2015_05
09
(Sat)12:00

ファイティン!チャンミン☆ ~おまけ~#2

チャンミンのお母さんは久し振りに会ったけどとっても美人で。


「いや~お母さん、相変わらずお綺麗です♪」



なんて言ってみたら、チャンミンが今住んでる所の地図まで書いてくれて(笑)

あっさりと辿り着いたよ。

流石、僕。


待ってろよ!チャンミン!!







・・・・って。

出迎えてくれたのは寝起きで気怠そうな、、、

物凄いイケメン。


ボサボサの髪を掻き毟りながら


「ん~、、、どちら様?」


って。下だけジャージを履いて…上半身は裸/////

いや~目のやり場に困る肉体美だ、、、。



って!おいおい、男の体に見惚れてんなよ僕!

悪いけどそっちの趣味は無い。


「あの…ここにシム・チャンミンが住んでるって聞いて来たんですけど…」


そう言えば、お母さんは居候してるって言ったかな?
テンション高過ぎて何を言ってたのか聞き取れなかったんだよ。


「んー、チャンミンね…えっ?お友達??」


急に目をくりくりさせて興味津々って顔のイケメンさん。

そんなに珍しいかな?


「はい。中学校時代の友人でチョ・ギュヒョンと言います。」


僕は礼儀正しく挨拶をしてそのイケメンを見る。

さっきの気怠さが抜け、一気ににこにこと満面の笑み。


「遊びに来たんだろ?まぁ、上がって、チャンミンを起こしてくるから」


そう言って僕をぐいぐいと部屋に招き入れるんだ。

じゃあ遠慮無くお邪魔しちゃおう。



って言うか、、、

へ?まだ寝てんのチャンミン!?

あの真面目で早起きのチャンミンが??

もう12時なのになぁ…へぇ。

ちょっと生活スタイルが変わったのかな?


僕は2部屋ある内のリビングっぽい方へ通されて、カーペットに腰を下ろす。

イケメンさんはもう一つの部屋に向かって声を掛けながら飲み物の用意。

お構いなくって言いたけどまぁ、喉も渇いてるし頂こう。

ついでに言えば腹も減ってる。

2人は朝ご飯も食べずに寝てたのか?

ふーん。



「…キュ…ヒョン…?」


後ろから聞き覚えのある声に振り向くと

そこには見た事もないチャンミンの姿が、、、


あったんだ。



一言で言えば。



艶っぽい。






寝起きのチャンミンは…ヤバかった。








お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

ギュ、
ときめいても、もうチャンミンはユノのものなの。
残念!

2015/05/09 (Sat) 15:29 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんにちは!コメント有難う御座います♪

本当に残念。
その艶っぽさはユノ先輩のお陰なのです、ギュ様。

寝起きの気怠い2人を私も覗き見したいです┃電柱┃_・)ジー♡♡♡

2015/05/09 (Sat) 15:38 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック