2015_06
01
(Mon)00:00

陽だまりの中 episode 36





優しい陽射しがリビングに降り注いで。
その温もりに包まれながらカタカタとキーボードを打ち込む。

穏やかな時間、俺の仕事も捗る…筈だった。



なのに、、

さっきからドタバタと……

大と小が部屋をぐるぐると駆け回っている。




実はうちには猫が2匹になった。





ユノにお使いを頼んだ雨の降りしきるある日。

予想していた時間よりも遅く戻り、心配する俺を縋るような目で見つめ。

頼んだ用事以外の物を抱えて帰って来た。

それが今、ユノと戯れている。

子猫だ。




猫のようなユノが猫を拾う…

まぁ、同士を助けたのか。

そう納得をしてマンションで一時的に預かる事を許した迄は良かった。


どうせ猫だろ、そう思って世話はユノに任せたんだ。

けれど、四六時中。

その猫はユノにべったり。

俺の知る猫の知識はもっとツンデレって言うか、そんなに人に纏わり付かないもんだと思っていたのに。



俺の入る隙が無い…

正直、妬ける。


猫相手に嫉妬なんて見っともない話だろうけど、ここまでユノを独占する奴なんて、、、


ん…?ドタバタと煩く走り回ってた2匹はどうした?

こうやって直ぐに目を離すと大抵、ロクな事をしていない。


大きなソファの向こうにユノの足が見える。

そのソファの上から覗いて見ると、、、

案の定。

子猫に顔をペロペロと舐め回されて擽ったそうにしているユノの姿。

それだけならまだいいんだ。

猫もそっと爪を立てないように肉球の腹をユノの胸に押し付けて。

今度はその盛り上がった乳房も舐め始めようとする。

ザリザリと、猫特有の舌の刺激に。

在ろう事か、、、悶え始めるユノ。



「おい…いい加減にしろ」

自分の男が目の前で他の奴に感じてる姿なんて、許せないだろ。



「猫なんかに感じさせてたまるかよ」

とろんと蕩けたユノを四つん這いにさせて。
たっぷりと唾液を絡めて穴を刺激する。

どうだ。
猫とどっちがいい?

わざとクチュクチュと水音を響かせてユノを煽っていると。

ふるふると揺れるユノのモノに釣られて。

子猫がペロッとその先端を舐める。

猫じゃらしかよ…



後ろは俺に。

前は子猫に。


有り得ない光景にユノは涙目で震える。



実は子猫も雄なんだ。

ユノってやつはどうしてこうも同性から好かれるんだろうな。



取り合いをしないで共存するか?

子猫とアイコンタクトを交わして俺は笑った。




残念だけど、それは出来ない。

ユノを取られてたまるかよ。

直ぐにでも新しい飼い主を探してやるさ。





だって。

お前にユノは勿体無いと思わないか?











日テレドキュメンタリー観ました…
ユノの意外過ぎる流暢な日本語とチャンミンの自由さ。ユノの口から連呼される思ってもみなかったMCの極意。糞真面目なユノのコメントに対してチャンミンの砕け過ぎるコメントの数々。LIVE終了直後のユノのキツそうな姿。終始デフュるチャンミン。さっきまで寝ていたのになかなかいいコメントをする柿やん。などなど。

決して、私は日テレの回し者では御座いません。
でも次の沖縄編も必見の予感。
こう言うのをDVDで出さないのか?
と、最後に問い掛けて眠りに就きます。





ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

猫は滲み出るミルクを舐めるだけ?
じゃれついて爪たてられたりしてないよね?



久しぶりのツーショットを目にし、ドキュメントをガン見し、
どれだけユノとチャンミンに飢えていたかに気づく。
いろんな感情が交差してる。

2015/06/01 (Mon) 07:47 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

おはようございます*\(^o^)/*コメント有難う御座います♡
はい、胸は爪を立てずに肉球でぷにぷに揉むだけです。
でもふるふると蜜が出てる所は…猫じゃらしと間違えているのでシャーッて引っ掻くかもΣ(゚д゚lll)
ユノピンチ…

ガン見でしたよね(。-_-。)
このツーショット。次見れるのはいつ?とか…
2人の素の部分にいきなりグッと来るものがありましたよ〜
あー、こりゃ全部観たなら泣けるんだろうなと覚悟してます。

2015/06/01 (Mon) 08:50 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック