 10:58 | # | | 編集 | 返信

na***様

na***さんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

あら〜、告知無しで気付いて貰えて嬉しいです///
連休前はそわそわして何だか落ち着かず、明ければ燃え尽きて五月病突入して。
ようやく魂が戻って来たので、黙々とイケメンウォーズに取り組んでます(๑•̀ ₃ •́๑)‼
色々と中途半端にしてるので、一個ずつ手を付けて行きますよ〜

ですよね(笑)!!
ドンへもそうですけど、ミノも犬系ですよね〜ヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ☆
何となくドンへならそう言うどうでもいい情報とかを教えてくれそうじゃないですか(笑)
そこに引っ掛かって貰えて嬉しいです///

むふっ。
実際、チャンミンは酔うと口数が減るそうなので。そこから妄想したらこんな展開になっちゃいました( ̄∇ ̄)v ドヤッ!
エロチャミは続編が必要で、途中まで書いて間に合わなくて取り敢えずこれだけ載せてます。
続きはまた書けたら出そうかな、、、と。


………ガタイのいいユノ(笑)
サウナとかでモテモテでしょうね(〃艸〃)ムフッ
リアルですかぁ〜〜〜んんんんんー。。。
あ、そうだ(笑)いいの送ります(*´罒`*)ニヒヒ♡
今の私がリアルで妄想した小話。んふふ。

2016/05/17 (Tue) 12:25 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ゆ***すみ様

ゆ***すみさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

今日は忙しいのにぃ〜〜(*゚Д゚*) オモオモ♡
有り難や〜

へ?伺うもなんも(笑)
『フォー・ユーですଘ(੭´・J・)੭* ੈ✩‧₊˚』
と、チャミ天使が申してます。

優しい〜〜〜〜〜〜〜!!!!
ゆ***すみさん優し過ぎる(T-T)人(T-T)
私なら燃え尽きて、そんなサービスしないかもしれないですよー!
でも、毎日コメント貰ってる暖かい応援団のラブコールですもんね( *´艸`)
うううっ、、泣ける…友情だぁ〜〜!!

で、その設定が(笑)
やっぱり通るべき道なんですかね!?
一緒に居ると思考と趣向が似てきますしね♡
では、密かに楽しみにしております♪♪♪

2016/05/17 (Tue) 12:32 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

くみ***様

くみ***さんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

↑いつも思うけど、これは伏せ切れて無いですよね(T▽T)アハハ!
ワザとじゃないんですよ、本当に(+_+)

やっぱり……(笑)
いや、私も今回ばかりは書きながら『これはユノペンを釣る為のお話じゃなくて……チャミペンが釣れるんじゃない??』と、薄々感じてたんですけど。
くみ***さんの反応を見ると釣れた感じですね(〃艸〃)ムフッ

前回のくみ***さんの為に書いたお話は、ユノペンのゆ***すみさんが釣れたし〜。
もう私はやっぱり人とズレてるのかな;^_^A
どうして逆になっちゃうだろう(笑)

あはぁ〜ん♡
この膝枕のくだりは、貴女様のコメントからヒントを得たのです!!!
某画像加工ブログで、ジーンズの裂け目を舐めたいとか書いてませんでした??
それで、ほー!と思い付きました!!
本当はね、このお話は一話で終われなくて。まだ続きがあるんです。
でも間に合わなかったの……(T-T)人(T-T)
このままだと素面のチャンミンが謎でしょう??
いつか、書かなきゃなー!

忍者は突発性発疹でした〜。でもまだ咳は残ってます。
今日は何故か珍しく別れに号泣されて後ろ髪引かれる思いでしたよ(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡
先週はずっと一緒に居たからかな。

あぁー、、あぁー!
擦れ違いになっちゃうんですね( ゚艸゚;)
でも、時間差で喜びが来るのも感動しますよ♡
あぁ〜♡その瞬間を覗いてみたいですね(〃艸〃)ムフッ

2016/05/17 (Tue) 12:49 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

れ***様

れ***さんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

そうですね(笑)言われてみればみんな非公開でしたね。珍しい〜
で、その流れに乗ってれ***さんまで(笑)ってオォイッ!

そうそう、これは一度結構書いたのに一気に削除して書き直して。
でも時間が無くて一話だけ出すって言ってたのです(+_+)
これだけだと本当に謎だらけだから、続きが必要なんですけどね。
間に合わなかったぁ〜〜〜!
素面のチャンミンを書きたいのにぃ〜〜(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

ああぁぁ〜!違うんです!!
これはホミン版って言ってたのは、センイル企画のホミンのお話ってだけです。
明日のは全く別物のミンホのお話なんですよ〜(;OдO)
混乱させてすみませんでしたค(TㅅT)ค

明日はお馬鹿なお話です(笑)軽〜い気持ちで読んでやってくださいね♡

2016/05/17 (Tue) 12:54 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 14:16 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

ひまさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

うひゃひゃひゃ!
予告してないのにぃ〜〜ひまさん有難う〜(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡

ふふふ。そうです、最初はハイドチャミ。
アルコールがスイッチになってます♪♪
でも、それだとミノも食べられちゃう危険性があるから…続編書かなきゃ可笑しい事になるんですけどね(ll_ェ_)まだ書けてないから、これだけを放出しました。

偶にはエロもいいでしょう♡
素のチャミはハイドチャミをどんな風に思ってるのかな〜とか、考えるだけでむふむふしてます(笑)

今は、イクメンウォーズを書いてるんですよ♪♪♪
この前、私も遠足に行って来たんです(*´罒`*)ニヒヒ♡
その事とかも書きたいですし、ひまさんからヒントを貰ってる諸々も出すつもりです\(//∇//)\
でも更新はまだまだ先です(。˘•ε•˘。)
暫しお待ちくださいね!
因みに、明日も短編あります!明日はお馬鹿なミンホ♡

2016/05/17 (Tue) 15:12 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

これはイントロってことにしときます。
つづき、根気よく待ってます。

2016/05/17 (Tue) 21:14 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

mamさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

ですよね(;;;;;°∇°)はい、、、頑張ります!

で、今後の予定が変更になりました〜!
当分の間はイクメンウォーズのSeason2を書きますね!
終わったら更新します(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
宜しくお願い申し上げます!

2016/05/17 (Tue) 21:34 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/18 (Wed) 07:38 | # | | 編集 | 返信

***li様

***liさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

うわー!本当にチャミペンが釣れてるブッ(;: ⊙ 3⊙;)・;゙.:’;、
このホイホイは効きが凄い!!

って、冗談はさておき。多忙ですよね(^◇^;)
***liさんならプレッシャーありつつも、その中で楽しんでるんじゃないかな〜と思ってましたが。
イメージを直ぐに形にしたい気持ちもよ〜く分かります!!
それがピタッとハマると快感ですよね♡
ふふふ、密かに楽しみにしてますね〜〜♪♪♪

なぬ!?イクメンの次ぐらいに……ですか(笑)!!
分かりました( ー`дー´)キリッいつもお世話になってる***liさんの為だもん、ここで頑張らにゃいつ頑張るよ!?おおっ!?
でも、、、気長にお待ちくださいね♡

2016/05/18 (Wed) 09:31 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント