2015_05
14
(Thu)12:00

ファイティン!チャンミン☆ ~おまけ~#7

-Changmin side-




小さなテーブルを囲んで先輩が作ったビビンバを掻き込む。

僕の左隣に先輩、そして向かい側にキュヒョン。

胡座を掻いている僕の太腿に自然と先輩の右手が置かれて。

一瞬、ビクッとした。

先輩は左利きだから右手がテーブルの下に隠れても多分、キュヒョンは怪しまない。


だからって、、、

先輩は徐々に手をすすすっと移動させて



僕の、、、チャンミン君に触れたんだ////!

さっきのえっちでぐったりと寝ていた彼は

えっ?もう出番なの??って感じでむくむくと起き出す~


いやっ!先輩!!やめてぇ~////


「ひっ、、、!」


…あぁ、変な声が出たよ…


「どうした…チャンミン?」


だぁ!?先輩がそれを言うか!!

しかも何でそんな優しい顔で覗き込んで来るの??

下も優しくさわさわされてるし、、、

先輩~~~~~


「チャンミンどうした??そんなに辛いか???」


僕が涙目でいたもんだから向かいのキュヒョンまで怪しんでるじゃん!!


「ちがっ…」


そう言い掛けて、やっと先輩の手が離れたんだ。


あぅ。

中途半端もキツイ。

イクにイケない。

まさに蛇の生殺し状態。



だから。

ガーッと一気にご飯を掻き込んで僕はキッチンに逃げたんだ。


冷蔵庫から取り出したコーラを胃に流し込んで冷静さを取り戻そうって。


考えたのに…



「洗い物してて」



キュヒョンと自分の分の食器を持った先輩にぴったりと後ろからくっつかれて、、、


キュヒョンから死角のこの場所で。


扱かれた。





ぐちゅぐちゅと擦れる水音は


食器を洗う水音に打ち消され。



僕の吐息は先輩の唇に封じ込められて



キュヒョンがそこにいるのにって思うと、、、



呆気なく果てた。





肩で息吐く僕を支えながら先輩は手早く処理をする。


そして


「俺も抜いてくる」


…って////


トイレに消えて行ったんだ。










お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

若いなぁ~♡

毎日楽しみに読ませて頂いてます!
ちょっと変態なチャンミンとユノさんが
大好きです♡
二人とも何回も( ̄□ ̄;)!!若いなぁ~♪

2015/05/14 (Thu) 12:15 | くみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

くみちゃん様

こんにちは(*^^*)コメント有難う御座います♡

毎日とは♡嬉しい限りです( *´艸`)
あは!変態チャンミン(笑)
今回のおまけはそこを抑えつつ、ユノ先輩のチャンミン溺愛っぷりを推している私です。
意外に変態チャンミンが受け入れて頂けてるみたいで驚いてます((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

本当、若いですよねぇ(*/∀\*)イヤン
高校生っていったらもうねぇ…うふふ。
今後もどうなりますかね♡

2015/05/14 (Thu) 12:31 | shin #- | URL | 編集 | 返信

No title

ユノ先輩は、イタズラがお好きとみえる。

2015/05/14 (Thu) 12:38 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんにちは(*^^*)コメント有難う御座います♡

イタズラ好き、なるほど(笑)
そんな見解ですか、ふむふむ。
ユノ先輩はチャンミン溺愛ですからね(。 >艸<)
だからこうなっちゃうんです♡♡

2015/05/14 (Thu) 12:52 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック