2015_06
30
(Tue)12:00

Love Triangle #44




資料室でしゃっくりをあげるチャンミンを腕の中に包み。
今一度、迷いを断ち切る。

「…なぁ、チャンミン…」

優しく落ち着かせるように。

「俺をシウォンに会わせてくれないか?」

腕の中のチャンミンが震える。

「ど、うして…」

ポンポンっと背中を撫で下ろし。
再び、優しく。

「心配するな…シウォンとちゃんと話をしたいだけだから。スホからお前を取り戻すなら、先ずは…彼と話さなきゃ何も進まないんだ…」


"…わかった…"

消え入りそうなか細い声で頷くチャンミンをまた強く抱き締め。
少しでもその不安を吸い取ってやりたかった。

お前はもう1人で戦っているんじゃないって。

俺達の未来へ…2人で進むんだろって…

「愛してるよ…チャンミン」

ちゃんと伝わる、よな…




フロアに戻るとスホはチラッと俺を一瞥して。
またデスクへと視線を戻した。


余裕か。

いつまでその笑顔を続けていられるか、見ものだな。



◆*◆*◆



予定よりも手間取った。
思わぬ残業の所為で足早にフロアを去ろうとすると。

「今夜は僕の予定を聞かないんですか?」

昨日の先約は妻の事を意味していた。
この男、いちいち意味深で癇に障る。

「別に。お前が何処で誰に会おうと俺には関係が無いからな。」

ふん、と鼻で笑う奴は。

「そうですか…意外に図太いんですね。いや、鈍いのかな?」

ふふっと。

馬鹿馬鹿しい。

「…お前さ、人に愛されたり。愛した事って無いんだな」

「何ですかいきなり…」

「自分の為に誰かが心を痛めて流す涙なんて知らないだろ。一方的に傷付けるだけで、痛みを分け合ったり、慈しんだり、思いやったり。そんな感情をお前からちっとも感じねぇんだよ」

「そんなの…知る必要がありますか?僕がこの会社のトップに立つのに、そんな物がある方がかえって邪魔になりそうですけど」

だから、お前は駄目なんだよ。

「俺だったらそんな奴がトップの会社になんていたくも無いけどな。まっ、せいぜい次の駒を捜しておけよ」

「…どう言う意味ですか…」

今度は俺が。

ふっと鼻で奴を見下し。

「俺は捨て駒じゃない。意志を持ったれっきとした人間だから、…な?」

「ちょっ、、と…」



まだ何か言いたげな奴を残してフロアを出た。



◆*◆*◆



久し振りのこの道。
以前、来た時はいつだっただろうか。

あぁ…旅行の時以来か。

あの時はまだチャンミンの恋人の存在に戸惑い。
あの部屋に上がる事も出来ずに、自宅へすごすごと戻って行ったんだよな。

本当。情けない、俺。

妻にとことん追い込まれて、ようやく現実が見えて来るなんて。

馬鹿…だ。

角を曲がると、チャンミンのアパートが見える。
部屋に明かりも点いていた。

ひとつ深呼吸をして。


バチンッ!!


思いっきり自分の頬を両手で叩く。

よしっ…





「いらっしゃい」

玄関には見慣れない男物の靴が一足。

「遅くなってすまない」

癖で脱いだ上着を玄関でチャンミンに渡すと。
少し戸惑いながらも、ふっと眉毛を下げて笑みを浮かべて受け取った。

そうだった…
この先には、俺と同じ様にこの可愛い人を愛してる男がいるんだな。

「チャンミン…」

まだ靴も脱がずに細い腰を抱き寄せて。

「心配するな」

弱い自分にも言い聞かせる。

「ユノ…んっ……ふっ………っぁ…、、」

これは勇気を分け合うおまじない。

もう一度、軽く触れ。

濡れた唇を指で拭き取る。

「大丈夫」


心を落ち着かせて、リビングへのドアを開ける。

あ…
その男に見覚えがあった。

チャンミンに振られた夜。

擦れ違ったサラリーマンだった。







ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/30 (Tue) 15:46 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/30 (Tue) 19:12 | # | | 編集 | 返信

ゆ***すみ様

こんばんは(*^^*)コメント有難う御座います♡
『タワシコロッケの真珠夫人ならぬ(古)
ごみくず参鶏湯嫁』明言頂きました〜(*≧艸≦)ようやく尻に火が付いたユノ室長!しっかりおしっ!!と尻叩いて頑張らせますねo(`ω´ )o!
ゆ***すみさん!そうですよね!?あの一文字の薄くて可愛い唇ならどんな角度でもハムッ…///ハムッ…///って…許すぅ〜\(//∇//)\
わ、私も、、ちょこっとだけハムッ…ってしてみたいんですけど。駄目ですか(笑)?
えぇえぇ、その憤り分かりますよヽ(`Д´#)ノ
貴方に夢を見た私達を返せ〜!
ユノペンをこんな簡単に奈落の底に突き落とした罪は深いですね( ̄+ー ̄)ふっ。

2015/06/30 (Tue) 20:37 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

れ***様

こんばんは(*^^*)コメント有難う御座います♡
はい!ようやく尻に火が付いたユノ室長ヾ(*゚ェ゚*)ノ覚悟を決めて馬様とご対面ですよ!でもその前に安定のチュッチュッでエネルギー補給です\(//∇//)\
上手く行くのかな?行かないのかな?
馬様と仲良くなれるかしら(〃゚艸゚)???
ドキドキ♡

れ***さん!!れ***さんのコメントからばびゅーんと飛んで観てきましたぁ(*≧艸≦)はふはふはふはふ\(//∇//)\なんですのん??あれはただのイチャコラちゃいますのん?れ***さんの仰る通り、ナイス!LOVEソファ!んもぉ〜可愛い可愛い!チャンミンが可愛い!ユノもチャンミンにデレッデレ!
この飴と鞭…疲れるけれどやっぱり抜け出せないですね(〃艸〃)ムフッ

2015/06/30 (Tue) 22:12 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/30 (Tue) 22:19 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

こんばんは(*^^*)コメント有難う御座います♡
ダメユンホがようやく改心したようですねヾ(*゚ェ゚*)ノあのフラフラして駄目駄目も癖になる位好きになりつつあったんですけど、やっぱりいつまでもダメユンホじゃ駄目っ!
うは(笑)エグい逃避行、それはそれで気になります〜\(//∇//)\

ひま***さんo(TωT)o 私も動画観てはくふぅ〜と凹むっと言うか魂が抜けると言うか。昨日と今日の午前中までは憤りを感じていたんですけど、後半はふっ…って感じで。兎に角、現実逃避の旅ばかりしていましたよ。色んなブロガーさんの萌えに浸ったり。本当は自分のお話を書き進める貴重な時間も費やして…だって萌えが降って来ないんですからね(;-ω-)ゞ
でも何とかmissioncardで浮上した感じです!
でもでも!ひま***さんが仰るようにあんなのはユノにして欲しく無かったですよねィ・゚・(。>Д<。)・゚・!!もぉやだぁ〜。
好きだからこそ駄目なものは駄目なんですよね。
ひま***さんもダサミンと盗撮マニアチャンミンに癒されないと浮上出来ませんね!ってどちらもキャラ濃ゆい( *´艸`)
でもこれ…いつまでも尾を引く感じしますね(;-ω-)ゞふぃ〜。

あっ、胸の内は吐き出しましょう!!私もドバッと吐き出してグイグイ押し付けちゃってますから(笑)

2015/06/30 (Tue) 23:36 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック