2016_02
02
(Tue)00:00

迷い猫 #2







『ユノちゃん』

あー・・・アルムさん…?

『ユノちゃんなら…あたし…』

えっ…アルムさん、、えっ、うわっ…すごっ、、きつっ……

「あっ、キツイ?」

ん?

「その内緩くなると思うんだけど」

は?

「ちょっとは我慢しな、すぐに気持ち良くしてやるから

・・・っ!?


目を開けてしまってユノは酷く後悔したと思った。
何故ならそこには夢の中で描いていた美人女将では無く、紛れもなく正真正銘の男が…

自分の上に跨っていたからだった。

しかも、あろう事かどうやら自分の身体の一部がその男と繋がっている感覚があるのだ。

そして男は息を深く吐きながらユノの屹立しきった性器を奥底へと沈めている最中だった。

目に飛び込んでくるその映像やら、狭い局部の圧迫やら、とにかくそれだけでユノの思考は飛ぶ寸前に追い込まれてしまうのに。

男がみちみちと咥え込んだのを確認するや否や、安堵の表情を浮かべながら突然自身の反り勃つ性器を扱き出すものだから。

ユノを咥え込んだままの尻がきゅうっと締まる。

ユノにとって、その全ての刺激が強過ぎたのだろう。
言葉を発したのか訳も分からないまま。

意識を手離してしまったのだった。




ん…なんか重い…

いつもの時間にセットしたアラームが鳴り響き、それを止めようとユノが手を伸ばそうとするのに何かがのし掛かっていて思うように身体が動かない。

「んあっ!」

力任せにそれを押し退けると「グェッ」と、まるでヒキガエルのような声にユノは青ざめた。

夢、じゃねぇのかよ…

ヒキガエルの正体は、昨晩交番に預けられた猫。いや、謎の男。
いや…チャンミン?だっけ。

そいつだった。

しかも…俺もお前も真っ裸ってぇー!?

あぁ、、頭が痛い、、、
頼むから夢だと、ぜーんぶ悪い夢だったって誰か言ってくれよぉ……

「むっ、失礼な奴。夢じゃないって。ちゃんと気持ち良くなっただろ?」

思わずユノは自分が灰になって消えてしまいたいと願った。
それもその筈、すかさず奴は朝勃ちのユノの性器をパクリと大きな口に飲み込んで。
見せ付けるように丹念にねぶってみせるのだ。

「あ、、ちょっと待てっ、、!」

「お預け?りょーかい」

「ぅっ…ちがっ、、いや、違わなく……」

「なぁ、どっちよ?」

「う゛、、おまっ、、」

俺だって男なんだ!朝から勃つのは生理現象ってやつで、、
かと言ってここで放置されんのもつれえし。
うー、ぅっ…

奴は口からスポッと抜き。
テカテカと光る性器を指先でちょんちょんと軽くつついて遊びだした。

「猫じゃらしじゃねぇ!」

俺はもう半ばやけくそで、笑いを噛み殺すそいつの頭を押さえつけて可愛くない事を言う口にそれを突っ込んでやったんだ。

猫じゃらしを。いや、俺のチンポを!

「ちょ……待てっ」

そしたら奴はここに来ていきなり抵抗を見せてくるから頭にきて。

「何だよ!?」

って、言ったら、、、奴は人差し指を外に向けていて。

俺はその指の方向へと、顔を向けて…固まった。


今日は白い歯じゃなくて、目を剥き出した子供達がそこに。

居たんだ。

「うぞっ‼︎」

「わ~~~‼︎ユノがぁーーーーっ」

「待てっ、、おいっ、、待てって、、人の話を聞けぇ~~~っ!」

網戸にしがみ付いていた子供達は、ワーッと一斉に蜘蛛の子を散らすように駆け出した。


20160129151336df4.png



「暑い夏だもん…寝る時は夜風と扇風機だろ?
まさか…寝室の網戸越しに覗かれるなんて思って誰も窓を開け放した訳じゃないんだよ…」

残されたユノは誰も居なくなってしまった戸外に向けて、誰に聞かせるでもない言い訳をぶつぶつと呟くだけだった。

けれどただ一人。

それを聞いてユノの後ろで笑い転げてる奴の存在に、朝から雷を落としたのは言うまでも無い。

ま、後で聞いた話だけど。奴の言い分としては【一宿一飯の恩義】だったそうだ。

「だってさぁ~寝言言いながらチンポおっ勃ててんだぜ?慰めてやろうかなって思うんじゃん」

とか言われて、俺はなんて答えればいいんだよ…泣けてくる…

ぜってー間違っても「ありがとう」なんて言わねえからな!

ユノは結局、日課の巡回でブミさんに会う前から腹の立つ事を抱えたまま交番を後にしたのだった。



けれど、直ぐにユノは気付いた。

降りかかった災難はそれだけでは終わらなかったようだと。
島の人に会うなり投げ掛けられた言葉で知ってしまったのだ。

「おっ!ユノも水臭えなぁ~そっちの趣味があるんなら早いとこ言えっつうの、なあ?」

「あぁ、そうだぜ!どうりでお前に女を紹介しても上手くかわされてた訳だよなぁ。なんだよ、そっちの方が好きなら好きって言えよ!ホモでも俺達は全然気にしねぇからな!ガッハッハ‼︎」

あったま…いってぇ。

今日はギコギコと煩く鳴く相棒が嫌に頭に響いたのだった。


散々あちこちで誤解を受けながら、それでもまた昨日と同じようにブミさんの姿を見つけるとつい声を掛けたくなってしまう。

「ブミさん…」

「何だい、今日は一段としけた面してどうしたんだい?」

「ん、別に何でもねえよ…それよりさ、旦那さんとちゃんと仲直りした?」

「はぁ、ユノヤ。またその話かい?あっちが折れなきゃあたしは気が済まないんだよ!」

「もぅ。この頑固者め…っ」

「ったく、怒るかしょげるかどっちかにしたらどうだい?」

「…へ?」

「彼氏とイイコトしてる所を見られたからってそれがどうしたってんだ!?もっと堂々としてりゃいいのに、全くあんたも情けないね‼︎」

「か、かれしぃ!?ばっ、、バカヤローッ!違うわいっ!!!」

「あらなんだい、彼氏じゃないのかい。じゃあセフレってやつかね?」

「セッ、、、!?もういいッ!」

「アッハッハ、ユノヤ!恥ずかしがらなくていいのに!もっとゆっくりとお茶していきなってー」

ユノはブミさんの高らかな笑い声を背に、もう足は自転車へと向けられていた。




「皆、寄ってたかって‼︎俺はホモなんかじゃねぇーッ!!!」

大海原は今日も穏やかな波だ。
ユノの腹の底から出た叫びさえもすっぽりと覆い包む雄大さがそこにはある。

「あ・・、居た。あいつら、、」

夏の陽射しで乾き切った砂浜は、走り出したユノの足でサラサラと舞い上がり。
ぷんっと薫る潮風は、怒りで我を忘れて一気に斜面を駆けおりるその身体に優しく纏り付くのだった。



「あ!ユノだぁ~~今日は一緒に泳げるのぉ~?」

ハァハァと全速力で波打際に辿り着いたユノを見て、子供達は相変わらず呑気な事を言って来る。

「な、、、おまえらなぁっ、、ハァハァ…あち゛ぃな…くそっ」

うーっ、と呻き声を上げて結局ユノはばたりとその場に仰向けに倒れてしまう。
こんなに本気になって走ったのはいつ振りだろう。
昔はこの俊足を買われて、よく上司から褒められたものだった。

ふと、そんな遠いような近いような曖昧になってしまった記憶が蘇り。
今見上げている広い空の下で、何だか自分がいたく感傷的になっているのが馬鹿馬鹿しいと思えた。


「ユノぉ…?何してんの?」

いつの間にか自分の周りを囲むように海から上がった子供達が見下ろしていた。

「あー・・、空が青いなぁ…って、違う!お前らなー‼︎何勝手に人の家に知らない奴をあげておいて、ある事ない事を喋り歩いてんだーッ!!!」

急に起き上がったかと思えばプンプンと怒ってみせるユノに集まった子供達はゲラゲラと大笑いをした。

そして、そのうちの一人がこう言うのだ。

「俺達は見たまんまを話しただけだってーっ!ユノがチャンミニヒョンにチンチンを突っ込んでたって‼︎」

「ぅ゛っ・・・」

確かに、間違いは無い。

ユノはその場に膝から崩れ落ちた。









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

あーはーはーはー
あーおかしい。おおらかだね。
おすまし猫は舌なめずりしてるし、
子猫たちはやんちゃだし。

2016/02/02 (Tue) 00:40 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/02 (Tue) 06:01 | # | | 編集 | 返信

一宿一飯の恩義……確かに( ✧Д✧) カッ!!

あゆさん オハビーーム( ✧Д✧)———☆
もぉ なんですか? この二人( ̄∀ ̄;)
もぉ小さな島だから 子供達に
見られて みんな噂になってるじゃん( ̄∀ ̄;)
ブミさん セフレって!!知ってる所が
凄いわ( ✧Д✧) カッ!!
もぉ ゆんちゃすみさんの言ってた
猫じゃらし……お見事的中🙌🙌🙌

寝言言いながら あそこも勃てて
ユノさん相変わらず元気だわ〜( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)
チャンミンも一宿一飯の恩義を
身体で返してあげましたとさっ(´▽`) '`,、'`,、
でも最初の1回は ユノさん自分が入れといて
記憶飛んだってあーた………( ̄∀ ̄;)だめじゃん


あゆさん 昨日の夜にまた例のホ氏達と
ボーリングに行ってましたねヾ(。`Д´。)
ボーリング好きなんだね……(o ̄∀ ̄)ゞ
まぁユノさんがリラックスして
休暇を楽しんでるのは嬉しいんだけど
やっぱり チャンミンと逢ってて
欲しかったなぁ。゚(゚´Д`゚)゚。

2016/02/02 (Tue) 10:11 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

mamさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

クフフッ、笑って貰えて良かったです(〃艸〃)ムフッ
淡々としながらもその中にクスッとした笑とか萌えとかを込めて書いたので伝わって嬉しいですね〜♡
しれっとしたチャミ猫と振り回されるユノお巡りさんです♪♪

おおから、良い言葉ですね♡

2016/02/02 (Tue) 12:48 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

na***様

na***さんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

そうなんですよ( ー`дー´)キリッ!
今回のはめちゃめちゃ展開早いですよ〜〜!見逃すとあっという間に終わりますからね(笑)
でも、一気読みして貰ってもいいぐらいの気持ちで更新してます(〃艸〃)ムフッ

おー。せめてカーテンくらいは付けましょうか(笑)ね♪

2016/02/02 (Tue) 12:52 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

くみちゃんさんこんにちは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

仕事に復帰しました〜!でも全然溜まって無くてホッとしました(。 >艸<)しかもボスも来ないし。
でも仕事はあるのでも黙々とやっております♪

えへ(*ノ∀ノ)♪
猫じゃらし〜♡あんなのが猫じゃらしだったら大変ですけどね(笑)‼︎
やっぱり同じ思考回路なのがゆんちゃすみさんだとこれではっきりと証明されました(*≧艸≦)
ユンポウ=猫じゃらし。それはチャミ猫限定と致します。
決して、ほずんさんには渡しません!!
ユノさん…プヨってたなぁ(笑)艶艶でツルツルの顔して「イチゴ」を頼むユノさんが好きです…♡

ブミさんって結構なお歳なんですよ〜。
でもテレビのドラマです色々とお勉強してますからね(๑°ㅁ°๑)‼✧
私のお気に入りのキャラです♪♪

2016/02/02 (Tue) 12:58 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ブミさん!!

あゆさん、こんにちは♪

一宿一飯の恩義!えーえー、お世話になったのだから、お礼しませんとね♪体で……(。-∀-)ニヒ♪
ここで、チン〇と書くとね、不正コメントになりますからね……(笑)伏せ字で!ちゃんと、隠れてるかしら?
猫じゃらし……(笑)ゆんちゃすみさんが、言ってたとおりに……ウブ、て言ってたかたがね……(笑)
ブミさん、セフレって言葉知ってたんですね~
ブミさんみたいに、あっけらかんと言えるのて、好きだな~ブミさんに、悩み聞いてもらいたいわ!

田舎では、暑い夜は、窓開けて網戸で寝ますからね~
子供が見ていたとはね……
口に突っ込む、衝撃な場面。みんなに、言いたくなるよな、子供は……(笑)悪気ないでしょうから。

2016/02/02 (Tue) 13:20 | れいか #ZWYNVvrI | URL | 編集 | 返信

大好物

あゆさん、こんにちは

超好きです!私!!
テ〇ンちゃんを...じゃなくって!!!このお話のユノさんが大好物です(∩´∀`∩)*゜

シムコヤンイという...どこか影のある謎の男に跨られたにも関わらず!そして覗き見されたにも関わらず!せっかくだから味わおうなんて超ポジティブなんだもん٩(>ω<*)و

私も悪ガキ共に混じって見ていたい

シムネコじゃらしユンポ君の登場に悶えております!思考回路が同じ...あゆさん、褒め言葉ですよね、?!そうですよね?!(。-∀-)

変態...じゃなく、純粋だからこそ出てきた発想ですよね?!

そうだと言ってぇぇΣ(゚∀゚ノ)ノ

2016/02/02 (Tue) 13:55 | ゆんちゃすみ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/02 (Tue) 15:30 | # | | 編集 | 返信

こんばんは(≧∇≦)

島の子供達…「チンチンを突っ込んでた」…確かに見たまんま…ですね(≧∇≦)
島の人達は「ユノはそっちか〜(≧∇≦)」なーんて、そんなこと気にしちゃいねぇ〜って、おおらかさがいいなぁ〜( ´▽`)
なごみますぅ〜(^ν^)

2016/02/02 (Tue) 20:40 | カプリコ #- | URL | 編集 | 返信

れいか様

れいかさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

うーん、寝かし付けてる側の私が先に寝落ちしてしまいました(+_+)もうこんな時間…!!

ぶふふふふふーっ////伏せ字有難う御座います(〃艸〃)ムフッ
毎度毎度伏せ字無しで投稿しちゃうのはアリですかね(艸д゚*)??
せめて伏せ字にしたらいいのかな・・・チン◯チン?あれ?誰かさんみたいに伏せれてない(笑)

ねー、れいかさん(*≧艸≦)!ウブって言ってた人がね!?
同じ発想してたんですよ?どう思います???
それって変態だと思いませんか(´、ゝ`)ふw??
え?私も??それは認めます( ー`дー´)キリッ

ブミさんいいでしょう(*˘︶˘*).。.:*♡推定年齢は…あれ?何歳だったかな!?その内分かるかも??です(〃∀〃)ゞ
今度、こっそりブミさんに何か相談しましょう!バッサリ切ってくれそう(笑)

うんうん。田舎の子供達に悪気なんて無いです!
突っ込んだユノが悪い(〃艸〃)ムフッ

2016/02/02 (Tue) 23:32 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ゆんちゃすみ様

ゆんちゃすみさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

えっと、伏せてますけどバレバレですよ(。 >艸<)ゆんちゃすみさんがあの子を好きなのはみんな知ってます!!!
カリスマコメンテーターからバラされまくってるじゃないですか(笑)!
今更、何を伏せ字で誤魔化してるのやらヾ(≧з≦)ゞブッ

え?このエロポリスが好きなんですか(〃艸〃)ムフッ??
お目が高い💓でもまだ序の口です。んふふ♪
凄いポジティブなのがこれから分かります♡

同じ発想…つまりゆんちゃすみさんもど変態です!!!
何故かって私が…旦那から「変態はあゆちゃんでしょ!」と朝から意味不明な事を言われましたil||li(ФДФ;) il||li
あれー、バレてる!!?とアセアセしましたから。
身内に爽やかな朝から言われるんですよ?どうしますこれ。
何もしてないのに・・・

島の子供達に混じって、大人が居たと島の噂話に聞きましたが…まさかね…

2016/02/02 (Tue) 23:39 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ひま***様

ひまさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

勿論、キジトラで全然いいんですよ(。 >艸<)!!
この島に馴染むには確かにキジトラチャミニャンの方が合ってますから💓
愛くるしい奴なんです///💓その魅力を充分に引き出してあげれてるかなぁ〜〜〜ドキドキ!

素敵な画像にこのギャップ(笑)お笑い方面じゃないです。ちゃんとシリアスに向かいます(〃艸〃)ムフッ
その時にこの画像がマッチしてくれるといいなぁと♪え?スニーカーブルース?そのマッチじゃないですからね(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

と、冗談はここまでにして(艸д゚*)
ちょちょちょ!ノー勉君!貴方それは立派なデートで、しかも歳下ぁ!?
これは明日、別のルートで突っ込ませて頂きます!!!!
だってひまさん含めて諸々、面白かったんだもーん(T▽T)アハハ!
なので、今夜はこれだけ💓

2016/02/02 (Tue) 23:45 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

カプリコ様

カプリコさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

子供達に間違った事は言い触らしてませんよね(´、ゝ`)ふw
だってその通りなんですもん(笑)!!
ユノ、ドンマイ(T▽T)アハハ!

ね♡島ならでは?沖縄諸島とか暖かい地域のあの穏やか〜な、おおらかな雰囲気をイメージしつつ、そこはでも韓国人のハキハキとした物言いを含めたら。
こんな感じになりました(〃∀〃)ゞ

カプリコさんはチャミペンさんなんですよね?
こんなチャンミンはアリですか(艸д゚*)?

2016/02/02 (Tue) 23:49 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント