2015_06
23
(Tue)12:00

Love Triangle #37




スホの言葉もあって。

今日こそはユノに彼の事を話そうと思って来たのに…

また僕は流されてしまった。

でも、これは違うのかな。
流されると言うよりも…

愛を分かち合ったと思えたのは…

ユノの眼差しがとっても柔らかかったから。

僕を抱き締める腕も。
触れた唇も。

愛が溢れていて。

SEXを楽しんでいた前とは違う。

そこには揺るぎない愛があった…



けれど。

一度だけ放たれた熱は、僕の空腹を呼び覚まして。
ユノが笑いを堪える程、腹の虫が鳴き始めたんだ。

あぁ…恥ずかしい。

折角、久し振りに会えてこうして愛のあるSEXに辿り着けたのに…

僕はお腹の虫が憎かった。



◆*◆*◆



あれから服をまた着込んで。
2人揃って出掛けたんだ。

近くのコンビニへ。

でも…こっそりと繋がれた手が…
ユノが握り返した途端。

恋人繋ぎに変わり。

その時、ふっと笑ったユノの横顔が。
あまりにもかっこ良過ぎて…

キュッと心臓が縮んだ。

そして。
ドキンドキンと早鐘を打ち始めた僕の鼓動を彼は知らない。

ねぇ、ユノ。

その余裕がまた僕の心を堕としているのを

貴方は知っててやっているの…?



◆*◆*◆



「別腹な?」

そう言って、目を細めた彼がその小さな顔の横に並べるのは。
デザートに僕が選んだプリン。

けれど。
有難うって受け取ろうとしたその手は空を切って。
バランスを崩して前のめりになった僕の体は。
彼の大きな掌に引き寄せられて。

ストン、と。

彼の膝の上に乗った。

わざとそうしたのが…僕にプリンを食べさせる為だって分かって。

僕は、照れから。

「子供じゃないのに…」

なんて可愛気も無い台詞が口を突いて出て来るのに。

彼から返って来た返事は

「お前の事、構いたいからいいんだよ…」

だって…

そんな事を。

俯き掛けた僕の顎に触れて…

真っ直ぐ目を見ながら言われたら。

もう…ね…

「口開けて」

為すがまま…

そして。

一口含んだプリンは。

目の前で微笑むユノにも負けない位甘いんだ…

「ね、ユノ…」

この時、何か言い掛けたんだけど。
それはもう忘れてしまった。


だって。

少し体を動かした僕の所為で。

ユノが持つスプーンからプリンが零れ落ちて。

そして僕の頬に伝い。

拭き取ろうとした手はやんわりと拒まれる…



その代わりにユノの熱い舌が這い。

「…あっ…」

口の端までべろり…って。

舐め取るんだ。


「ん、甘いな…」

その言葉を最後に。


後はもう…

ユノの舌と甘いプリンが口の中で混ざり合って…

また僕を芯までとろとろに溶かしていったから…

僕が覚えているのは。



彼の肌がしっとりと蕩けるように…


甘かった事だけ。










にほんブログ村のバナーを新しくしました!
勿論、アリー様の作品です♡素敵です!!
有難う御座います♡


ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/23 (Tue) 17:05 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/23 (Tue) 17:11 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/23 (Tue) 21:24 | # | | 編集 | 返信

れ***様

こんばんは*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
いや〜ん\(//∇//)\サランへなんて、ユノ以外から言われた事無くて←えっ?(笑)照れます♡
ぐふっ♡プリンリクエストに忠実に応えてみました(〃艸〃)ムフッ甘々のとろっとろですねぇ♡それもこれもこの2人のビジュアルが神だから成せる技です!だって、プリンだってアイスだって何だって絵になりますからね(*≧д≦) !!
そそ、恋人繋ぎは愛の証(*´ο`*)=3 はふぅん
あー、絶対にリアルでもベッドの中ではやってますね。間違いない。
はい。そうです。ご愁傷様です(ll_ェ_)甘々リクエストの見返りは剃刀入りキンパブです…ちーん。こわっ。
やはりですか?内容変わらないなら文句無しにBlu-rayですよね!?
ははぁーん、特典Σ(o'д'o)!んー、もう少し情報を待ってみたいと思います( ̄Д ̄)ノ
フラゲしたいし、特典も気になるし、美味しいとこ取りしたいっっ!ので(;-ω-)ゞ
れ***さん!情報有難う御座います♡

ねー!ねー!バナー素敵ですよねヽ(〃∀〃)ノ
その感想、アリー様にお伝えさせて頂きますヾ(*゚ェ゚*)ノ
私もこの小さなアイコンにLOVEトラの世界観がぎゅっと詰まっていて、れ***さんと同じ顔になりましたから(笑)

2015/06/23 (Tue) 22:31 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

ひま***様

こんばんは*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
やだ〜〜〜\(//∇//)\ひま***さんのコメントの方がエロ言葉爆弾炸裂で、、、やられてます”_| ̄|○”ハァハァハァ
色んな所が熱を持つ、、、、//////いや〜ん\(//∇//)\
はい、御もっとだと思います( ̄Д ̄)ノ彼等だからこそ、こんなに萌えて悶えてハァハァ言うのであって。盛りのついた高校生カッポーにはちっとも反応しません。腐が。
でもそこを脳内変換するなんて素晴らしい(〃艸〃)ムフッ
ニヤけるのは分かります♡
でも、それってありますよね?勝手に脳内変換してムフフって事。私も今日、イケメンの男の子が公園の水道の飲む方(手洗いは下、飲む方は上のタイプ)の丸い部分に水風船をかぶせていた手付きが厭らしくて、、、
気付けば見入っておりました_| ̄|○
この子もあと何年か後に…とか///あぁ、脳内が腐っててごめんなさい…>_<…

なははは(≧ω≦。)プププ!いじめがいがある罪な奴(笑)その通り!多分、ドーンって落ち込んでいる顔が目に浮かんで、あぁその顔がもっと見たいってなるんですよ。
でも私はMなんだけどな?(笑)と、疑問を抱きつつ何とか進めます!
あはーん(〃艸〃)ムフッ
オフィス以外?さぁてあとは何処かな♪
ラブ足りてないので何処かでまた補充しないとダメンホが潰れてしまいますからね♡

2015/06/23 (Tue) 22:54 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/31 (Tue) 00:24 | # | | 編集 | 返信

ひら***ょ様

ひら***ょさんこんばんは( *´艸`)コメント有難う御座います♡

おおっ宣言通り(#゚ロ゚#)!!有難や〜って、回したんですか(笑)いえ、私もありますそういう事( ̄∇ ̄)v ドヤッ!

『優越感とドM心を擽るのが昼ドラ』とは言い得て妙なひら***ょさんの定義に感嘆でした(๑°ㅁ°๑)‼✧ なるほど!!と納得しつつ、もぉっ…////と照れました(笑)
本当にひら***ょさんのコメントは私の気持ちを上げてくれるんですよね、お世辞じゃなくて素直に思ってくれているのかもコメントを読みながら嬉しくて嬉しくて(//∇//)

そうなんですよ、ひら***ょさんの仰る通りに本は好きで年末から今年に掛けて0.5〜1冊ペースで毎日読破しています。
前回の追伸で私が話していた目の前にぶら下げられた楽しみは読書なのです(*´罒`*)ニヒヒ♡
なのでズバリ当てられて驚いてますよ(〃゚艸゚)!!
しかしながら日々精進です、もっともっと簡潔で引き込まれるような世界観を表現出来るのが目下の目標です+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

ひら***ょさんも本はお好きなんですね!?ハマると没頭しますでしょ?あの時間と読破した後の余韻が堪らなく好きです♡

2017/01/31 (Tue) 22:07 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/02 (Thu) 00:48 | # | | 編集 | 返信

ひら***ょ様

ひら***ょさんおはようございます( *´艸`)コメント有難う御座います♡

昨日のうちに返信するつもりでいたのですが、バタバタして出来ずにすみませんでした(T-T)人(T-T)

あのっ!!注文しましたよ(//∇//)!!お薦め頂いた例の小説♡
コメント読んで、直ぐに調べて、口コミもチェックして、電子書籍版が無かったのでネットで新書版を購入をしたんです(笑)
ひら***ょさんがサクッと教えてくれたあらすじでピーンッと何かアンテナに引っ掛かるものがありまして。口コミで読んだらこれは絶対に読まねば!と興奮しましてね…(*´д`*)ハァハァ

以前、私の読書遍歴が気になると仰ってくれたじゃないですか?実は恥ずかしくてお答え出来なかったんですf^_^;
図書館に行けばタイトルで気になった物をパッパッと手当たり次第借りたり。
人から「これ面白いよ、読む?」と言われた物は「読む読む!」と借りてみたり。
実家の父が読書家なので、その本棚から拝借してみたり。
そんな中で気に入った作家さんが居ると作家買いしてコレクションはするんですけど、兎に角雑食なんですよ(笑)
ですから何を読んで感動したのか、人にはお恥ずかしくて言えません(*≧д≦) それと、もう一度読みたいのにタイトルも忘れて未だに見つからないのもありますしね、、、

なので、逆にひら***ょさんからこうして本の紹介を受け、とても嬉しかったんですヾ(*゚ェ゚*)ノ
また私に楽しみを与えて下さり感謝です♪♪

あとですね、非コメを抜粋するのは反則なのですがひら***ょさんの前回のコメントのこの一文に鳥肌が立ちました!
『難しい表現を羅列するまでもなく、誰もがわかりやすい、かといって誰でも書けるわけでもない世界をつくれる』
↑これこれ!私が目指しているのはまさにこれなのですよ〜((( ゚д゚ ;)))
つ、伝わってるぅ、、と感動しました・゚・(。>Д<。)・゚・
しかしながら、今はまだその目標の半分も達成出来て無い状況です。それが現時点の自分の力量だと自覚があるので、お手本となるような物を探すのか、もしくは自分の目指す世界感を確立したいのか、自分でも分からないので模索しながら読み漁ってる次第なのですよ〜。

私も以前に、難しい言葉を沢山使えば知性溢れるお話になるのかしら?と挑戦した事はあるんです。けれど、書いて反省しました。
結局、伝えたかった事は何だったのかと振り返っても分からないんです。
自己満足では駄目だと思い知りましたね。

例えば、『静謐』と言う単語一つでどんな状況か、ひら***ょさんは分かりますよね?
けれど普段の会話の中であまり登場しない気がするんです。
文章の中ではしっくりと来る単語でも、皆が皆分かるとは限らない。それを分かり易く、且つ世界感を失わずに、…これってかなり難しいですo(TωT)o
サラサラと読めるのに、心の機微も怠らないお話が私の理想であり目標です♪♪

って、なんか熱く語ってすみません(笑)

追伸。
例の小説、読んだらまた感想お伝えしますね♡
それは添付のメールアドレスにさせて頂いてもいいですか??

2017/02/03 (Fri) 11:03 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 15:21 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック