2015_06
17
(Wed)12:00

Love Triangle #31





重なった唇が深くなる前に。
ふっと、それは離れて行く。

「チャンミン…?」

彼の頬に添えていた手にチャンミンの手が重なり。
俺は彼の揺れる瞳に吸い込まれそうになる。

「ユノ…必ず、ユノと一緒居るから…もう少し待って、…ね?」

それは同棲する事をもう少し待って欲しいという事なのか…

「どうして…」

また瞳を伏せて、俯く。

「ごめん…僕には恋人がいるんだ…」

一人、浮かれていた。
自分に妻が居ても、それを受け入れてくれるチャンミンには。
そんな人が存在する事すら気付けず。

俺は何をやっていたんだろう。



◆*◆*◆



あれからチャンミンは口を閉ざしたままで。
俺はそれ以上どうこう聞く気も無かった。
いや、自分を棚に上げて聞ける訳が無いだけだ。

帰りの道中で簡単に夕飯を済ませて。
予定よりも早く彼をアパートに送り届ける。

「じゃあ、また明日」

本当はこのまま彼の家に上がってまたこの腕に抱く筈だった。
けれど今日はもうこれで終わり。

彼もまた、いつもの笑顔で見送るだけ。

まさか…また、自宅へ戻るなんて…
心にチャンミンの恋人の影が重くのし掛かるのに…

また妻と顔を合わすのか。

深い溜め息と共にエンジンを掛ける。



◆*◆*◆



ガチャリ。

玄関を開けると食事の良い香りが漂って来る。

まさか。

パタパタパタッとスリッパで駆け寄る足音。

「おかえり」

エプロン姿の妻が。

「ねぇ、お父様とお母様は元気だったの?」

なっ、、。

「久し振りでしょう?光州は」

そう、にっこりと笑った。

そして呆然と立ち尽くす俺の腕を引っ張り。

「ねっ、そろそろ帰って来ると思って。夕飯用意しておいたの。冷めない内に食べましょう」

頭の中が混乱するままリビングに足を踏み入れると。

そこには湯気が立ち上る温かな食卓が用意されていたんだ。

妻は一体…………。







ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/17 (Wed) 16:21 | # | | 編集 | 返信

れ***様

こんばんは(*^^*)コメント有難う御座います♡
えぇ!?れ***さんは気付いてだと思ってたんですけど(^◇^;)もしや過去の存在感だったとか??
GPSねぇ(ll_ェ_)怖い怖い。
玄関開けたら2分で御飯。怖い怖い。
奥さんとミンですか〜それが一番怖い話(; ̄O ̄)!!
そんな展開こそザ・昼ドラ!!
でもそこまでは無いですかね(笑)
パン〜是非共ご一緒にお茶したかったですね(*≧д≦)
こちらも負けずに田舎ですから…意外と近かったりして(笑)
私もママ友の中に読者様が居ないかしら?とむふふって思ってます。
絶対にランチは腐会に変わりますね、間違いない。
盛り上がるどころの話じゃないですよ。
だって、唇でしょう!?あのぷっくりに吸い付いて…ぷるんとさせたい〜\(//∇//)\
あ、あっ、もう駄目…チーン。
あぁそうか、その前に壁が。強力な壁が立ちはだかるんでしたね(;-ω-)ゞワスレテタ。
ねー♡楽しいですね(*≧艸≦)これ止めらんないな〜♪♪
れ***さんとの真面目お話し楽しいです(笑)

2015/06/17 (Wed) 19:23 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/18 (Thu) 00:27 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

こんばんは*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
お仕事お疲れ様ですヾ(*゚ェ゚*)ノそんな中、嬉しいです♪♪
ゾゾゾ〜( ゚艸゚;)やっぱり何がされてますよね??怖い!
えっ?お腹??あは〜それは予想外(T▽T)アハハ!
消化したら流される〜(笑)
えぇっ!?ひま***さん∑(゚Д゚)?
お、お優しいのでは?????
こりゃ、ダメユンホに情が移りましたね( ̄▽ ̄)にやり。
思わず救いの手を差し伸べたくなるこの駄目さ加減たるや!ひま***さんの心まで惑わせるなんて、、、
ね〜♪まさかの追い打ちたわしハンバーグ攻撃なんてありますかね??うふふ♡
ひま***さん、拝んじゃってるし(笑)
パンパンッ、別な効果音かと…\(//∇//)\

さてさて、オフィスLOVE♡
あ〜それも良いですね♡♡何処かで使っちゃいますか(#゚ロ゚#)?
腐妄想の宝庫で困りますね(*/∀\*)イヤン♡

2015/06/18 (Thu) 01:09 | あゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック