2015_01
02
(Fri)20:31

バス episode 11





「これは兄の残した日記です…
本来なら勝手に持ち出すのは良くないのかもしれません。
でも…私はユノさんにお渡しするべきだと思ってずっと貴方を探してました。」

そう言って渡された日記…


ここにはチャンミンの思いが


記されている




ずっとあれから


自分の元を去った


チャンミンの気持ちを知りたかった




けれど


今は


怖い






俺の震える拳にそっと重なる手…


「ユノさん、私も兄と向き合いました。

…私の中に兄は今も生きています。

自分の命と引き換えに私に光を与えてくれたんです」


ボロボロと大粒の涙を流しながら


彼女の瞳は俺を真っ直ぐ見つめ


「私の瞳に兄が見えますか?」





---------------------------------------------------




私は幼い頃に不慮の事故で

視力を失ってしまった


何度か角膜の移植手術を受けてみたけれど

拒絶反応によって視力が戻る事は無く


一生、光の無い世界で生きる覚悟を決めて

前向きに生きているつもりでいたから

兄の決意を知る由も無かった




まさか兄が…

私の為に

移植を希望していたなんて…




兄の思いが知りたくて読み進めた


日記





そしていつしか


兄の思いに


自分を重ねて


ユノさんに惹かれていった…





私は与えられたこの瞳で


ユノさんを写し




ユノさんは私の瞳の中に


兄を写していても




それでも構わない


一生叶わない思いだとしても


ずっと側に居たいと


貴方に会って


強く



そう感じた







ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック