2016_02
06
(Sat)00:00

迷い猫 #6







「お前…飯は?」

「食ったよ」

「あっそ」

先を歩き出した奴からは油や食べ物の匂いが浜から吹く風に乗って俺の鼻先を掠める。

こいつっていつも食べ物の匂いに包まれてんだな。
何処に行っても餌には困らない猫って居るけれど、そう言うタイプかも。

生き抜く力を持ってる、それがこいつ。

チャンミンなんだ…

「なぁ、少し当たって行かないか」

俺は顎で坂の下に広がる黒い海を指した。

チャンミンはコクッと頷いて、海へと繋がる近道を下り始める。



日中は子供達のはしゃぐ声や、海鳥達の賑やかな鳴き声が響き渡る砂浜なのに。

今は暗く深い海から押し寄せる波の音だけが静かに二人を迎え入れる。

砂浜に腰を下ろすと、ひやりとした感触が指先に心地良い。
あいつはサラサラと砂を指の隙間から降らせて遊んでいた。

「アルムさんの所で働くのかよ?」

奴はコクッとまた頷いて。

「男手があると助かるって言ってたから、使ってくれってお願いしたんだ」

「ふぅん…」

「…何?嫉妬してんの?」

「なっ、」

「ははぁーん」と大袈裟に頷いてみせ

「だからさっさと帰らせたんだな?」と俺を白い眼で見つめる。

俺は何も言えなかった。

本当はお前を早く連れて帰りたかったとは、決して言える気がしなかった。


それなのに。

「器がちっちぇぞ、ユノ」

月明かりに照らし出されたあいつの笑った白い歯が輝いていた。

そして…

『ユノ』、そう呼んだあいつの顔が月よりも綺麗だったんだ。

だから

「…帰るぞ」

差し出した俺の手を、握り返したチャンミンを迷う事なく。

連れて帰った。







「…俺、今日は結構疲れてんだけど…」

「分かってる」

「じゃあ…何で…?」

「ちゃんと勉強したから、かな」

「ハァ…、じゃあ何で後ろから挿れようとしてんだよ?」

「その方が奥まで入るって書いてあったから」

「ハァ!?ったく、、自分優先かよ、、」

風呂上がりでボスッとベッドに沈んでしまった体からは疲労の色が滲み出ていた。
と、同時に手負いの猫みたいな弱々しさがかえって俺の性欲を煽る結果になり。

今、こうして奴の身体を貫いている最中であった。

そんな俺に呆れたのか、奴は腰だけを浮かして四肢は投げ出したまま。
けれど揺さぶるとそれなりに淡い吐息を出してくれるのだ。

「…今度はゴム付けてからにして欲しい…」

「そんなのねぇよ」

「じゃあ買えよ…」

「じゃなきゃやらせない」と付け加えられ。「今日も駄目か?」と繋がったまま聞くと。

「………馬鹿…ヤロウ」

と、枕に突っ伏した。

気持ちいいって、言えばいいのにな…頑固な奴。

後ろからその細い腰を抱え、予習した通りにゆっくりと出し入れをしながら目的の物を探す。
あいつはその微妙な腰の動きでそれを察したのか、身体をくねらせて回避しようとする。

けれど、遅かった。
俺の方が見つけるのが先だったんだ。

あいつの感じる所、すなわち前立腺を発見した俺は重点的にそこ攻め始め。
枕に突っ伏したままの奴からはくぐもった声が漏れ出る。

頑固な奴め…

枕から引き剥がしたくて、腰を掴んでいた手を一旦離し、そのままあいつの昂りに手を掛けた…までは良かったんだけど。

やんわりと握り込んで数回上下に扱いただけで、背を弓なりに反らせてあいつは達してしまったんだ。

と、同時に俺を咥え込んだ後ろの穴がきゅうきゅうと凄い力で締め上げるもんだから。

「ぅ゛」

情け無い事に、俺まで道連れ。
最後の一滴まで搾り取るようにして、尻の肉は俺の竿を離さず。

既に倒れ込んでいたあいつの身体に覆い被さる形で気を失ったんだ。

脇腹に鈍い痛みが走って、チャンミンに蹴られたと分かったのは気を失ってから三時間後の事だった。

でもあいつは

「全然学習してねぇなッ!次また中出ししたらブッ殺す!」

そう吐き捨てて風呂場へと消えて行った。

次、かよ。

残された俺はくくっと枕の下で笑った。



そして朝、目が覚めると。
肩の触れ合う距離であいつが気持ち良さそうに寝入っている。




201602021318339a2.png




ユノはその変わらない光景にホッとした。

そして、その日の朝食はユノが作ったのだった。
 けれど、それをチャンミンが口にしたのは太陽が頭の上に昇ってからだった。

「あいつ、本当に買うのかな…?」

焦げた目玉焼きに齧り付きながらチャンミンがポツリと呟いた頃。

ユノは人目を避けてこそこそと薬局で買い物をしていたのであった。


その夜、ユノがチャンミンに爆笑されたのは言うまでもない話。

そして、ゴムを付けるその背中をチャンミンが優しい眼差しで見つめていたのを。

ユノは…

知らない話。














にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ


関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

No title

あーはーはーはー、ほんと微笑ましいこと。
ゆの、お誕生日おめでとう。
こちらのユノはいつかしら。

2016/02/06 (Sat) 01:56 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

mamさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

プッとかぶふって感じに笑って貰えたら嬉しいです\(//∇//)\
のどかでしょう(笑)そして微笑ましい(笑)

ユノ、お誕生日おめでとうございます💓

こちらのユノは夏…ですからね(笑)
でもそれも一応意味があるような〜〜♪ま、後ほどかな?
でも、夏に桜の花びらは変ですか(笑)?

2016/02/06 (Sat) 09:05 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

No title

わたしにとってこの花びらはあゆちゃんの象徴だから。
大好きだよ。

2016/02/06 (Sat) 09:20 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

でへへ///mamさん…\(//∇//)\

もう直ぐ一年なんですね〜この時期が来たかぁと思いました!

2016/02/06 (Sat) 10:42 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ユノお誕生日おめでとう🎂🎂🎂🎉

ユノお誕生日おめでとう🎂🙌🙌🙌
あゆさん ユノもとうとう30歳だね󾫴
韓国では31歳かなぁ〜
今日チャンミンから ユノに連絡あるかなぁ??
去年はツアー初日だったから
きっと二人で御祝いしたよね(//∀//)

あゆさん なんだか このお話しのチャンミン
(=^・^=)はユノをずっと前から
知っててずっと好きだったのかなぁ?
って感じがするんだけど?
口は悪いけど ユノに優しいし
結局ユノがしたいと言えばいう通りに
するし 背中で気を失ったユノも
3時間寝かせてから 起こすし♡(๑¯ ³¯๑)
ユノ自分がチャンミンに挿れたまま
気を失うなんて………(¯―¯٥) だめじゃん🙅

海に行った時も チャンミンに
手を差し伸べて一緒に帰ったり
チャンミンがゴムしないと もうしない!
って言ったら 薬局でコソコソゴム買ってくる
ユノが可愛いなぁ〜。:+((*´艸`))+:。
その姿を 優しく見守る
チャンミンにも(・∀・)モエッ(・∀・)モエッ💕
最後の終わり方が とっても
好きでした(๑•̀ㅂ•́)و✧

あゆさん スタポのユノが
誕生日の🎂を食べさせたら
めっちゃ喜んでて可愛すぎる(♡ˊ艸ˋ)むふッッッ♬*
もう一回食べさせてあげないとねっ♡(๑¯ ³¯๑)
だんだん あの髪型にも免疫が
ついてきましたよ( ̄∀ ̄;)
洋服もお誕生日プレゼント🎁に
買ってあげなきゃ(๑•̀ㅂ•́)و✧

2016/02/06 (Sat) 13:49 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

ユノさんお誕生日おめでとう御座いまーす💓💓💓
男はこれからですよね\(//∇//)\!!若くて張りのあるユノも好きですが、年相応におじさん化してるユノもいいです💓
チャンミンからお祝い貰ったかしら(*´д`*)ハァハァ

チャミ猫可愛いでしょう(。 >艸<)
ユノお巡りさんには甘いのですね〜〜♪
何しても許してくれるのに悪態ばっかり(笑)なんでかな??

ユノお巡りさんは真っ直ぐで分かりやすい人(笑)
ほんわかして貰えてたら嬉しいです💓

そうそう(笑)スタポのユノも免疫がついて来ましたよね(≧∇≦)b OK
じゃんじゃん稼いでいい服着させよう♪♪
オンニのシム様のブーツ良いよね〜

2016/02/06 (Sat) 16:32 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/06 (Sat) 21:52 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

ひまさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

昨日はユノセンイルでしたね💓
そして、素敵な素敵なお話を有難う御座いました(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡
このお話を読んだのは今朝だったんです(xдx;)やはり風邪薬の所為で忍者と一緒に寝落ちしてしまいまして…
朝からほっこり、そしてじんわり…💓
ユノとチャンミンの想いが奇跡を起こしてくれたのね( *´艸`)と優しい気持ちで目覚められました♪♪

ひまさん、ユノのお誕生日に素敵なプレゼントを有難う御座いました(*˘︶˘*).。.:*♡
これも保存しておこう♪♪にひひ。

2016/02/07 (Sun) 10:02 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/08 (Mon) 01:25 | # | | 編集 | 返信

yu***様

yu***さんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

近頃、パス申請のブログにお邪魔させて頂けるようになったんですけど…そちらにもyu***さんのお名前を発見して驚いてます(笑)!!
凄いですねyu***さん(*゚Д゚*) !!!!

そんなyu***さんのハートを奪えて嬉しいです💓
なんとなーくさり気なくほんわかが投下されていて、噛めば噛む程味のある書き方を目指してるので、お褒め頂けて喜んでます♪♪♪
ぷっ、とかホッとか、和んでくださいね💓

2016/02/08 (Mon) 15:25 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント