2015_10
07
(Wed)00:00

Sirius~星がくれた恋~ #23





呼吸が苦しくなると唇を離し。

その隙に自分の服を脱ぐ。

チャンミンが素肌を晒すとユンホも同じく着ている物を脱ぎたがった。

ユンホのシャツを脱がせ、裾が濡れたズボンにも手を掛け。

下着毎、一気に脱がせたのだった。















「っ…あっ…っ……、んっ………あっ…」


ハッ、ハッと短い呼吸を重ね。

チャンミンは2つの滾る熱を扱き上げる。


手の中で滑る度にユンホは荒い息を吐き。

それをチャンミンは無我夢中で塞いだ。


舌に絡み付く滑りが頭の芯までも溶かし。

ユンホは快感に震えながらチャンミンの体にしがみ付く。

そして、肩に項垂れながら甘い吐息を漏らし。

もう限界が近いことを知らせてくる。


その合図にチャンミンの手が一気に快楽に向けて扱きを早めると。

一層ユンホの手にも力が入り、チャンミンは尚更燃えたのだ。

口内を掻き回すような激しいキスを与え続けながら震えるユンホを絶頂へと追い詰めるのだった。







*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*





「んっ…」


ユンホが寝返りを打とうとすると何かに包まれていて身動きが取れなかった。

すると、その何かはモゾモゾと動き出し。


「目が…覚めましたか…」


ユンホ同様にまだ脳が覚醒しきらない様子のチャンミンが居たのだった。


「あれ…俺…えっ、、!?」


ユンホの体はすっぽりとチャンミンの腕に包まれており。

しかも直に伝わる温もりがチャンミンの素肌である事に驚きを隠せない。

そして自分自身も一切何も身に付けていないという事実にも驚いた。

しかも、ユンホの股の間にチャンミンの細い脚が挟み込まれ。

お互いの触れ合っている部分は朝の生理現象によって自然と擦れ合っていたのだった。


「昨日の事、覚えてませんか?」


ユンホは一瞬考えた。


「熱出て、、、で……ごめん…その後がよくわからない…」


「そうですか」


「…でも、うなされながら…変な夢…見たかも…」


「変な夢ですか…どんな?」


するとユンホの顔はみるみる赤く染まり。

耳まで真っ赤にして首をふるふると横に振り出す。


「…言えない、お前には絶対に言えない…」


「へぇ…僕には言えないような?その夢、僕が当てましょうか」


「えっ」


「最初に、何で裸でいるのかってそっちを聞いて来ると思ったのに…先生は面白いな」


くすくすと笑い。

チャンミンが腰を動かすと先走りの露がぬるりとそれに擦れる。

ユンホの口から堪らず溜め息が漏れたのをチャンミンは聞き逃さなかった。


「昨日は2人で気持ちいい事をしたんです…熱がある先生に無理をさせてしまったと思ったけど、そうでもないみたいですね」


チャンミンに唇を塞がれて強引に舌を割り入られ。


「熱も下がってるし…」


絡み付く舌の体温で熱が引いたのを確認すると。

敏感なユンホの胸にそのまま唇を移動して攻め立て始めたのだった。











「昨日のは夢じゃなかったんですよ、ちゃんと気持ち良かったでしょう?」


まだぐったりとベッドに横たわるユンホを尻目にチャンミンは既に衣服を整え始めていた。


「お前、、、病人になにやってんだよっ…容赦無いな…」


「仕方ないですよ、今はそういう時期なんです」


「…は?」


「盛りがついてるんですよ」


「さ、盛り!!?だからってなぁ、、病人にって‼︎……ったく………なぁ、俺だけにしろよ…」


「えっ?」


「他の奴に盛るなって言ってんのっ‼︎」


「………分かりました、そうします」


ちゅっ…と照れてそっぽを向くユンホに唇を落とし。

チャンミンはコンビニへと出掛けたのだった。



「…ったく、うー・・・っ‼︎」


1人残されたユンホはまた布団の中に潜り込んで丸くなるのであった。







ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

はぁぁん♡

あゆさん、皆さんおはようございます

ちょっと!皆様方!!
熱でうなされている間に美しすぎる小悪魔に先生がおいたをされた模様ですわよ!!

くーーー
あゆさんの文章の真骨頂だと私は思うんです。オブラートで包むように書いて、読み手側の妄想(想像)をかきたたせるというか

それでいて、行為をダイレクトに表現してさらに読み手側をドキドキさせるという感じなんですよね

たまらーーーん♡
だってあのきれいな若チャミが、漁師でも農協の人でも大江くんでもなかった頃のきれいなあの若ユノのアレをああしてこうして…デュフ

ぐったりしている先生を尻目にてきぱきと着衣した様子までリアル感満載で、個人的にはこの描写が、はぁぁん♡でした

ああああきれい過ぎる
あゆさん、ありがとうございます
がっつりエネルギーを貰って、仕事に行ってまいります

2015/10/07 (Wed) 05:53 | ゆんちゃすみ #- | URL | 編集 | 返信

ゆんちゃすみ様

おはようございます(*≧艸≦)コメント有難う御座います♡

ヨカタヨカタ( ̄m ̄〃)
ゆんちゃすみさんをターゲットにしてこの回はオブラートに包んだエロを投下してみたんです♡
伝わってヨカタヨカタ♡

そうそう、盛りのついた小悪魔チャンミンに漁師でも農協でも大江君でもない美しいユンホ先生を絶頂まで追い立てる姿を妄想して悶えますよね(*≧艸≦)♡
すっきりさっぱりした男と、方やぐったりしてベッドに横たわる男。
情事の後って感じがキマすよね??ぐふふ♪

色んな所を端折ると読み手の妄想力が掻き立てられるんだなぁと、ミンホ界の巨匠の作品から学びました!
私も早速実践してまーす♡

取り敢えず、ゆんちゃすみさんが喜んでくれるのが一番嬉しいです+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

2015/10/07 (Wed) 09:08 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

舌の体温で熱を計ってるし(;゚;ё;゚;`) !!

あゆさん 皆さん
アンニョンハセヨ(*´ ˘ `*)
今日も爽やかな秋晴れですよ♡
長崎は今日からおくんち!って祭りが
ありまーす٩(。•ㅂ•。)و☀が良くて良かったです♡
ちょっとちょっと チャンミン!
熱のあるユノさんの服脱がせて
自分のチャンミニと一緒に 抜き合うなんて( ̄□ ̄;)!!
(゚┏Д┓゚;)
された本人は夢と思ってるんじゃないのよ(¯―¯٥)
それに 朝1番であたしのアンテナが
ピコピコ反応したのが 舌の体温で熱を計ってる
所よーーーー(*。◇。)ハッ!マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?
ξξ ๑•́ ₃•̀๑ξ ┣¨キ┣¨キ*󾬚󾬚󾬚
もーう ピコピコセンサーが反応しまくりで
大変なんですけど〜〜??おっ?
朝から熱が下がったのを
確認したから 自分だけ
さっさと洋服を着替えて
その横で まだぐったり横たわるユノに
想像しながらニヤニヤしてますから( ̄∀ ̄;)
えーっと今仕事中の休憩タイムなんだけど( ・ิ౪・ิ)

あゆさん 忙しい中
またまた新作しかもユノがピョンテ( ・ิ౪・ิ)
あたしが好きそう!って
何でわかりましたか??マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?
当たってますよ( ̄∀ ̄;)ハイセーカイ!
可愛い可愛いあたしのバンビちゃんを
ユノ色に染めてあげて!!( ✧Д✧) カッ!!
(♡ˊ艸ˋ)むふッッ
今日は息子の2次試験です♡
体力馬鹿だから ここで本領発揮して
貰わないと!!( ✧Д✧) カッ!!
金曜日は自衛隊の2次試験で土曜日は
体育祭です!!なかなか芸能人並の
スケジュールでしょう?( ・ิ౪・ิ)
サッカーの選手権も もうすぐだし
息子よ!頑張ってくれ٩(。•ㅂ•。)و

2015/10/07 (Wed) 10:19 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

エロい(///ω///)

あゆさんこんにちは\( ˆoˆ )/
病人相手に気持ちいいことしちゃってツンチャミエロ過ぎます(///ω///)
熱で浮かされて喘ぐユンホ先生に妄想が広がります〜
そして!!
夜中三時に苺いただいちゃってるそこの生徒!!
なにやってんすか( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ )
寝込みを襲うとかそんな素敵なこと←
夜の3時のおやつにされるちゃーたんたまらんです♡

2015/10/07 (Wed) 12:33 | しおん #- | URL | 編集 | 返信

チャンミン?!

あゆさん、こんにちは!

あゆさん、なぜ、私の本調子が、体でなく、エロの方てわかったんですか~?
そろそろ、非公開で、ガッツリエロコメしないといけませんかね~

チャンミン、熱で倒れた、先生を襲ってしまったよ。邪魔な物は、全部とってしまってね。
先生のユンホくんと、チャンミニくんを一緒にね…そりゃ、熱でボーッとしてるのに、口塞がれてしまうからね、覚えてませんよね♪
ほら、熱が出たら、汗をたくさんかきなさい、て言われませんでした?
先生は、チャンミンのおかげで、汗をたくさんかいたのですね(  ̄▽ ̄)グフ
熱の計り方も、素晴らしい。舌なんですね。
盛りのついたチャンミン、まだまだこんなものではない!と思いましたが、このお話、純情でしたよね?

今日は、用事が、なにもない!いいですね~♪
チャンミンのアルバムでも、予約しようかな♪
とうとう、きてしまいましたけど。

2015/10/07 (Wed) 13:40 | れいか #ZWYNVvrI | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

こんにちはヾ(*゚ェ゚*)ノコメント有難う御座います♡

全国的に秋晴れで爽やかですね♡
今日も半日なので、ご飯食べ終わるなり速攻鉢の植え替えや剪定をしていました♪
趣味で観葉植物を育てているんですけど沢山増えるので嫁に出すんです♡

ぶふ♡
御宅のチャンミン君、盛りつき過ぎですわよ( ̄m ̄〃)
うひひ、ピコピコセンサーに引っかかって嬉しいですぅ♪♪♪
しかもね、お熱を舌ではかった後にもう一回扱いてるんですよ(笑)
そこ、省略したから伝わっているかなぁとドキドキムネムネなんですけどね(;;;;;°∇°)

深夜のおやつに拍手コメント有難う御座います(笑)
オンニが「ユノが可愛い変態なのよ」って前に言った瞬間、このユノが降って来たんです+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 
で、作ってみました。私なりの変態なユノさん💓
喜んで貰えてヨカタヨカタ♡でもねオチもくだらないから笑ってやって下さいね(笑)

息子君‼︎君の得意分野だねぇー(๑°ㅁ°๑)‼✧
無事に合格して何とか最終まで残りますように!!!!良い報告待ってるわよ〜♪
しかし、ハードだ。誰かさんと一緒(笑)頭文字が「ぶ」って言う人ですよ。ね?

うーーーーー。いよいよチャンミンのアルバムค(TㅅT)ค嬉しいけど、何だか複雑ですわぁ〜〜
もうね、いよいよなのかぁってね。
一緒に乗り切りましょうねくみちゃん(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡

2015/10/07 (Wed) 14:10 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

しおん様

こんにちはヾ(*゚ェ゚*)ノコメント有難う御座います♡

でゅふ♡
熱でうなされてるのか、刺激で飛んじゃってるのか(笑)
ユンホ先生ボロボロですよね(*≧艸≦)
熱出ている時の浅い吐息とかやたらエロく感じちゃうんです。あは(笑)

3時の変態さん(笑)笑ってやって下さい(笑)
オチもくだらないんですよ(〃艸〃)ムフッ
またねぇ、やられてるちゃーたんが可愛くて可愛くて♡
「肉」とか言っちゃってるんですもん(笑)

2015/10/07 (Wed) 14:13 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

れいか様

こんにちはヾ(*゚ェ゚*)ノコメント有難う御座います♡

本調子がどっちを指すのかなんてすぐに分かりましたよ(*≧艸≦)!!!!
だって、れいかさんですよ?あのれいかさんですよ(笑)??
淡々とエロコメを投下してくるれいかさんですよ(笑)!!!!ぶふふ。

あっ、やっぱりそうですよねヽ(〃∀〃)ノ
熱出た時はたっぷり汗かくと治りが早いって。でも体力は温存しなきゃならいんですって。
だからチャンミンも極力体力消耗を控えた手コキにしたんでしょうかね?←ないない(笑)
最後までがっつりやる勢いでしたもんね(笑)
へ?純情物語…?そう言えば…でしたね| |д・) ソォーッ…
弱ったユノを襲うツンチャミ物語になってますね(笑)

何も予定が無い!?珍しいでは無いですか!
うーーーーー。いよいよチャンミンのがぁぁぁ(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡
なんか寂しい気持ちが一気に来ちゃいましたよ。うぁん、チャンミン〜

2015/10/07 (Wed) 14:19 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

No title

こんにちわ~!!!
あゆさん…昨日までは大丈夫だったんです!
今日のは…ダメゾーン突入で断念しましたm(_ _)m

卑猥なお話~\(^o^)/全然大丈夫なのに~♡
なんたって変態LINEの一味ですからぁ( ̄▽ ̄) ニヤ
あのKさんの悪友なんですよぉ!ダメなわけないじゃないですかぁ(o ̄ー ̄o) ムフフ
次からは言って下さいね~☆⌒ヽ(´ε` )チュッ
あと、2話で終わっちゃうなんてぇ…寂しい~(>_<)
変態ユノさんに大いなる期待を抱いてるのぉ( ´艸`)ムププ

2015/10/07 (Wed) 16:33 | Ali #- | URL | 編集 | 返信

Ali様

こんばんはヽ(〃∀〃)ノコメント有難う御座います♡

ふふ、やはり今日のはダメダメゾーンでしたか(≡Д≡;)
でも何とかここまで読んで頂いて嬉しいです♡

えー♡悪友さんにならってAliさんもバリバリオッケーなんですね(笑)
あまりにも卑猥過ぎてお願いするのが恥ずかしかったんです(。 >艸<)
え?まだ読みたいですか??ほほー、需要があるなら続き書いてみようかな…
Aliさん、イメージ画像可愛く全面的にお任せしたいですよぉ〜お願いします♡

やっぱり、蒼い月の画像が頭から離れないんです。
前に歳の差の画像の設定を元に〜って言ってたのがこの画像の方が切なくしっくりきちゃって。
素敵な画像に妄想が止まらないですよ!

2015/10/07 (Wed) 22:15 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック