2015_05
01
(Fri)00:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 21






俺が泳いでる姿をギャラリーは勿論

チャンミンも目で追ってくれる。


だからわざと

帽子もゴーグルも外して

濡れた髪を掻き上げる。


それをチャンミンが喜んでくれるからだ

俺に見惚れる彼が可愛い。



俺達は恋人なのにまだ恋をしてくれてるなんて

堪らなく可愛いだろ…?



あっ、さっきから可愛いばっかり連呼してるけど

勘違いするなよ?


チャンミンの容姿は"可愛い"じゃなくて

"かっこいい"だ。


入部したばかりの頃は線の細い体だったけれど

カイの作ったメニューのお陰で

今は見事な逆三角形の体型を維持している。



そんなチャンミンをギャラリーは放っておくか?

無いよな。



けれど当の本人は全くそれに気付かない様子

意外に鈍感なんだ。



だから、恐らく…

テミンの気持ちにも気付いてないな…。



俺からテミンに言うのも変な話だし

チャンミンに教えるのもどうかと思うし。



その内、カイが気付くだろ…

だから俺は放って置くことにした。



そんな周りの事よりも俺は今の恋愛を大事にしたいんだ。

チャンミンとの時間を。








そんな中。


少しずつ水泳に上達が見られる彼に

俺が指導係を立候補した。


予選会は通過した為、その申し出に部長は快諾。

本大会に向けての居残り練習が始まる。



ギャラリーが見守る中、2人だけの練習。

水の中では俺はチャンミンのコーチ。




けれど…

陸に上がれば俺はチャンミンの恋人。






水で冷えた体は熱いシャワーで


紫色に染まった唇は…俺のキスで


熱を与える。




頭から濡れて頬を上気させるチャンミンは

言葉にならない程色っぽい…



だから答えなんて分かっているのに



「チャンミンいいか…」


蕩けた瞳に問い掛ける。



「…先輩、触って下さい…」


それを言わせたくて。



水着の中に滑り込ませた手に

硬くなったモノが触れる。



少しだけずらしてそれを取り出す。

そしてゆっくりと上下に扱きだせば…


体を俺に預けて

目を瞑りながら浅い呼吸を繰り返す。



その顔が堪らない。

綺麗なチャンミンが歪む顔。



少しでもそれを眺めたくてゆっくりと

確実に追い込む。



誰も居ないシャワー室は

どんなに雄の匂いを撒き散らしても

構わないから。



ゆっくりとゆっくりと

俺の掌で果てる

チャンミンを味わうんだ。










こんな風に少し進んだ俺達の関係。

だけどもう少し俺は進みたい…




「なぁ…チャンミン、今日うちに来るか…?」



チャンミン、その意味は分かるよな…








お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

チャンミンは「可愛い」じゃなくて、「かっこいい」なのね。
ユノ君、りょーかーい。
そして、
……………うふっ、
あ、でも相手はチャンミン。
素っ頓狂なことにならなきゃいいけど。笑

2015/05/01 (Fri) 07:52 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんにちは(〃∀〃)ゞGWで栃木県に出没してました!
コメント有難う御座います♡

そーなんです、かっこいいんですよ( *´艸`)
でもユノ先輩は可愛いチャンミン♡

ぐふ、あのチャンミンですからねぇ(笑)
ユノ先輩とチャンミンの温度差〜(笑)あはは

2015/05/01 (Fri) 15:38 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック