2015_05
06
(Wed)12:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 32







もう、こんな状態で言い訳は出来ない…

だから包み隠さず全てを打ち明けたんだ。



電車で一目惚れしてからずっとストーカーしてましたって、、、、





僕はその時、覚悟したんだ。



絶対に変に思われて


幻滅されるって思ったのに、、、、




なのに。


ここが学校なのも忘れる位


先輩はいきなり僕をぎゅーっと抱き締めて


「チャンミン…早く帰ろう…」


って。




僕は本当に訳が分からないまま


先輩と手を握りながら


帰りの電車を待ったんだ。




ねぇ…先輩、どうしちゃったの?

怒ってる訳じゃないんだよね…?



さっき、抱き締められた理由も分からないけれど


こうして公然と手を繋ぐ先輩の気持ちも分からない。



ふと隣を見れば


先輩は何だか嬉しそうなんだ…


じゃあ…怒ってないんだよね…?




そして僕達が乗る電車が来て


いつものあの車両に乗り込む。




「…チャンミンは中学校時代は女の子にモテたの?」



って突然、何の脈絡も無い質問。

んー、先輩は本当にどうしちゃったの?



「いえ、、、全然モテなかったんです。って、今もモテる訳じゃないけれど…。身長が小さくて細くて、もやしだってからかわれてました」


「そっか」


それだけ言うと先輩はまた黙ってしまう。

んー、んー、んー、、、、



謎だ。




そしてそのまま、また手を繋いでアパートに戻る。


玄関で繋がれた手がようやく解けた時には


僕はもう


先輩の腕の中。




「俺…やっぱり…チャンミンが好き…」


いつもたっぷりと愛情を全身で注いでくれる先輩が


今日は一段と甘い…



もうどうしてそんなになちゃったのか

訳が分かんなくたって、、、





そうやって何度も耳元で優しく愛を囁かれて


優しく何度も口付けをされて


優しく…優しく…丁寧に愛撫をされてしまえば



気付けば僕だけ何度も熱を吐き出してしまって



それでも愛おしく見つめる先輩の瞳が


僕に降り注ぐだけで


また何度だって昂める事が出来る気がするんだ



それだけ先輩の行為はいつにも増して


優しかったから。





そしてぽつりと



「俺…どうしてチャンミンなんだろうって…どうして好きになったのが男だったんだろうって、、、でもその答えが分かった気がした」



そう、言うんだ。






そして


「それは…運命だから」


だって。







end







もう一話ありますからね。

もう貴方は分かりましたでしょうか?

ふふふ…




お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

ヨダレたらして寝てそうで、臭そうなひと(mam調査)

2015/05/06 (Wed) 14:52 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんにちは、コメント有難う御座います♡

一瞬、コメントを読んで…ん( ? _ ? )ってなりましたよ(笑)
つまり、寝たふりだったって事でいいですか??
当たってるかな〜

2015/05/06 (Wed) 16:15 | shin #- | URL | 編集 | 返信

No title

あーはーはー!
ユノ臭そうって、コメしたのよ。
ユノなんて名前出てなかったのに。笑
なんとなく不思議なトーンで、おぼえとこーって。

2015/05/06 (Wed) 20:54 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

mamさん(。 >艸<)
ご解説ありが㌧♪(・ω・)ノです!
にゃーはーはー。

2015/05/06 (Wed) 21:01 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック