2015_10
05
(Mon)00:00

Sirius~星がくれた恋~ #21




「ほら起きろ、シャワー浴びるんだろ?」


「……ん、…んん~…」


「こら‼︎また寝るなって、、」


「…ヒョォ…ン…」


「………いい加減に起きないと襲うぞ」


「ッ‼︎」


耳朶にカリッと歯が立てられ、ユンホはあまりの衝撃で目が覚めたのだった。


「やっと起きたか、さっさとシャワー浴びて飯食って行くぞ」


「う、うん…わかった…」


今朝のヒチョルには壮絶な色気があると、ユンホは初めてそう思ったのだった。

まさか昨夜、ユンホの存在でヒチョルが欲望を高めていたとは知る由もなく。

ヒチョルもまた何も知られずに過ごした夜を思い出してはまたぞくりと体を震わすのだった。

それぞれに肌を触れあわせた朝に全く違う事を考える。

これはチャンミンとも過ごした夜にも似ていたのだった。










*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*



「よっ!チャンミンおはよ」


「おはようキュヒョン」


「なぁこの前話してた新しいゲームソフトだけど、土曜日にお前の部屋でやんない?」


「あぁ…ごめん、土曜日は文化祭の準備で買い物に行かなくちゃいけないんだ」


「文化祭?部活のか??」


「そう、プラネタリウムのね」


「へー…そっか。でも夕方には戻って来るよな、帰って来たらやろうぜ」


「分かった連絡するよ」


「了解!おっ、あれユンホ先生じゃん。何で昨日と同じ服着てんだろ?あの変なシャツって確か昨日も着てたよな!?」


「……へぇ」


「へぇってお前…相変わらず他に関心なさ過ぎ!折角、あんなにイケメンなのにわざわざ個性的な服をチョイスするあのセンス、、、ある意味ハイセンスなのかもな…とか思わない訳!?」


「無いね」


「うわっバッサリ斬った、、冷たいなぁチャンミンは」


「興味無いものは無い、仕方ないだろ」


「はーっ、流石だね。お前の心には誰一人住めやしないよ。このツンツン王子が‼︎このっこのっ、少しぐらいモテるからってなぁ~」


「ふふ、醜い嫉妬はやめたまえキュヒョン君」


「おっ、馬鹿にしたな!?逃げんなこのっ‼︎」


登校中の何気無い朝の戯れ。

同じ校門を目指して少し早めに学校へ向かったチャンミンと。

ヒチョルの家で朝を迎えたユンホ。

ユンホの目には同級生と戯れ合う素のチャンミンが映り。

チャンミンの目には昨日と同じ服を着て気怠さを感じさせるユンホの姿が視界に入っていた。







*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*




「えっ!?今…なんて…」


「だから、土曜日は僕だけで買い物に行ってきますから先生はわざわざ来なくてもいいですって話をしたんです。何度も言わせないで下さい」


「何で!?急にどうしたんだよっ…」


「別に。理由はありませんけど」


「…嘘だ。なんか隠してる。俺また何かしたか?土足で踏み込んだか?」


「はぁ…だから別に何も無いですよ。よく考えたら先生と一緒に行く理由が無いなと思っただけです」


「…本当にそれだけか?」


「えぇ、じゃあそういう事で失礼します」


「あっえっ、、ちょっと待てって‼︎」


「…何ですか」


「俺、待ってるから。約束通り待ってるから」


「………勝手にして下さい。失礼します」



チャンミンの悪い癖。

素直になりたい気持ちとそうなれない自分の狭間で葛藤し。

それを普段は押し殺してやり過ごして来た。

けれど、何故かユンホにだけはそれが出来なかった。

ユンホが昨日どうして自宅に戻らなかったのか。

それをストレートに聞く事が出来ない心の不器用さをチャンミン自身も歯痒く…

結局、ユンホを避けてしまうのだった。




心の奥底ではユンホにもっと触れたいと思っているのに…










ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ



関連記事

C.O.M.M.E.N.T

なんか…

あゆさん、皆さんおはようございます

(´Д`)ハァ…色気のにじみ出るレラ様…
この朝は一段と透明感のある白い肌が際立って、あのちょっとたらこっぽい唇がますます紅く色付いていたことでしょう
(〃ω〃)ウットリ

それでですね
あのぅ…ちょっと思ったのですが
「買い出し1人で行きます」宣言をしてユノ先生を困らせちゃったツンチャミくんなんですけど…
こんな感じでいつも1人で勝手に腹を立てて、ぷりぷりしてへそを曲げる人が、なんかすぐ身近にいる(というか、限りなく鏡に写る姿を見ている)気がするんですけども…

うん、でも気のせいよね?!

しかし…
こうやって、ちょっとしたことに即座に反応して、ツンをわざわざ発動させる事自体が、実は猛烈にその人を意識しているんだということに気づかないツンチャミくん

もはやユノ先生に陥落しかけてきてる…
(〃ω〃)

2015/10/05 (Mon) 06:11 | ゆんちゃすみ #- | URL | 編集 | 返信

ゆんちゃすみ様

おはようございます(*'-'*)コメント有難う御座います♡

ゆんちゃすみさぁぁん‼︎
私、猛烈に感動しております>_<‼︎
ようやくお認めになられましたね‼︎
よしよし、これでやっとセカンドステージに進めますよぉ。゚(p'д`q*)゚。

何度も言ってますけどこのツンチャミ=ゆんちゃすみさんなんです。
自分の気持ちを認めないうちはずーっとツンとグルグルを繰り返す予定でしたが、早くもご自身で自覚されたようなので。
作者もホッとしております+゚。*(*´∀`*)*。゚+

『こうやって、ちょっとしたことに即座に反応して、ツンをわざわざ発動させる事自体が、実は猛烈にその人を意識しているんだということに気づかないツンチャミくん』

このコメントはそのままお返し致しますよ♡
ね、ゆんちゃすみさん。ユンホ先生は言ってましたよね?
『俺、待ってるから。約束通り待ってるから』って。
待っててくれるそうですよ、ツンな貴方様を♡

すみません、今回は私の中のSを発動させて書いています(〃艸〃)ムフッ
私、M寄りのSでもあるんです。なので、好きなユノはアンニュイなユノなんです。ドヤユノも好きですけど、どっちにも転べるアンニュイな感じが大好物なんです。

ほほほ♡さぁて他の読者様を散々焦らせた分、ここから巻き返しますね(☼ Д ☼) クワッッ!!!

2015/10/05 (Mon) 11:46 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

耳たぶかりかり(//∀//)

あゆさん 部員の皆様おはようございます♡
今日は 魔の月曜日やっと仕事終わって
帰って来ました(;>_<;)
月曜日本当大嫌いです( ̄∀ ̄;)コドモカヨ!

あらら ユノさん レラ先生から耳朶
カリッ!!って噛まれて起こされてる〜(//∀//)♡
朝から色気ムンムンのレラさんってねぇ( ・ิ౪・ิ)
ギュも以外とよくきがつくみたいで
変なシャツ覚えてたよ( ̄∀ ̄;)
どんだけ変なシャツ着てるの?ユノ?(¯―¯٥)
チャンミンも すっごく
気にしちゃって またまたツンチャンミンに
なってるしーーー( ̄□ ̄;)!!
素直じゃないからねー(¯―¯٥) 反対に
こちらのツンちゃすみさんは
少しずつ素直になってきてる模様です!隊長!!(笑)
今日は トトリさんの
パンツ破けたサジン沢山アップしてくれた
ゆんちゃすみさん いつもありがとう❀.(*´▽`*)❀.
ずっと破けたまんまで
踊ってる ユノが可愛いわ(♡ˊ艸ˋ)むふッッッ♬*
ズボンをつき破って出てくる
ユノのユノユノに敬礼○┓○┓○┓
あゆさんも運動会の疲れもうとれましたか?
部長も 娘さんの応援お疲れ様でした!
もう疲れが中々とれないお年頃なので( ̄∀ ̄;)
昼寝できる時は ちょっとでも
体休ませて下さいませ♡

2015/10/05 (Mon) 17:05 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/05 (Mon) 21:39 | # | | 編集 | 返信

くみちゃん様

こんばんはヽ(〃∀〃)ノコメント有難う御座います♡

魔の月曜日お疲れ様でした!日曜日があけると大変だって言ってましたもんねil||li(ФДФ;) il||li
今の職場はそういうの無いので助かってます。
今日はお天気が良くて家の前の公園でママ友とお喋りしていたらご飯作る時間が押してバタバタと過ごしてしまい。音信普通にしてご心配お掛けしましたค(TㅅT)ค
情報有難う御座いました💓

レラ様にかみかみされてちょっと怯んでいるユノさんが可愛くて仕方がないです(*´罒`*)ニヒヒ♡
レラ様も色気むんむんでしょうしねぇ〜ユノじゃなくて他の人に喰われちゃいそうですよね!?ね?
そうです、ギュさん♡お忘れかもしれませんが居ましたね、登場人物に(笑)
ナイスアシストギュさん♡
え?変なシャツですか?リアルユノさんも凄いの着てますもんね。あんなのですよ、あんなの(笑)

ふふふ、ゆんちゃすみさんがやっと認めましたね♡
これでようやくお話が進みますよ♪♪♪
リクエスト貰うと大袈裟な話、その人の為だけのお話を書くようにしているんです。
そろそろくみちゃんさん為だけのお話も出さなきゃですね💓

あ、けいこさんと交信おめでとうございます(〃艸〃)ムフッ
凄いパワーの持ち主ですから絶対に楽しいと思いますよ💓

2015/10/05 (Mon) 22:42 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ひま***様

こんばんはヽ(〃∀〃)ノコメント有難う御座います♡

ぐふふ、ダサいの好きですよねひまさん(笑)
ヒチョルに情けない声出して甘えるユノに喝を入れつつそれさえも許しちゃうんだから(笑)
って、私も私も♡何でもいいんだろってツッコミ無しですよ(*´罒`*)ニヒヒ♡

ツンチャミはグルチャミにはなりません♪
氷解したみたいです(笑)だから大丈夫大丈夫♡

さてさて♡↑こっちはサクッとね。
本題はここからです↓

エプロンををををををを!!?貸したの!?ねぇ何でぇ(+_+)????
やっぱりそれは乙女心ですよねぇ??
うううう〜ひまさん、それ爆発して正解ですよぉ。゚(p'д`q*)゚。
と言いますか、幼馴染が泊まるの!?うーん。それも本当は嫌ですよ!
私も幼馴染は異性なのですが、中学生の頃に急に「付き合うか?」みたいな話になったりして。あぁ、男女間に友情は無いなと確信致しました。
だ、か、ら!ダメーーーー!ハァハァハァハァ。
久しぶりに興奮した(笑)
そっかそっか、彼にも分からない事はあるのですねぇ。ふーん。

おぉ💓オゲオゲですよ(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾どんとこーい💓

2015/10/05 (Mon) 22:53 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック