2015_05
03
(Sun)12:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 26






俺の口の中で果てたチャンミンをもう一度ベッドに沈めて手早く服を脱がせる


何も身に付けないチャンミンの体。



入部当初には無かった綺麗に割れた腹筋


ピンク色の固く勃つ乳首


臍の周りに薄っすらと生える体毛



あの甘い愛らしい顔から想像も出来ない男らしい体に


俺の体も素直に反応を見せる。




恥ずかしさから手で覆い隠そうとするから


やんわりと制止した。




俺の視線を感じながら


ピクッピクッと脈打つ男の象徴がどんどん蜜を垂れがして


その羞恥を煽る。




付き合う前は男の体にこんなにも興奮を覚えるなんて考えてもみなかった。


けれどそれは恐らく相手がチャンミンだから。


俺はチャンミンだからこんな気持ちなるんだろうな…



チャンミンが痛がる事はしたくない。



だから。


優しく舌の柔らかい所で


チャンミンの窪みを舐めた。



キュッと萎む蕾は桜色で、、、誰もここへは出入りしていない証拠。



そこへゆっくりと指を挿し入れて


ふにふにと入口を丁寧に解していった。



どんなに時間を掛けてでもチャンミンが気持ち良くなければ駄目だ…



時折漏れるチャンミンの吐息から


だんだんと色気のある言葉が出て来て…



遂に



「、、あんっ……」



なんて。



ヤバいな。





少し汗ばんだ額に髪の毛が張り付いて


色気のあるチャンミン。



こんな姿を目の前にして俺だって我慢の限界。




少しだけ挿れると


あの可愛い口からもっといらやしい吐息が漏れ出す。




痛みが和らぐように


ゆらゆらと揺れるチャンミンのモノを


掌で扱くと



「はぁ、、ん、、、」


と体を捩って俺を少しずつ飲み込んでいく。




その姿は


初めてな筈のに凄く…



いやらしい。




もう理性なんて手離して


チャンミンの腰をガンガンと突いてしまった。




その所為でチャンミンが意識を失ったのも分かったけれど



もう止められない。



全く余裕の無い状態でチャンミンの中で動く俺。



チャンミンが意識を取り戻した…。



ヤバいだろ…



潤んだ瞳に


半開きに開いただらしない口元


そしてきゅんっと締め付ける窪み。








まずいな…チャンミンとのSEXは…





凄くヤバかった。







お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

あんっ、もう、ユノ先輩ったら!!
うちのチャンミン、先輩次第ではもっとエロくなる事、うけあいます。
先輩もエロエロで、一緒に昇天しちゃってくださいませ。

2015/05/03 (Sun) 12:37 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんばんは(*^_^*)コメント有難う御座います♡
でもすみません、返信遅くなってしまいました>_<

あのチャンミンとユノ先輩のトーンが違い過ぎて受け入れて頂けるのかと心配してましたが大丈夫そうですね( *´艸`)

ユノ先輩から見るチャンミンはなんともまぁ…可愛くてエロいんですヽ(〃∀〃)ノ
しっとりとしっぽりと先輩の前です濡れるチャンミンを想像して下さい!
悶えます〜(笑)
先輩次第でエロスに?要素ありありですからね(。 >艸<)

2015/05/03 (Sun) 21:09 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック