2015_07
21
(Tue)00:00

Real one - Yunho - #19




痛くしないって言ったのに…


甘く深く塞がれてゆく口付けに、思考さえも段々痺れるような快感に支配されて。

チャンミナと繋がったまま


ふわふわと。


今、浸かっている湯船の中みたいに


頭ん中までふわふわと幸せな気分に浸されて行った俺…










「…ヒョン…」


次に目が覚めた時はチャンミナのベッドの上で。


目を開けるまでふわふわと温かい掌が優しく頬を撫で下ろしていた。


「ん…っ、チャンミナ…?」


不安そうな瞳と目が合って、思わずその顔に手を伸ばすと嬉しそうに目を細めて笑うから。


俺は何だか長い夢を見ている気がした。


好きだと、ずっと大切にしたいって思っていたチャンミナが。

実は俺の事を好きだったって言う、とっても幸せな夢を。

まだその夢の続きならいいのにって…



「ヒョン、すみませんでした…気を失うまでしてしまって」


困った様に目の前で微笑むチャンミナと

その言葉と共に体に感じる鈍い痛みと、そして蘇る快感。


それが。


"あぁ、これは夢じゃないんだ"って。



それを教えてくれるから。




胸の奥からじわりと滲み出た幸福感。



「俺、気を失ったんだ…?」


こくんと、申し訳無さそうに。

そんな顔をさせたかったんじゃない。


だから。


「気を失う位に…幸せだったんだな」


そう、意識も飛ぶ程幸せだったんだろなって。


そう思うから…



「ヒョン…」


ぎゅうっと抱き締めてまた優しい口付けをしてくるチャンミナと顔を合わせて笑い合った。


多分。

チャンミナも同じ気持ち。


俺達、今凄い幸せ感じてるよな。













「僕、幸せです」


俺は複雑…

にこにこと嬉しそうに好きな男に胸を揉まれる俺は一体、、、。


はぁ…


「チャンミナって本当に胸が好きなんだな…」


女性も男性も関係無しか?


「んー・・・胸もこのお腹もお尻も…それにこの唇も。全部、ふっくらとしているヒョンが好きなんです」


ちゅってまた唇に軽く触れて、それに揉んでいた胸もその下のお腹も、下がって更にお尻もぷにぷにと触るチャンミナの手。


「…ずっとそんな風に俺の事を見てたわけ?」


だって気になるじゃん。

ずっと一緒に居たんだし。


「えぇ、ずっと触れたかったんですよ。でもずっと我慢してました、だってヒョンとの関係を壊したくなかったんで…」


意外と素直に本音を曝け出すから、何だか拍子抜け。

さっきまですげぇ意地悪してた奴は何処へ消えたんだか。


「へぇ…じゃあ何で…」

壊したくなかった一線を越えたんだ?


「もう、限界だったんです。ずっと我慢していた気持ちを抑える事が出来なかったんですよ。だって…ヒョンがあんなキスをするから…」

「あんなキス??」

「…ドラマです」


嘘っ。

あれがチャンミナに火を付けたって事??


あんなの、だって、、


「仕事じゃん‼︎」


そしたらチャンミナは"分かってますよ"って少し困った様に眉を下げて。

「でも、嫌だったんです」

だって。


俺、やっぱり夢見てる?

幸せ過ぎて緩む頬が隠せない、、


「ヒョン…僕は嫌だったんです…あと何日も無くてこのままヒョンと離れて行くのが、本当に嫌だった…だって、僕達」



"…今までずっと一緒に居て、こんなに離れて過ごす事なんて無いんですよ…"



このチャンミナの一言が心の奥底にきゅんっと沁みた。





俺達が東方神起として今までもこれからもずっと一緒に活動して行けるって思ってたから、だからこそ。

自分がチャンミナに抱く想いは胸の中に閉まっておけるって思っていたんだ。

でも何だか、チャンミナのその一言がどんだけ俺の事を好きで好きで堪らないのかって伝わって来るから。




俺はただ抱き締めるチャンミナを包み返した。


そしてまたチャンミナもその続きは何も無く、俺の腕の中に包まれるだけ。



その夜は2人共眠る事が出来なくて。

時折、そっと髪に触れるチャンミナの掌の温もりに心を寄せて少しだけ、もう少しだけ2人で居たいってそれだけを願ったんだ。






でもそれでも無情にも朝は訪れて。

チャンミナとの甘い時間も終わりを告げる。



抱き締めていた腕をそっと解いて。

チャンミナも解かれた腕からするりと抜ける。


もう一度、強く抱き締めてあの唇に触れてしまいたいけど。


それをしたらやっぱり離れ難い。



だから脱ぎ捨てられた服を手に取って身支度に取り掛かろうとしたんだ。



なのに。


「ねぇ…以前ヒョンが僕を"real one"って言いましたよね?」


そう言って背中から抱き締めてくるチャンミナ。


「ん、あぁ…言ったなぁ」


お腹に回された手が俺の手を掴んで。


「僕にとってヒョンはonly guy one can express the real one toです」








-------本当の自分を見せることができる唯一の人






そう言ったんだ。








これをチャンミナに言わせたかったんです。
ユノ、いってらっしゃい。
貴方がモンスターになって帰って来る日まで私は待ってますね。


ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

あたしも 待ちますよ( ノД`)…

あゆさん こんばんは--(つд;*)
今日は …ついに来ちゃいましたね( ノД`)…
なんだか 眠れず あゆさんの所に
来ちゃいました!…
あゆさん 部員の皆さま…大丈夫じゃあ
ないですよね…(つд;*)
あたしもです( TДT)
だから 余計に
あゆさんのお話のあまーい♡
ユノさんとチャンミンに
現実逃避しに来ました(´д`|||)
だってこのふたり やっと素直になったし
ユノヒョンお風呂で気を失うし( 〃▽〃)いやん♡
って事はまたチャンミンが ユノさんを
お姫様抱っこしてベッドまで 連れつきたん
デスヨね(*´ω`*)
部員の皆さま もう ベッド周りに準備は
OKですか?

ユノさんに お話のように
チャンミンが伝えたい想いや言葉や
気持ちを ユノさんに 言えたのかなぁ…(つд;*)
ってしみじみ思いました…

ユノさん あなたがモンスターになって
帰ってくるのを
待ってますね(≡^∇^≡)
どうか 平和でありますように
いってらっしゃい!

2015/07/21 (Tue) 00:41 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

こんばんは(*^^*)コメント有難う御座います♡
くみちゃんさんっ!!遂に遂に…今日を迎えましたね。
私、全然眠れないんです(。-_-。)明日も早いから寝たいのに、、眠気が来ないといいますか。意外と自分に言い聞かせてるように大丈夫じゃなかったんだなと実感してしまいます(^_^;)
本当は今日で完結させるお話だったんですけど、それをするのも寂しくて。もう少しだけ続きを作ってみます。なので今回は一気にどーんっと心の中を晒け出させてみたんです。
くみちゃんさんの言う様にチャンミンが実際、ユノには会えたの?想いは電話で話した?そればかり気掛かりなんです。
でも、あの2人なら大丈夫ですよね♡

で!浴室で意識飛ばして白目を剥くユノを上からバッチリ撮れたんですけど、、、チャンミンと目が合ったような、、、(≡Д≡;)秘技、同化の術を使って潜んで居たんですけど…最強様にはバレテルカナ((((;゚Д゚)))))))?
怖くてそこから出遅れております!

そうですよね♡まだチャンミンのお見送りも終わってませんしね(*'-'*)
どうか2人の留守中も平和でありますように♡
くみちゃんさん♡今日も私の所にいらして下さり、温かいコメントに感謝致します♡

2015/07/21 (Tue) 01:51 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

今日という日

あゆさん、部員の皆様おはようございます
今日という日が来てしまいましたね


何れにせよ必ず行かなければならないことで、21カ月という期間を短くする事は出来ないけれど、チャンミンがユノと同じ年齢まで入隊を引っ張らず、あとを追って入隊する道を選んでくれたので「東方神起」を見られない期間は大まかに計算しても48カ月から25カ月に減ったことになります。
なんだか少しだけでも前向きになりたくて、こんなことを書いてみました。


あゆさんのおかげで仮想空間とはいえ、幸せな気持ちになれました。2人がこうやって、しばらくのお別れが出来たかなぁと。
気を失うくらい幸せだった、って素敵じゃないですか。ユノ、あなたは多分リアルでもマンネだったチャミにずっとずっと愛されて来たと思いますよ。あなたは鈍ちんだから気づかないことばっかりだったと思うけど。


ふふふ♡嬉しそうにユノパイをモミモミするチャンミンが目に浮かびます。私だって揉みたいけどチャンミンにあの眼で睨まれたら怖いので止めます。チャンミン、ドラマのキスシーンのこと、私の気持ちを代弁してくれてありがとう。胸のつかえが取れた気がします。


くみちゃんさん長崎なんですね。私、ハウステンボス行きたくて、一人旅しようかと思っていたんです。それとも長崎飛び越えて韓国に行くか…
旦那に「自分の子でもないのに、8年世話をして2人共大学生までにしたんだから、あとは東方神起に私の全てを費やす!」と宣言したので(笑)両方行っちゃおうかな!!
あ、ちなみに私は埼玉です。


2015/07/21 (Tue) 06:17 | ゆんちゃすみ #- | URL | 編集 | 返信

ゆんちゃすみ様

おはようございます(*^^*)コメント有難う御座います♡
いよいよ来ましたね(^ ^)昨日日付が変わってからくみちゃんさんのコメントを読んで、今朝はゆんちゃすみさんのを読ませて頂き、『ユノも前に進んでるし、私もあとはくよくよしたって仕方がない』となんだか吹っ切れたと言うよりはスッキリしました!

私も今回、チャンミンが最短で帰って来てくれる事を前向きに捉えようと考えています。
ユノと長い付き合いのゆんちゃすみさんが自分を奮い立たせているのが何だか凄くグッと来ました。皆それぞれ受け入れて進もうとしているんだし、私も自分の中でひとつずつ消化していこうと思います。

そうですよね、ユノは鈍ちんだからチャンミンが素直に出せなかった分の愛情は計り知れないと思います。
でもそれにユノが気付かなくてもあの2人の絆を見ていると『お互いを想い合っている』とリアルな世界でもそう感じさせてくれますよね。
だから2人から離れる事なんて出来る訳ないんです( *´艸`)♡

ふふ、まったりとユノのユノパイを揉んで幸せなチャンミン(笑)ずっと狙っていたのはファンにもバレバレですからね\(//∇//)\
あー、ゆんちゃすみさんは手を出すと最強様の逆鱗に触れますからね>_<羨ましいですがそっと見守りましょう〜
キスシーンの事にやっと触れさせました。ビジネスだって分かっているけど、嫌なもんは嫌なんです。ってチャンミンに言わせて私もスッキリ致しました♡

両方行ってしまいましょうよ〜ヾ(*゚ェ゚*)ノ
妻として母としてやるべき事はやられたんですもの、『ご褒美』必要ですよね(#^.^#)
うちの実家も兄と母がゆんちゃすみさんと同じ関係なんです。もう兄もアラフォーですが、嫁も貰わず何故かマザコンのシスコンでいつまでも母業を解放させてもらえないようです(;^_^A困ったもんだ。

あっ、埼玉ですね♪部員様の中で一番近い(〃艸〃)ムフッ♡
ゆんちゃすみさん、今日と言う日に私の所にコメントを寄せて頂き有難う御座います♡感謝致します♡

2015/07/21 (Tue) 09:37 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

待ちますよ!

あゆさん、部員の皆さんこんにちは♪
昨夜は、合宿の疲れか、気づいたら、アイロン台に俯せで、夜中の2時半まで寝てました……

今朝になって、ユノの入隊にじわじわときて、空を眺めてました。お天気は、晴れなら、ユノの笑顔のような太陽もみれて、少しは気持ちもはれたはずなのに、あいにくの雨。さらに、二人のことを忘れたら、なんて悪い考えをおこしそうでしたが、ユノとチャンミンが、復活できるまでのあの暗い時をずっと待ってたんだ、と思い出したら、気がはれてきました。

お話のチャンミン、素直になりましたね。ユノの気持ちも、わかったし、ドラマのキスもイヤて言えたし。ユノパイも、触った。
あ~~、最後の言葉には、グッときましたね。

くみちゃんさん、ゆんちゃすみさん、私、どげんかせんといかん!て所に住んでます。太陽のタマゴの産地ですね。くみちゃんさんと、近い?かも。
実際には、西と東で、遠いですけどね。

2015/07/21 (Tue) 14:33 | れいか #ZWYNVvrI | URL | 編集 | 返信

れいか様

こんにちは(#^.^#)コメント有難う御座います♡
そうですよね(+_+)連休中ずっと付き添いでしたもん、疲れが出ますよね>_<ママさんもお休みが必要です!長男君は大丈夫そうでした?体力有り余ってますか?

そうでしたか、そちらは雨だったんですねo(TωT)o せめて空が青く澄んでいたら心も爽やかな風が吹いて行きそうなんですけどね。
私の地域は朝から真っ青な空と照りつける日差しで夏そのものでした。爽快と言うよりは灼熱でして、ユノの情熱かぁ?…としみじみ暑さを感じております。
やはり、チャンミンが早期入隊を決意したのもあの暗黒期を思い出したのでは無いでしょうか?なるべく2人での空白を短く、そう思うとチャンミンはやはり自分よりもユノや東方神起を優先させて来ているんですね・゚・(。>Д<。)・゚・チャンミン、本当に貴方が大好きだよぉ!
なのでせめてお話の中ではチャンミンに色々とさせたあげたかったんです。ちゃんとユノパイも揉んでユノを送り出し欲しかったので(〃艸〃)ムフッ

私も出来ればそっち方面か関東方面なら直ぐでも会いに行きたいんですけど(*´ο`*)=3
子供がもう少し大きくなったらですね♪

れいかさん、今日も私のブログにいらして頂き、温かいコメントを有難う御座いました♡感謝してます

2015/07/21 (Tue) 16:58 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック