2015_06
06
(Sat)12:00

Love Triangle #20


by アリー様




「うん…いいよ…」

チャンミンは何かを察した様に頷いて。
俺の手を離した。

良かった…

週末はチャンミンと過ごせる。
その時が勝負か。

俺は彼の口から聞きたい。
俺の事をどう思っているのか。

この先…どうしたいのか。
その気持ちを確認してからでもいいだろう。

妻の存在はいつの間にか俺の中で少しずつ脅威を増していたようなのに…
俺はその事に気付かない振りをしていたんだ。

もう少し。

もう少しだけ、甘い夢を見れるなら…



社に戻る前にトイレに連れ込んで。
キスをした。

ムードも何もなくて。
チャンミンしか見えない俺に。

「ユノってば…」

彼は甘ったるい声で嗜める。
そしてくすくすと顔を見合わせて笑った。

甘い時間は短くて切ない。



◆*◆*◆



自宅に帰る足取りが酷く重く感じる。

今夜はチャンミンに断られてしまった。
まだ友人が居座っているのか?

チャンミンの友人関係、大学、高校、趣味、家族構成。
そう言えば何も知らない。
俺だって彼にそんな話はした事も無かった。

会えば体を求めて。
その合間に仕事の話をしてみたり。
それも、愚痴みたいな話ばかり。
俺はチャンミンに甘え過ぎていたんだな。

彼が自分よりも年下でしかも部下である事も忘れる位に。
いつの間にか彼を拠り所にしていた。

何だか情けない。
そんな俺をチャンミンはどんな風に思っているんだろうな。

はぁ…

深く考えるのはよそう。
週末は彼を独り占め出来る。
それだけが今の俺の小さな希望だ。



◆*◆*◆



「週末は家を留守にする」

キッチンに立つ妻の後ろ姿に声を掛けた。
目を見て話せばいいものを。
やはり俺は妻が怖いのか…

「…そう」

それだけ。
妻は振り返らずそのまま料理を続けた。

本当に何も無かった。
そんな風に過ごす妻の態度にやはり。
寒気がする。


妻は相変わらずテレビの面白い話題や一日の出来事を可笑しそうに話す。

けれど、俺はそれには笑えない。
ただ無言で食事を口に運んだ。

「ねぇ、今日の料理も美味しい?」

妻の料理は完璧だった。
流石、仕事を辞めて直ぐに料理教室に通い出した甲斐はあったと思う程に。

俺は静かに頷く。

「そう、良かった…貴方の為に料理の腕を上げたものね」

ふふっとまた小さく肩を揺らす。

正直。
味なんてよく分からない。
この食卓で何を言われるのか。
それに怯えている日々。

チャンミンの気持ちさえ確認出来れば。
この拷問から一刻でも早く抜け出したい。

あと4日。
それを我慢すれば彼と過ごせる。

そんな事を考えてただひたすらに口に運び続ける俺に。

妻は。

「明日は何を作ろうかしら…」

独り言のように呟く。







ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/06 (Sat) 16:06 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/06 (Sat) 19:38 | # | | 編集 | 返信

れ***様

こんばんは(#^.^#)コメント有難う御座います♡
日中に頂いたのにすっかり日も暮れて夜の返信ですみません>_<
うわわ( *´艸`)凄く嬉しい事を言われて思わず…(;_;)うるっと来ました。
私こそ、皆さんから寄せて頂くコメントに励まされて癒されて。こうしてまたコメ返を書いてる時間はとても楽しいひと時です♡
実は…お話を書くよりもコメントを書く時の方が力が入ります(笑)
◯◯さんはこのお話が好きだもんな〜とか、ちょっと相談してみようかな?とか色々とその方の事を考えながらなので気付くと長文になっていたり(^^;;あは♡

では本題に!やっぱり?ですか??旅行先でも溺れちゃうんでしょうね〜ミンに。
はぁ〜浮かれてるユンホ室長に忍び寄る奥様の黒い影´д` ;怖い〜〜〜〜
あっ♪禁断の果実、見ました??もう♡最高のイメージ画ですよねヽ(〃∀〃)ノ
またあれも続きが書きたいですね〜
父子の許されぬ恋…うひゃー。

2015/06/06 (Sat) 21:54 | shin #- | URL | 編集 | 返信

ひま***様

こんばんは(#^.^#)コメント有難う御座います♡
ひま***さんの考える恐怖献立がΣ(゚д゚lll)笑える〜(笑)(笑)と思ってしまいました(。 >艸<)凄〜い♡♡
ふふ、実は先程ボーッとしていたら急に降って来ました!どの料理にするかはノーヒントで行きます。えっ?小声で教えましょうか?じゃあひま***さんにだけですよ。って皆んなにバレちゃうから!!
と、長いノリツッコミしてみました(笑)
だって、献立考えているひま***さん滅茶苦茶楽しそうなんですもの(T▽T)アハハ!

年上を嗜めるチャンミンの色気たるや…
しかも見事に映像が脳内変換出来てます!!その通りです\(//∇//)\
あぁ〜チャンミ〜ン!

優しいお話は当分お預けですね^_^;この昼ドラ、40話は越えたいので!!まだまだ清い心は戻りそうに御座いません!!
明日もまたこのドラマにお付き合い下さいませ♡

2015/06/06 (Sat) 22:08 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック