2015_01
05
(Mon)00:00

僕の先生♡





R-18

※閲覧は自己責任でお願いします


息抜きに爽やかエッチのSSを挟みました。
お付き合い頂ける方はどうぞ♡









少し長めの前髪から覗く黒い縁取りの眼鏡

眼鏡の奥には綺麗なアーモンドアイ

スッと通った鼻筋

唇の上のホクロ

ふっくらとした下唇

あぁ本当に…かっこいいなぁ♡



「見惚れるほど俺はかっこいいか?」

「…あっ/////」



クスクスクスッ

「ちょっと休憩しようチャンミン」


眼鏡を外して僕を覗き込む先生にドキドキが聞こえそう…
煩いよ僕の心臓!


「あっ、僕飲み物を持って….んっ…ふぅん…はっぁ…ん…」


っちゅぷ

「…飲み物じゃなくてチャンミンを戴くからこのまま…ね」



あのふっくらとした唇が角度を変えて甘いキスを重ねる

はあぁ…気持ちいい…何度されても先生の唇は気持ち…いい



「あっ…!」


「ふふ、チャンミンのここ…もう凄いね」

//////!!!!

スルッと下着の中に滑り込んだ先生の綺麗な手


「あっ!やっ….…!」

思わず気持ち良くて出ちゃう声を堪えて先生を見上げると


「あんまり俺を煽るなよ…悪い子だね…」


そう言うと先生は僕の股に顔を埋めて…


ふるふると流れ落ちる蜜を舌で絡め取る



「とても美味しいよ…チャンミン…でも声は我慢してね」

…お母さんに聞こえるから

と耳元で囁かれ舌を捻じ込まれた

「ふうぅん…」





あ….はぁ…とても熱い…身体中の血液がそこに集まっているかのように…熱い


僕のを…先生が…





熱い口内で蠢く舌



根本ギリギリから先端まで上下に擦り上げれ



ぴちゃぴちゃと音を立てながら見上げる美しい顔



ゾクッ





はぁ…
……もう限界



「…んっはぁ…っ…もうっ………い…っ…ちゃ…」


電流が爪先から頭まで駆け巡るような痺れ



ドクドクドク




ゴクリと喉を鳴らして僕の放った物を

飲み込む姿に目眩がした




濡れた唇を指で拭う仕草が


…エロい



「ご馳走様チャンミン♡」


チュッとキスされた唇が


少し苦かった////




ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村にほんブログ村

関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック