2015_06
04
(Thu)00:00

陽だまりの中 ~あとがき~

こんばんは管理人のshinです。

今回のお話は如何でしたでしょうか?

今日のこの時間をファイティン!チャンミン☆の投稿だと思われて訪問してくださった方もいらっしゃると思いますが(^_^;)

それはまた明日。

今夜は陽だまりの中のあとがきにお付き合い下さい。



さて、そもそもこのブログ自体のテーマが

『貴方と永遠の愛を生きたい…』

なので、なるべくそのテーマに辿り着くように内容を考えて進めているのですが。

初めから悲恋の匂いを醸し出してみてもいいかな、と。
それでユノが大怪我をして登場する訳です。
そして声も失う羽目に。

じゃあ声を出せないなら意思表示はどうする?

目とか表情で表すしか無いな。
それならいっそ記憶も消して、無垢なユノにしてみますか。

無垢なユノ…私の中で勝手に妄想をしたら可愛い猫になりまして。

甘えん坊で寂しがり屋で、愛くるしいユノ猫。
人間なのに猫みたいな生活。

そんな彼を愛するのは、今までのテイストとは一変させた男らしいチャンミン。
格好良くて、ユノには激甘な男性。
けれど、本当の愛を知らない孤独な男。

ユノにチャンミンを『チャンミンさん』と呼ばせたくて少し大人の雰囲気のチャンミンに設定してみました。

そして、2人が惹かれ合うのに時間は掛かる筈も無く。
体も心も直ぐに通じ合います。

毎回エッチばっかりしているんですけど、あまりネチっこく表現しなかったので淡々と書きました。
それが逆に厭らしかったようで、予想外で嬉しかったです。

でもでも。
2人には向き合わなければならない過去がチラリと顔を見せるだけで…
その不安は2人がどんなに脆い関係であるのかを感じさせます。

今回は悪役にキュヒョンさん、ホジュンさんを使わせて頂きました。

私は2人が好きなので敢えて悪役に使ったんですよ。
リアルな世界ではチャンミンとユノの親友さん達ですから。
他の名前は思い浮かびませんでした。

ホジュンさんの登場に驚かれた方もいらっしゃったようです。
愛するが故にです、御理解有難う御座います。


文章中に時々登場した向日葵の花は、『寵愛』の花言葉を使いたくて。
花言葉から探し出し、向日葵の花に辿り着きました。
温室で向日葵の花に囲まれながらホジュンの為に涙を流すユノの光景を目に浮かべ。
美しく儚い彼の澄んだ心を表現してみたり。

明るいイメージの花と対照的なユノの心。

そんな向日葵との絡みは私の中でも好きな部分です。


チャンミンはこのお話の中で少しずつ心の成長を遂げます。
家族の愛、仕事愛、そして本当に守りたい人への愛。
それはユノに出会って、ようやく向き合えたのです。

けれどそこに行くまで、何度も揺れ動く心の葛藤。
だって…これは作り話ですが、人生何度だってその人の想いがあればやり直せるんじゃないか。って。
チャンミンはそんな自分と何度も向き合って、ユノの幸せを掴ませてあげられたんです。


最後は全て幸せに。

ユノには沢山辛い思いをさせてしまったのでハッピーエンド主義では無いのですが、関わった全ての人々に彼の幸せを願って欲しいと思いました。

よく私は他のお話でも神様を使います。
ユノが敬虔なクリスチャンですから。
リアルなユノが切る十字の姿がとても印象的で、彼の心にはいつも神が支えなのだろうなと感じています。

挙式に関してはチャンミンが仏教徒でも彼の為には育った教会で愛を誓うのではないかと。

これでやっと本当のスタートラインに立てた2人です。
この先は必ず幸せが約束されている筈です。

何故なら、ユノは若い内に辛い事ばかり経験して来ました。
それでも前を見て進もうとする彼なら神様が幸せ与えてくれますよね。

私も幼い頃から両親にずっと言われ続けてるのですが。
「人生、必ず帳尻が合うように出来ている。だから若い内に辛い事があっても、最後には幸せになるからどんな壁も逃げないで向き合いなさい」と。

まだ私の人生というものにその答えは出ていませんが、そうであって欲しいと思います。


リアルなユノとチャンミンも東方神起を続けて行く上で多くの困難がありましたよね。

必ず幸せが訪れると私は願っています。


………おっと~何だか物凄く真面目(笑)
変な宗教とかの洗礼は受けておりませんのでご安心ください。

前半、散々エッチばかりさせておいて。
人生観を描くなんて笑われてしまいますね。

でもそれがshinワールド?
そう思ってお付き合い下さいませ♡

読者様からその後の2人のお話をリクエストも頂いてます。
その時にはたっぷりと甘い甘い2人を書いてみたいですね♡


さてさて、今度はファイティン!チャンミン☆ですね~。
正直、ノープラン。
何とかなりますかね(笑)



ではでは、最後までお付き合い下さり有難う御座いました(*^o^*)

あっ、過去作品にもコメントをお寄せ下さり有難う御座います♡
とっても嬉しく、有り難く読ませて頂いてます♡


ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

ユノもチャンミンもshinさんも、まだまだ道の途中。
(もちろんmamも)
楽しみましょう。

2015/06/04 (Thu) 07:39 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/04 (Thu) 08:01 | # | | 編集 | 返信

723621mam様

おはようございます*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
そうですね。まだまだ道の途中。
ここで満足していては駄目。まだまだ先は明るいですよね(#^.^#)

2015/06/04 (Thu) 08:41 | shin #- | URL | 編集 | 返信

ゆ***すみ様

おはようございます*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
うわ( *´艸`)そんな風に感じて頂けて嬉しいです♡♡
私も幼い頃のチャンミンは別として、最近の年齢の設定だと男らしい包容力のある彼を書きたくなるんですよね。
同じ事務所の後輩達にあれだけ慕われている姿を見ると、ヒョンとして振舞うチャンミンはこんな感じかな?と想像したりして。
そうそう!!そうなんですよ〜ゆ***すみさんのイメージ通りですよ\(//∇//)\
白シャツを軽く羽織ってお仕事してるんです(#^.^#)♡
それだけでセクシーですよね〜、だからユノもこそっと覗いては見惚れていたんでしょう(笑)
余裕があるチャンミンに対して甘えん坊のユノ。
このミンホ、楽しかったのでまた書きたいです!
ミンホの案は2作程、頭の中でストックしてますけど。
当分、世に出る事はないようです(^^;;
ゆ***すみさんの好きなチャンミンはお預けかな、、
取り敢えずは現在のお話と保留中のお話を完結させてからですね♡
またお付き合い宜しくお願いします(。>∀<。)

2015/06/04 (Thu) 08:52 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック