2015_04
22
(Wed)12:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 4







「のわぁぁぁっ!!」



今まで障害だった部長さんが後ろを向いた途端…



あ、あの…ユンホさんがぁ~!!

直ぐそこに…い…る…



しっとりと濡れた髪に紫の唇がいやにエロい…♡



ってそんな呑気にしてる場合じゃ無かった

ハァハァハァ、ヤバい…酸素が…



「大丈夫?」


うわっ!横から部長さんが来た!!


「だ、大丈夫です!!」


ひっ!ユンホさんも近付いてくる!!



いや、、、もう、やめてーっ!たすけて~!!














ん・・・ここ何処だ?




「あっ、目が覚めた!?」


部長さん…?


と、ユンホさん!!!!!



下から見上げる視界にはさっきの部長さんとあの憧れのユンホさんが居たんだ。



そして何故か2人共、とても心配そうな顔をしている、、、




まさか。




「急に倒れるからびっくりしたよ」



やっぱり…

さっきから後頭部がズキズキするのはその所為か。



「すみません…」



情けない。



逃げ出そうとして足を滑らすなんて。

影に潜むどころか、醜態を晒すなんて…

地下30メートルぐらい穴を掘って、今直ぐそこに入りたい気分だ…


はぁ……。




「何だかとっても落ち込んでいるところ悪いんだけど、さっきの返事を聞かせてくれない?」




あ、部長さん。

やっぱりそこは流してはくれないのね。



はぁー、僕が運動なんて有り得ないんだけどなぁ。

どうしようかなぁ…何て断る?




「ね、ユノもお願いして?」


ドキッ


どわっ!!ユンホさんの顔が、目が、僕に向いてるぅ~


半乾きの髪の毛がちょっと跳ねててヤバい

堪らなく可愛いぞ…♡



「人数足りないと予選会に出られないんだ…ね、駄目かな?」



う゛っ、駄目かなって…そんな…事…言われても



「ね、お願い…チャンミン君」



Why!!!!?


い、、、、いま、なんですとぉ!?

ちゃ、、、、、、ちゃ、ん、み、ん、、、君??



「チャンミン君…?」



ストップ!ストーーーップ!!

それ以上近付くのは駄目…

もうこれ以上見つめられたら鼻血出そう、、、


はぁ……。


「わ、分かりました、、、入りますから!!」


だからお願い!僕をもう解放してぇ~





「やった!!ありがとう!!」




って…ハグ………!!!



あっ、ヤバい出る…



「ユノ~!!チャンミン君が鼻血を流して気を失ってる!!!」




記憶の片隅にこだまする部長さんの声…






こうして僕は密かに眺めて

楽しんでいた恋心を抱いたまま

水泳部に入部する羽目になったんだ…


そしてそれが

天国への階段を昇る日々になるなんて

誰が予想出来たと思う?








お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

部長さんのお名前は?
階段?天国への?
ツェッペリン? 知ってる?

2015/04/22 (Wed) 21:28 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

コメント有難うございます(〃∀〃)ゞ

あは〜レッド・ツェッペリンですか!!
そう来ましたか(*`艸´)なるほどね、ふふふ。
今回のお話は軽〜くコミカルです。

部長さんはそろそろ出ます。あと2時間後くらいに。
2話ずつ投稿だとあっという間に話が進むな〜(笑)

2015/04/22 (Wed) 21:59 | shin #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/22 (Wed) 22:32 | # | | 編集 | 返信

ひ***様

初コメント有難う御座います*\(^o^)/*

面白いですか(〃∀〃)ゞ?
ちょっとコミカルに走ってみました〜♪
そう言って頂けると嬉しいですね。

ヲタミン(笑)
ですね、愛のパワーで何だって出来ちゃう気がして来ます((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

2015/04/22 (Wed) 23:01 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック