2016_04
22
(Fri)00:00

Feeling おまけ





初めて泣き顔を見せたあいつは…



映画の予定だったのを急遽取り止めて自分ちに連れて帰って正解だった。

「僕なんか、、」

そう呟き、長い睫毛を震わし。
ポロポロと大粒の涙で頬を濡らす姿なんて俺以外の誰にも見せるわけにはいかない。

「俺がお前じゃなきゃダメだって言ってんだから文句つけんな」

まだ何か言い掛けた唇を無理矢理塞いでやったら、やっと観念して大人しく俺のされるがままになった。



その後は宣言通りに飯も食わずにシムを頂く為にベッドに一直線。

けれど今まで誰かを自分の家に上げてSEXに及んだ事が無いのがここでネックになり。

ローション代わりになる物をそこら辺にあるか探して引っ掻き回した所で見つかるわけも無く。

ごちゃごちゃしたベッドに大人しく待っていたシムが「今日は…止めますか?」なんて赤く腫れた目の縁を手で擦った仕草で、もうノックアウト。

また押し倒して唇を塞いで、苦しそうに鼻息を鳴らしたのさえも俺には更に火を点けただけ。



滑りさえ良くなればいいんだろ?



今度は迷うこと無く緩々と勃ち上がりだしたシムのモノを咥え込んで一気に吐精させ。

最後の最後まで一滴も残さずに搾り取った物を口から吐き出して窪みに塗り付けた。

シムはまだイッた余韻で小刻みに身体を揺らしていたが、俺の限界がもうそこまで押し寄せていて。

昨夜も俺を受け入れていた窪みは俺を迎え入れるだけ充分に解れ。

少し指で慣らしてから俺の熱を挿し入れるとくぷくぷと浸入をあっさりと許した。

そして根元までみっちりと受け入れた頃にシムもようやく正気を取り戻し始め。

「チョンさん……」

俺の名前をとろんと蕩けた風に呼んだ。


シムはいつもこうだ。


始める前は嫌だと拒むくせに、一度イカせてみると案外素直になってくれたりする。

身体を重ねている間だけは可愛い面も時々見せてはくれるのに、翌日には素知らぬ顔して俺の存在を否定する酷い奴だ。

けれど俺はもう、それを許さない。


「…なぁ、ユノって呼べよ。俺もお前を下の名前で呼ぶから」

「………や、、むりですっ、、」

「またそれか。無理はもう聞き飽きた。ユノって、簡単だろ?」

「僕には…出来ません…」

「はぁ…、なぁ。俺って遊びだったの?答えろよ、チャンミン」

「ちっ、、が……チョンさんこそ、、僕なんて、、遊びだと……」


まぁ確かに初めは楽しい玩具が見つかった程度の興味だった。
けれどいつかそれが俺の中で変わったんだよな。

「初めはお前が言うように遊びだったのは認める。でも今ははっきり言って違うって分かるから」

「……」

「お前とちゃんと向き合いたいんだ。頼む。チャンミン…」

「…………ユノ…さん…」

「ん、上出来」


あぁ…分かった。
こうやってこいつが偶に俺の目を盗むみたいにジッと見てた視線が気になったんだ。

で、気になりだしたらどんどん止まらなくて。

でも俺が見ると視線を外すシムに無性に腹が立って。


ちゃんと俺の目を見ろよ、って言ってやりたくなってたっけ…

その時にはもう俺はこいつに惚れてたのかな。


…分かんねぇ。

恋愛なんて久しくしてなかったもんな。



「今まで優しくしてやれなくて悪かった」

その分、今夜はうんと可愛がってやるから…



お詫びのつもりで優しく優しく抱いてやったら、次の日のシムの挙動が不審で。

「お前、さっきから何やってんの…」

しきりに自分の身体を触っているシムにそう声を掛けたんだ。

そしたらあいつはなんて答えたと思うよ。


「身体が溶けたんじゃないかと思って、、」

「は?何で溶けんだよ」

「…………………幸せ過ぎて…」


ボソッと。

自分で言ってあまりの恥ずかしさで布団に潜り込んだ奴を俺が襲わなかったわけがない。




朝日を浴びても。

シムは俺を突き離したりはしなかった。








暫くは俺とシムの間には平穏が続き。

SEXも一からやり直すみたいに丁寧に抱いてやるのも面白かったし。

時々は乱れるシムを見たくなって要求をすると、すんなりと快諾してくれる奴に喜んだりもした。



なのに、だ。

折角のラブラブな二人を何でそっとしとかねんだろうなぁ、、、


例のトイレの一件で恥を勝手にかいた同僚が、俺に変な因縁をつけて来やがって。

シムには内緒にしてあるが、実は陰で俺はそいつに悪い事をしていたんだ。




俺はシムと出会うまでは基本的に特定のセフレは作らなかった。
適当にその晩を楽しめる相手なら選び放題だったからだ。

だけどそんな俺にしつこく付き纏う男がいて。

そいつとは一度もやってねぇのにあっちはとにかくヤりたがるもんだから連絡先だけ渡して保留状態にしておいた。

それを丁度思い出して、早速呼び出し。

グダグダと因縁をつけて来ていた同僚をプレゼントしたら大人しく持ち帰ってくれたんだ。

その時の同僚の顔は悲惨で、心の中で「憐れ」と。
一応、俺の良心も痛んだ、、、筈。


それ以来、しつこく付き纏っていた男からも。

同僚からも。

一切接触は無い。





が、しかし。

一難去ってまた一難とはこういう事か…


今までは適当に交わして来た女子社員が、クリスマスと言う浮かれたイベントを前にしては俺にも猛アプローチを掛け始め出し。

ほぼ日替わりで告白されるのにもうんざり。

終いには

「私の何が駄目なんですか」

泣いたら少しは優しく断ろうと思ったのに。

開き直って。
しかもそこは営業フロアの片隅。

心底、呆れた。



だから言ってやったんだ。


「ごめんね、女の子は俺の対象じゃないの。言ってる意味。分かるよね?」


俺の声って良く通るんだ。


放心状態になってしまったその強気な女の子を残したままで席に戻ったら、隣の後輩がサッと顔を赤らめてたもんで。

「…………ばーか、俺にもタイプがあんだよ」


と、ばっさりと言ってやった。





まさかカミングアウトするなんてな…

そんなダサい事は絶対にしないと誓っていたのに。




「チャーンミン」

「ユ、、ユノさん…」


名前呼ぶだけで照れて真っ赤になるってどうよ?

ここが社内じゃなかったら押し倒してその真っ赤な耳に齧りつくのに…残念だ。



俺がカミングアウトしたのをチャンミンはまだ知らない。

けれど俺は周りの目が集中しているのを知っていてこうして彼の周りを付き纏う。

勿論、俺と同じ様に浮かれたイベントの為にチャンミンを狙う女共への牽制だ。



「なぁ。クリスマスの夜って空いてるよな」

「へ、、?…あ、空いてますけど…どうしてですか、、」



ん?何言っちゃってんのこいつ。

…まかさ、、、


「恋人と過ごす気は無いのかな。シム・チャンミン君?」

「っいっ、、!?」



驚愕って凄いな。チャンミンは本当に面白い。

まだまだ俺の知らない引き出しをこいつは絶対に隠し持っている。



「ま、じっくりと付き合いますか」

「え、、?」

「ん。今のは独り言」

「はぁ…」

「じゃ、そう言うわけでクリスマスまでに念入りにお肌のお手入れをしとけよー」



わざと声を張り上げたら、チャンミンも周りも真っ赤だった。



くくく、、こりゃ病み付きになるかもな。



"悪いけど、本当。
こいつとは一生掛かっても気が合う事は無いと思うぜ"



これは俺が間違っていた。

気が合わなくても時間を掛けてその感情を引き起こしてやりたいって。


今はそう思うんだ。




それが恋や愛、なんだろ?


なぁ。シム・チャンミン。










end










おまけまでお付き合い頂いた読者様に感謝申し上げます。
そして補足ですが、今回のタイトルの『Feeling』の直訳は『感情』になります。
それをキーにしてお話を構成した次第です。

ランキングも下位にいる最中、こうして拍手を沢山頂けた事に感激です。
現在は連載の続きを書いてますが、まだまだ更新するには話数が足りない故にまた更新を見送らせて頂きます。

ですがこうして水面下で何かはやっておりますので、またお付き合い頂けたら幸いです。

ではまたお逢いする日を楽しみにしています。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/22 (Fri) 00:51 | # | | 編集 | 返信

ありがとうございます❣️

あんにょん。
前後編もおまけもとっても楽しく読ませていただきました。真逆の2人の相性が良い感じです。イベントでこちらのブログを知ることができて、本当に嬉しいです。ありがとうございます💓次回のお話も楽しみにしていますね。

2016/04/22 (Fri) 07:20 | michipon #- | URL | 編集 | 返信

ま***様

ま***さんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

そうですね、禁断の果実では初コメを頂きました(。>∀<。)
友人へのお祝いのお言葉はそのまま伝えておきました♡有難う御座います(*˘︶˘*).。.:*♡
その友人も、ま***さんと同様に読者様としてコメントのやり取りを通じてお付き合いを始めたんです♪
ま***さんともトンの縁があってこうして繋がれて嬉しいです(*´罒`*)ニヒヒ♡

ふふ、チャンミンが何だか可哀想な設定になってチャミペンさんから苦情が来るかとドキドキしていました(ll゚艸゚ll)
チャンミンを時々変態にさせてしまうのが好きな私です(笑)

おー!「戒めの枷」♡嬉しいですね〜〜(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
ブラックチャンミンって書いていてゾクゾクするんです(〃艸〃)ムフッ
丁寧な言葉でどんどん追い込む感じ。でもそんなやさぐれたチャンミンを絆すユノとか。
あーん、またそんな設定も書いてみたいなぁ〜♪

ま***さんのようにどんなお話も好きと言われると本当に書いていて良かったなぁと感じますค(TㅅT)ค
出来ることならNo. 1じゃなくて誰かのonly oneでありたいですね〜〜♡

またお逢いする日を楽しみにしていますね(*˘︶˘*).。.:*♡

2016/04/22 (Fri) 09:34 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

michipon様

michiponさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

あんにょんでーす♪♪
私も前回の大喜利企画からこうしてmichiponさんと知り合えて嬉しいです(*˘︶˘*).。.:*♡

企画をやる毎に短編の奥深さを知り、面白味を感じています( ̄m ̄〃)
サラサラと読めるお話に纏めるならどんなテンポがいいのかなと何度も読み直すのも楽しいですし。
前編後編で書ききれなかった部分がおまけになってますけど、幾らでもそう言う枝葉は書けますからね。結局、ダラダラと書いちゃうです(笑)

楽しんで頂けて良かったです(〃艸〃)ムフッ
またお逢い出来る日を楽しみにしています♪

2016/04/22 (Fri) 09:40 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/22 (Fri) 10:01 | # | | 編集 | 返信

くみちゃんお誕生日おめでとう

くみちゃんお誕生日おめでとうございます!!!あゆさん、すみません。コメント出遅れてしまいました。はぁ〜♡堪らんです♡チャンミンのネットの書き込みが最高っす!そして、相手がまさかのユノとか。
職場とのギャップ!!!萌えました!!!
そして、タイトル通り。2人の感情が少しづつ変化していく様が、最高っす!素敵なお話ありがとうございました!!!そして、友情に乾杯♡

2016/04/22 (Fri) 10:02 | サスム #- | URL | 編集 | 返信

ありがとうございます。:+((*´艸`))+:。

あゆさん おはようございます。
あゆさんの読者様からもわざわざお祝いの
コメントまで頂いて 東方神起万歳🙌
って感じました❀.(*´▽`*)❀.
わざわざありがとうございます(*´∀`)
それに サスムさんまでお祝いしてくれて
感謝感激*。・+(人*´∀`)+・。*
また1つオババになりました( ̄∀ ̄;)
みんな優しくてサプライズまでしてくれて
ちょっとそれを気づかない勘違い野郎で
大笑いな誕生日でした((´∀`))ケラケラ

あゆさん このお話のシム段々
可愛くなってるね( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)
あゆさんのいう様に チャンミンみたいに
一見見た目はクールなのに実は中身は
淫乱みたいな感じわかるわぁ〜wwwwwww
ユノも 自分の部屋に連れ込んだのは
チャンミンだけだったのも
なんかリアルな感じがするわ―。:+((*´艸`))+:。←←ってこれ願望♥( ・ิ౪・ิ)

今日は仕事帰りに免許証の更新に
行って来ますね(๑•̀ㅂ•́)و✧
でもなんか最近かけたパーマが
クルクルで写真とるの嫌だな( ̄∀ ̄;)
今度は違反してないからゴールドカード
だわ( ✧Д✧) カッ!!

2016/04/22 (Fri) 10:32 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

ま***様②

ま***さん、度々です♡

えーっと、お誕生日を迎えた友人から伝言です(〃艸〃)ムフッ

『面識も無いのにお祝い頂いて嬉しいです♡』

との事です♡

2016/04/22 (Fri) 12:21 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

け***りん様

け***りんさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座いますます♡

初めまして、そしてようこそいらっしゃいませです(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
うわー、嬉しいですね///個人的に仲良くして貰っているブロガー様ですけど、私とは違うテイストなのに何故だか気が合うといいますか( *´艸`)
その繋がりからこちらへ来られたのならこれもまた縁ですね♡

謙遜(笑)しますよ〜(+_+)それがあるからこそもっともっとと自分を高められるのかなと考えています( ー`дー´)キリッ⇦根は一応真面目なんです(笑)

あ〜〜〜。。け***りんさん…私と同じ分類のユノペンさんみたいですね( ̄m ̄〃)
私もオールオッケーです♡そして病んでる彼も好きです(〃艸〃)ムフッ
好きなお話を聞いただけで分かりますね(笑)
結構、キパッと好みが分かれるブログなんですけど。基本、アブノーマルな話が多いのでけ***りんさんみたいな読者様は大歓迎です(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡また遊びに来てくださいね♡

2016/04/22 (Fri) 12:31 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

サスム様

サスムさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

くみちゃんさんにお祝いコメント有難う御座います(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡
駆け付けて下って感謝感激です♡
今回は需要に沿って書いてみました(笑)
でも水面下では相変わらず需要と逆行している私です(๑¯ω¯๑)
前にサスムさんと話した雄々しいチャンミンが、実は私も好みでして///
でも実際はそんな雄々しいのに受けのチャンミンって恐らく書いた事は無いのかも?と。
だからこそサスムさんの書くチャンミンに「あぁ〜」と感嘆するんだなと思ったんです♡

って、感想の返信を(笑)
えーっと、シムのネットのmessage!
まったくね(笑)変態なチャンミンが好きなんです(〃艸〃)ムフッ
しつこくしつこくプレイを書いても楽しいんですけど、お祝いのお話だったのでサラッと済ませました(*´罒`*)ニヒヒ♡
そーなんです!感情を蓋したりこじ開けたり。
開拓されるチャンミンに萌えましたよ♡

遊びに来て頂けて嬉しかったでーす♡ではまたଘ(੭´・J・)੭* ੈ✩‧₊˚

2016/04/22 (Fri) 12:44 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

くみちゃんさん、良かったね♡トンペン愛は深いですね///
本当に……くみちゃんさんは伝説無しでは生きて行けないと私は冷静に思っております(笑)
来年は多分気付くよね?って来年もやってんのかなw(゚△゚)w ??
無くてもLINEやAliさんやゆんちゃすみさんの所でワイワイしましょう♡♡

一見クールで、蓋を開けたら淫乱///それが私のチャンミンのイメージ!!
しかもくみちゃんさんが指摘するように、このシムはサムシン期辺りのデレデレシムになる過程を書いてみたんです。
ゆんちゃすみさんは儚いシムを書くと思ったので、くみちゃんさんが好きなもう一つの素直になってデレデレなシムを挑戦してみたんですけど、、、なってましたかね(笑)?
ユノの願望(笑)!!ねー、リアルでもそうであって欲しい〜〜

免許証!
後で…見てせね♡

2016/04/22 (Fri) 12:51 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/22 (Fri) 15:11 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

ひまさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

ひまさんごめんね・・・ค(TㅅT)ค夜に返せるかなって言ったのに、、、
スマホ弄ろうとすると「おかあさーん!ダメー!」って泣かれてそのまま寝かし付けて寝ました(๑¯ω¯๑)うううう。

おまけ編、ほっこりの巻です♡
『柔らかい心とカラダ〟で抱かれて』やーん、名言だわ///
そうそう、意図する所はそんな感じです!!
今まで誰かを好きになるのが怖くて頑なだったチャンミンの心をユノが溶かしてくれたんですね♡
布団から丸い頭がぴょっこり(笑)そうそう(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

へへ、ひま日記ですね♪
エピを元にお話書きたいって話していた頃はもっと純粋な純愛を書けていた筈だったんですけど、今はアブノーマルで少し屈折した愛ばっかり書きたい傾向にあります(+_+)
ピュアなラブストーリー…書けてませんねค(TㅅT)ค
ひまさんのコメントは私も読み返しますよ///
疑似恋愛体験できますから♡

2016/04/23 (Sat) 06:32 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

祝!くみちゃんバースデー

コメント遅くなりました。
すみませんm(__)m

兎にも角にも、くみちゃんハッピーバースデー!!
おめ!おめ!!
本当に仲良しですね❤️
こんな風にされたらめっちゃ嬉しいですよね〜〜!

男に無理矢理開拓されちゃうシム❤️
しかも多少手荒にとか、ムッツリ変態ぶりがたまりません、、、
ちゃんと解さなくて叱られちゃうとこが1番好き❤️笑
変態なコメントですみません。m(__)m
くみちゃんのおかげで素敵なお話をお相伴あずかれて嬉しいです。
ご馳走様でした❤️

2016/04/24 (Sun) 08:14 | ホランイ #- | URL | 編集 | 返信

ホランイさん ありがとう♥

あゆさんこんにちは♡(๑¯ ³¯๑)
なんですって!!ホランイさんまで
お祝いコメントしてくれてる
ですって❣わーい🙌わーい🙌
ホランイさん
わざわざお祝いコメントありがとう
ございます♥
ホランイさんと同じ4月生まれでした٩(。•ㅂ•。)و
あゆさんのブログでコメントをしてから
知合った仲間達と今こうして
ずっとずっと前から知ってる仲間のように
毎日毎日LINEでですが
会話してるのが未だに不思議な感じです♡
これも東方神起の縁なんですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
それに ホランイさんやサスムさんと
まで知り合えてほんとに嬉しいです。
まさかホランイさん達がれいさんと
繋がっていたのもまた驚きでしたけど(笑)

ホランイさんのお話も楽しみに待ってますからね!
わざわざお祝いコメントありがとうございました♡(๑¯ ³¯๑)


2016/04/24 (Sun) 10:45 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

ホランイ様

ホランイさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

うふふ♡くみちゃんさんからも御礼が届いてますが、私も嬉しいです(〃艸〃)ムフッ
サスムさんとホランイさんの友情のように長続きしたいですね♪

ぶふっ(笑)わー、、嬉しいです( ̄m ̄〃)
そこ、食いついてくれるって///
どうしても変態チャンミンに萌えると言いますか(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
ついつい、鼻息を荒くしながら私が書いちゃうんですよね♡
あんな綺麗で可愛い子が変態とかいいなぁ〜と(笑)

ま、こんな感じで水面下でむっつりと書いてます(。 >艸<)
そろそろ私もホランイさんのイチオシ作品に手を出しちゃおうかな・・・ドキドキ♡
その時はコメントします♡

2016/04/24 (Sun) 14:28 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/26 (Tue) 14:47 | # | | 編集 | 返信

じゅ***様

じゅ***さんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

非公開でお祝い(≧∇≦)!!あはは、じゅ***さん、、面白いですね(笑)
友人に代わって御礼申し上げます♡(*´罒`*)ニヒヒ♡

あぁ〜…確かに!
じゅ***さんとの縁が出来たお話は一番純情路線だったかもですね( ̄m ̄〃)
寧ろ、あれは別の人格が書いていたと思いたい位です(笑)
普段の私はFeelingの様な変態な二人ばっかり書きたいですもん(*´д`*)ハァハァ

読んで頂けて嬉しかったです♡

・・・え(笑)じゅ***さん、3話もあるの(๑¯ω¯๑)??
私は1話なのですけどぉ……ほほほ。とほほ。
楽しみです♡

2016/04/26 (Tue) 20:53 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント