2015_01
16
(Fri)22:00

戒めの枷


言ったでしょう…僕は貴方が嫌いだって…





上司と部下と言う立場をいい事に馴れ馴れしくされるのが鼻に付いて仕方がなかったのに


「チャンミンって呼んでいいか?」

「 昼飯一緒にどうだ」

「仕事の後も飲みに付き合えよ」

「俺、チャンミンの手料理が食べてみたいな」



貴方は勝手に僕の領域を無断で侵害し始めた
あんなに嫌いだって言ったのに何で分からない…

だから僕はこうするしか無かったんだよーーー






「本当にチャンミンの手料理が食べられるなんて嬉しいよ!」

「いえ、こんな物しか作れませんけど」

「いやいや、こんなに美味しいなら毎日だって食べたいよ」

クスッ

「ん?チャンミンは食べないのか?」

「えぇ、僕は後でゆっくり頂きますので…」

「そうか、じゃあ俺は遠慮なく頂くよ」

「どうぞ…沢山食べて、沢山飲んで下さい」

「あっ…いや、俺はあまりビールは…」

「明日は休みなのに何を遠慮してるんですか」

「まぁ…そうだな、じゃあ今夜は飲むか」

クスクス…

「ところでさっきから弄ってるその紐みたいなのは何だ?」

「これですか?結束バンドって言うんですよ」

「へぇ」

「結構…便利なんですよ」

クスクスクス…













「……………ん…いたっ」

「目が覚めましたか」

「……チャンミン?…これは…」

「あっ、無理に外そうとすると指が切れますよ」

「何だよ…」

「言ったでしょう、結構便利な物だって…こうやって親指を縛られると何も出来なくなるんです」

「…っつ…」

「ね、抵抗出来ないでしょう」

「何の真似だ…」

「まだ分かりませんか?まったく貴方は本当に鈍い」

「何を…」

「言った筈です、僕は貴方が嫌いだって…あんなに警告したのに無視をした」

「なっ…」

「だからこれは戒めですよ」

「……」

「言って分からないなら体で分かってもらいます」


ふふ、抵抗出来ないのに貴方の眼は敵意剥き出しですね…

自分がこれからどんな目に合うのかも分からないのに…

クスクスクス…



「この体勢のままだと何かと面倒なので立って貰いましょうか」

「…断る」

「貴方に選択権があると思ってるんですか?」

「…っつ……!」

「このフックは本来、照明器具を吊るす為の物なんですけどね。ここに貴方の指のバンドを繋げば…ほら!」


後は電動で上へ吊るされるんですよ…



「いい眺めですね」

「…お、降ろせ!」

「あまり暴れるとそのうち腕がつりますよ、ね?」


あはは…ようやく自分の置かれている立場が分かったみたいですね


「僕が怖いですか?こんなに青ざめて…可哀想ですね」

クスクスクス…

ざらりと頬を撫でると怒りに満ちた眼が僕を見据える

「…俺に…何をする気だ…」

「そうですね、貴方には暴力よりももっとここに残る痛みを残した方がいいと思うんです…」

「なっ…」

頬から滑るように降りた手はワイシャツのボタンをゆっくりとひとつずつ外す

それと同時に首筋から鎖骨に舌を這わせた

…ビクッとしなる体

「結構、敏感なんですね…じゃあここは?」

露わになった乳房を揉みあげ乳輪に沿って円を描くように舌をなぞってみせる

「あっ…!」

「ふふ、ここも弱いって事ですか」

わざと一番感じるポイントを外しながらも丁寧に舌を這わせじりじりとその盛り上がった突起を攻め続けた

そして舌の尖りがそれに触れた途端…

「あ゛ぁぁっ…!」

静まる室内を震わす喘ぎが漏れた



「はぁ…いい声ですね、でも助けを求められても困りますからね」

「はぁはぁ…なっ、ん、んぐっ」

「少しだけの辛抱です、大人しくなったら剥がしてあげますから」

「ん゛ぅぅぅ…」

「僕が憎いですか?可愛がっていた部下にこんな事をされるなんて…貴方のプライドはズタズタですね」

ぴちゃぴちゃとわざとらしく音を立ててねぶると小刻にぷるぷると震える体

「でも貴方は優しいから僕を責めない筈です」

ぷっくりと紅く染まった乳首にギリっと歯を立て

「ん゛ーーーーーっ!」

「貴方は皆んなに優しい…だから…嫌いなんですよ」

平等の優しさなんて要らなかったんだ…


カチャカチャ

手早くズボンのベルトに手を掛け

「ん゛ん゛ーー」

「あっ、、そんなに暴れると…仕方ないですね、足も固定しますよ…でもこれを全部脱いでからですけど」

一気に下着ごと剥ぎ取って下半身を露わにさせた

中央にはゆるゆると蜜を滴りながら反り立つ肉棒

背ける顎を掴みわざと目線を落とさせると

「ほら…もう濡れてますよ、いやらしいですね」

耳元で羞恥を煽るように囁いた



そしてそっと手を触れながら

「恥ずかしいですねぇ…男の僕にこんなになるなんて…あの男らしいチョン室長が…」

クスクスクス…

耳元に寄せていた口を離して耳朶に噛み付いた


ああ…羞恥に歪む顔が堪らなくいいですね
もっとその綺麗な顔が壊れるのを見てみたくなるじゃないですか…


やんわりと掌で握り締めゆっくりと上下に扱くと手の中の質量が増した

「体は素直ですね」

たらたらと滴る蜜を指に絡めながらその手を早めると快楽へ導かれそうに体が揺れ出した

…僕はそんなに優しくありませんよ



「まだです」

パッと手を離すと絶頂を目指して赤黒く反り立つ肉棒が行き場を失って震えている


「勝手にイカせませんよ、これで、ね」


その肉棒に柔らかい結束バンドを巻き締め、彼の顔を覗くと…

わなわなと絶望に青ざめた表情で僕を見返す

クスクスクス…

「そんな眼で僕を見ないで下さい、これから気持ち良くさせてあげますから」

そう言うとあらかじめ用意しておいたローションをたっぷり指に塗り付け

わざと彼の眼の前にその指をかざしてにっこりと微笑んでみせた


「どうするか、分かりますよね?」



彼は最後の抵抗を示すようにもがくがそれも叶わない…


「ん…んん……ん」



僕の細い指は彼の秘所へと吸い込まれた……










関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

ユノ室長、もっとチャミのこと好きになっちゃうんじゃない?

2015/01/16 (Fri) 23:23 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

723621mam様

室長…ふふふ。

今回はソフト黒チャミ様の設定です。
楽しんで頂けてますでしょうか?

2015/01/17 (Sat) 08:14 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック