2015_04
21
(Tue)00:00

ファイティン!チャンミン☆ episode 1







そう、あれは僕が中学校生活最後の初夏の頃まで遡るんだけど。

塾の帰りに何故だかその日はいつも乗る車両とは別の車両に飛び込んだんだ。

時間も時間だったから乗客もそんなに居なくて、席は選び放題だったのに…

引き寄せられるように自然と右側の奥の席へ僕の足は向いていたんだ。

そしてその誰も座っていないベンチシートに腰を下ろすと…

目の前には足を投げ出して席にもたれて寝ている人が居て。

その豪快な姿に思わず吹き出しちゃって!

慌てて手で口を押さえても、もう遅かった、、、、

その人はびくぅっと体を跳ねらせて起き上がると。

パチパチと凄い速さで瞬きをしたと思ったら、いきなりキョトンとした顔でこっちを見るんだ!!!


その瞬間



僕の心臓が止まる。



いや、、、現実的にはそれは無いんだけど。

本当にそれ位に僕はびっくりして。

それと同時に体が勝手にカァーと熱くなってくるんだ。

僕は沸騰直前までに真っ赤になったまま、その人と見つめ合っていると。

またその人が突然

「今、何処?」

って僕に聞いてきて。

ドギマギしながら駅名を告げるとその人はさっきと同じ体勢で寝ちゃうんだ。

はぁ……





残された僕?

もう時既に遅し…



一目惚れした。



そうだよ、その人に惚れちゃったんだよ!!!!

悪いか!?




えっ?理由?

そんなの分かったら僕は一目惚れなんてしていないって!

一目惚れなんて…



理由なんて分からないのにその人からもう目が逸らせない。


心臓だって、バクバクバクバクバクバク…


煩いくらいに鳴り響くし。


寝返りを打つだけでキューンって、、、胸が苦しくなるし。


気付けば呼吸もハァハァハァって短くて。


なんか文字にすると変態(笑)




でも恋の力は恐ろしい。

僕は悩むより早く行動に移る。





その日から僕はその人のストーカーになったんだ。






お話が気に入って頂けた方はポチッとお願いします



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

なんかユノくさそーなんですけど〜笑

2015/04/21 (Tue) 18:03 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

コメント有難う御座います(〃∀〃)ゞ

へっ?何処がどうユノですか?
えへへ。

2015/04/21 (Tue) 18:08 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック