2015_01
07
(Wed)15:00

僕の先生♡ おまけ






おまけがまた長いです

R-18なのかな??

※閲覧は自己責任でお願いします








初めて先生と一つになった夜
僕は優しいキスに包まれてそのまま朝を迎えたんだ

目を覚ますと隣には
口を開けて気持ち良さそうな先生の寝顔
こんな間近で見れる事が嬉しくて
うっとりと見つめていると…

「そんなに俺が好きか?」

と口の端を緩めながら目を開けた!!

「なっ//////起きてたんですか?!」

「ん~チャンミンの視線が熱くてね♪」

クスクスクスと笑う先生はお茶目で
昨夜僕を抱いた先生とは別人のようだった

そんな事を考えていたらぎゅぅっと抱き締められて

「…俺…今、物凄く幸せ…」

と囁かれ…僕もです/////と小さく返事をした



その後、まだ腰に鈍い痛みの残る僕を
労わるようにお風呂へ連れて行ってくれて
一緒に流しあいっこをした

先生に背中を預けるように湯船に浸かっていたら
僕の腰に…当たっている先生のアレ…

ずっと前から考えていた事を思い切って口に出してみた

「先生…僕も…先生を気持ち良く出来ませんか?」

体を先生に向き直してそっと大きくなっているモノに触れた

あっ、先生が固まった…
引いちゃったかな…

いきなり顔を手で覆い隠し天井を仰ぐ先生

引いてる…どうしよう

大きな溜息と共に
「チャンミン~俺…もう萌え死にそうなんだけど…」

と耳まで真っ赤にした先生が
僕と瞳を合わせる

-------その後は
バスタブに腰掛けた先生に跪いて
無我夢中で…………………////////


まっ、そんな感じで
残りの4日間は本当にあっという間に…
んーっと何をしてたんだ?

キッチンに立つと先生に時々後ろから邪魔をされてご飯どころじゃなくて…とか

休憩でテレビを観てても後ろからあちこち触られて
いつの間にかソファで…とか

僕が時折先生に奉仕をしてると
我慢出来なくなった先生に咥えられて
一緒に…とか////////


いやいや!ちゃんと勉強はしてたよ!!!!



煩悩を振り払うように
ぶんぶんと頭を振って
自宅の玄関を開けた


「チャンミン、おかえりなさい。
先生にご迷惑をお掛けしなかった?
あら!見ない間にお肌がツヤツヤになったわね♡
美味しい物を沢山食べたのかしら?」

ニコニコと嬉しそうな母の言葉に

….美味しい…モノ…

思わず頭に浮かんだのは

わぁぁぁ!

僕はそのままトイレに逃げ込んだ…










----------------おまけのおまけ♡--------------




僕のを咥えている先生に

「…母が下に居るのにこんな事…
ちょっと罪悪感に駆られます…」

ムードぶち壊しな僕の一言に

「まぁバレたら仕方ないよな。
でもお母さんには責任取って俺が面倒見るって言ってあるし、お母さんも宜しくって了解は得てるよ」

へ?何?その話初耳ですけど?!
?の残る僕を見上げて

「強化合宿の申し出をした時に言ったんだけど」

ん~?…えっもしかしてあれが?!

「先生…本気ですか?」

「俺はいつでも本気だよ!!
それよりも俺は目の前の事に集中するから…」

…ん、…あっ…やばい…そんなにキツく吸わないで…


"コンコン"


!!!!!!!!!





ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村にほんブログ村


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

きゃーーーー、
どうするどうする?
なんで私が慌ててるの?

2015/01/09 (Fri) 17:07 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

723621mam様

ふふふ。
凄いタイミングで来る所が流石、チャミママなんです。

2015/01/09 (Fri) 19:19 | Shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック