2015_01
10
(Sat)00:30

止まない雨の癒し 1

"いらっしゃいませ"

"こんにちは"

"今日も雨ですね"

"えぇ…"



その人はいつも雨の日に訪れる大切なお客様

ふふ、何故大切かって?
それは僕がその人に惹かれているから-------


初めて来店されたのは6月の梅雨入りの頃
しとしとと降りしきる雨の中

その人は訪れた


少し濡れた髪を掻き上げる仕草
睫毛をうっとりと伏せる切れ長の目
綺麗なカーブを織りなす鼻筋
しっとりと濡れた唇



…そのどれもが僕の心を魅了し惑わせた



"このギャラリーの写真は…"

"私が撮った物です"

"そうですか…少し見てもいいですか"

"えぇ…どうぞ、ごゆっくり"


本当にゆっくりと一枚一枚丁寧に写真を見つめる姿に心が温まり、そっと横顔を盗み見た


初めの印象とは違い少年のような眼差しを写真に向けていて
…恐らくカメラが趣味なのかなと感じた



その人の周りには酷くゆっくりとした時間が流れ静かに時が過ぎた


頃合いを見て珈琲を勧めると遠慮がちに口を付けて啜り始めた

でも僕は気付いたんだ…
眉間に寄せられた皺


"ココアにしましょうか"

と声を掛けると気まずそうに

"ありがとうございます"

そう、はにかむ笑顔が似合う人だった





それからは毎日雨が降らないかな…
と空と睨めっこ

休みの日を利用して撮った写真を見て貰いたくて心待ちにしていた

と言うよりも…その人を心待ちにしていたかな





何度か訪れて少し話が出来るようになった頃

ココアのカップを手に持ちながら
気持ち良さそうにソファに
身を沈めている彼


夢の世界に居るのか"クスクス"と笑う穏やかな寝顔……


その綺麗な黒髪を梳き
頬をそっと撫で下ろし
唇に触れる



雨の日に訪れる僕の癒し


…明日も雨が降ればいいな






関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック