2015_06
07
(Sun)12:00

Love Triangle #21


by アリー様




水曜日。
昨日の夜もチャンミンに振られてしまった。

毎日でも抱き足りない位だと言うのに。
今夜も駄目そうだ。
しかし。
二日間も彼に触れていないと…狂いそうで。

「おい、シムはどうした?」

あの愛しい丸っこい頭が見当たらない。
すかさずリョウクが。

「さっき、資料室に行くって言ってました!」

声を上げる。

「そうか。俺も追加の資料を頼んで来る。後は頼むぞ」

なるべく自然体を装ってフロアを出た。
向かう先は彼の居る資料室。

チャンミンに溺れている事を自覚している。
だから尚更。
仕事はきっちりとこなし、以前よりも段取りは良くなったと思う。

だからこそ。
これは自分に対するご褒美だと。
そう、言い聞かせる。


そっと資料室のドアを開け。
彼の姿を探す。

居た。
あの丸っこい頭はチャンミンだ。

俺が入室した事にも気付かず熱心に資料に目を通している。

足音を消して背後からそっと近付き。
その細い腰を引き寄せる。

「わっ、、!!」

「何探してんだ?」

彼の肩に顎を乗せ。
わざと息が掛かるように尋ねる。

「っ、、ユ……ノ、、、!?」

驚いて離れようとする体を更にグッと抱き寄せて、耳朶を噛んだ。

「ッっつ!!」

怯んだ隙に…Yシャツの真ん中のボタンをひとつ外し。
空いた隙間に手を差し込む。

「やっ、、ゃ…ん…ッ」

ふっくらとした粒を指で摘めば。
可愛い喘ぎ。

だがその時。

ガチャッと部屋の扉の開く音がして。
誰かが入って来る。

彼の心臓がドクンッと跳ねた。

しかし。
幸いにも入り口近くで資料を探しているようで。
俺達が居るこの奥までは来そうにない。

チャンミンは固まっていた。

そして彼の粒も俺の指の刺激で硬くなっていた。

コリコリと粒を捻ると。
彼の体も捩れる。

声を必死に押し殺して。
俺の腕から逃れようとするチャンミン。

それを更に力で押さえ付けて。
俺の股間を彼のお尻に押し付ける。

するとチャンミンが力の作用を利用して自身の体を反転させ。
俺と向き合う体勢をとったんだ。

予想外の出来事に驚いてる俺の頭を掴んで。
口付けを求め出す。

音は立てずに。
唇と唇は隙間無くぴったりと合わさり。
ゆっくりとねっとりと絡まり合う舌。

カチャ…

出て行ったか。

すると、チャンミンは唇を離し。

「…責任取って下さいね…」

そう言って俺の肩を押し下げ。
キャビネットに寄り掛かるチャンミンの前に跪かせる。

「ユノ…」

自分の股間に俺の顔を擦り付ける彼は…酷く淫乱で…

俺はそれを黙って。



貪った。



◆*◆*◆



結局、その週はチャンミンの都合が悪く。
一度も彼のアパートに行く事は無かった。

けれど。
週末には旅行を計画している、そう思えば。
妻との気不味い食卓も何とか乗り切れた。

そして、今日。
ようやく金曜の夜を迎える。

自宅の玄関のドアを開けると。
部屋に明かりが無かった。

妻は…?

『急に約束が入って出掛けます。夕飯は温めて食べて下さい』

珍しく置き手紙で外出か。
カトクでも先に入れてくれれば外で済ませるものを…

それだけ急な用事だったのか?
夕飯を作り終えてから出掛ける程の?

彼女にしては珍しい事にふと疑問を抱いたが。
旅行の前日に顔を合わせて食事をする気不味さから逃れられた事に安堵した。

皿に触れるとまだ温かさが残っていて。
レンジで温め直す程でも無いな、そう思い。
テレビを見ながら用意されていた食事に手を付けた。




◆*◆*◆




寝ていられない程の急な腹痛。
慌ててトイレに駆け込み。
時折訪れる激痛の波に耐え続けた。

時計を見れば午前2時。

はぁ…

冷や汗が止まらない。

全て出し切って。
腹の中が確実に空っぽになるまでその痛みと戦い。

何とかトイレを出た頃には夜が明けようとしていた。

冷蔵庫からペットボトルを取り出して。
カラカラに渇ききった喉に水を流し込む。

そして。
まだ少し痛む腹を摩り。
寝ていた布団に横になる。

温めなかったからか…?

また、目を閉じて。
僅かな眠りを確保する。

今日は遠出になるからな。






ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

【拍手コメント】ぴこ様

こんにちは(^_^)コメント有難う御座います♡
じわーりじわりと嫌な汗が出るような展開を期待していて下さい♡
その間に少しラブも入れますよ(#^.^#)

2015/06/07 (Sun) 13:53 | shin #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/07 (Sun) 14:23 | # | | 編集 | 返信

ひま***様

こんにちは(^_^)コメント有難う御座います♡
いよいよ始まったのでしょうか!?奥様のお仕置きが…怖〜い!!
でもいきなり腹痛って(笑)可哀想(笑)
ね、ね♡チャンミン、どんどんエロ化が進んでいますでしょう(。 >艸<)これはダメユンホの所為なのか…うふふ。
もぅ\(//∇//)\!ひま***さんの脳内変換の方がエロくて〜私がきゃっ♡と、なりましたよ!!
そこまで書かなくてもそう言う想像が出来ちゃうなんて素晴らしい♡
さぁて、旅行位はラブラブにしてあげたいものですね^_^;

2015/06/07 (Sun) 14:34 | shin #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/07 (Sun) 17:12 | # | | 編集 | 返信

れ***様

こんばんは\(//∇//)\コメント有難う御座います♡
良かった〜!!れ***さんの案を早速使わせて頂いたので気付いてくれるかしら┃電柱┃_・)ジー?と思ってたんです( *´艸`)
もうね、"資料室"この単語を貰って直ぐに思い浮かびましたよ!狭い資料室でチャンミンにユノが跪く姿を…\(//∇//)\本当はユノの顎をグイッと上げさせて見下ろすチャンミンにしようか迷ったんです〜でもそれだと魔性過ぎて(笑)
ドSチャンミンなっちゃいますからね(^^;;
敢えて控えましたよ(笑)
奥様の手料理…何かあったのでしょうか(;-ω-)ゞ怖いな〜。あとは置き手紙とか、ね。寒気がします…

あーぁーぁー。れ***さんったら(*/∀\*)イヤン。旅行の計画、、、近いっ!!!内容は言えませんけど、ニアミス〜?いや、ほぼ正解ヽ(〃∀〃)ノほほほ、私と思考が似てますか(笑)?
赤茄子(爆笑)しかもアク抜く不要(笑)そしてニヤッ(T▽T)アハハ!おっ、お腹痛いです…

2015/06/07 (Sun) 21:52 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック