2015_05
05
(Tue)12:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 30






「ユノ君や、うちのチャンミンとこの先どうするつもりなんじゃ…?」


あれは多分…天国。

そして意識の片隅で会話をしたのは

チャンミンのお祖父ちゃん、、、?



あの時、俺は咄嗟に


「何があっても俺が必ずチャンミンを守ります」


って答えたな…



無意識に口に出た言葉、それが俺の本心だとしたら

チャンミンを守りたい。


二度とこんな風に


チャンミンを危険に晒したくない。




…そう思ったんだ。






それならこの先どうする?


どうすれば俺はチャンミンを守れる…?





結論はひとつ。


極端だって笑われるかもしれないけれど


俺にはそれしか考えられなかった。







「…なぁ、俺の傍に居ろよ」



一瞬、何を言ってるのか分からないって顔をしてチャンミンは困った表情を浮かべる。


俺はそんな事も構わず言葉を繋ぐ


「朝も、夜も、俺と一緒に居て欲しい。駄目か?」


自分でも突拍子も無い事だって分かっている。


けれど…

このままじゃまた練習になんて身が入らない事だってある。

付き合いたてなら色んな欲求が増える。

多分、それは思春期の俺達にはよくある事だけれど

それを練習にまで引き摺るようだと、、、

危ない。


一つ間違えば命の危険だって避けられない。



それなら

その欲求をひとつひとつ解消して


日々を過ごしていけたらって。



本当に俺は単純な男かもしれないけれど


チャンミンを傍に置いて


彼の不安や欲求を溶かしたり満たしたり


してあげたいと思ったんだ。



だから


「俺のアパートに来いよ」



それがチャンミンのお祖父ちゃんとの

約束の答えだった。






でもやっぱり唐突過ぎたかな…



「なぁ…」



俯くチャンミンの顔を覗き込もうとして


「先輩!!」


思いっきり抱き付かれた


ぎゅう、ぎゅーって、、、



勿論、答えはYes。


それを態度で表現してくれるチャンミンが


愛おしくて仕方がない。




本当にヤバいな。



「じゃあ、明日実家のご両親に承諾を貰いに行こう、な?でも…今夜は帰さないから…」


赤くなった耳が可愛いだろ…

それが返事だよな?




今夜は2人の欲求を満たそう…


なぁチャンミン?






お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

嫁入りですか?
婿入りですか?
どっちでもいいや、チャミ入りなのは間違いないもんね。
ヤッターーーーーー!!

2015/05/05 (Tue) 21:16 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

嫁入り(笑)婿入り〜(爆笑)

あっ、こんばんは;^_^
コメント有難う御座います♡

チャンミンと先輩の同棲生活は、、、
うふふ♡
その内、分かりますから辛抱してお待ちください。
いつまで待つかは言えませんが(笑)

2015/05/05 (Tue) 22:52 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック