2014_12
31
(Wed)15:35

バス episode 8




R-18

※閲覧は自己責任でお願いします
















「…んっっ…ぁん………やっ、、」

「…ッッんん…止めるか?」



優しい問い掛けに大きくかぶりを振って

「もっと…もっと……」



ユノさんが欲しい…



何度、肌を重ねても

何度、欲を吐き出しても


温もりが離れる瞬間に

込み上げる切なさ


もっと…もっと…



この体を貴方で一杯に


貴方と愛した証を



永遠に刻めたら

僕は

満たされるのだろうか…




------------------------------------------------------






襟元から覗く白い肌にッッと舌を這わせると

ピクッと体を震わせ俺の肩にしな垂れる



服の上からでも分かる程に存在を主張するモノを

下からやんわり撫で上げる

耳元で甘い吐息が俺の鼓膜を刺激する



手早くベルトを外し下着の中に手を滑り込ませると

既に先走りの蜜で濡れたソレが俺をそそった



指先で先端をくちっと割り込み

ビクビクっとする反応を確かめ

掌で握り締めゆっくりと上下に扱いた



しきりに漏れる吐息を塞ぐように唇を重ね

僅かに開いた隙間に舌を差し入れる


逃げ惑う舌を絡め取り

時折キツく吸い上げた




混ざり合う唾液の音と

掌で擦り上げる度にぐちゅぐちゅと

立てる卑猥な音が


俺を酷く興奮させた




限界が近い俺自身に

チャンミンの手をあてがい

自分の握り締めているモノと一緒に擦り上げ

同時に理性を手離した


優しくなんてしてやれない….








「………、っんあ…はぁ…あっん、ん…ユノっ」

俺に跨り恍惚の表情を浮かべ

細い腰付きをしなやかに揺らして喘ぐ姿が

堪らなくいやらしい



下から突き上げる度に

流れ出る蜜と

俺の放った精が混じり合う水音が

静まり返る部屋に熱を帯びさせた




何度その中に欲を吐き出しても

チャンミンは俺を求めた

…ユノ…もうぐちゃぐちゃにして…僕を…壊して…




下から見上げたその瞳は

薄っすらと涙を滲ませ目の端を赤くしていた




どうしてそんな哀しそうな瞳で俺を求める…


不安に駆られる思いを払拭するように

思いっきり突き上げた



しなやかに揺れていた体は

ビクッと跳ね上がり

支えていた細い腰はガクガクと震え

仰け反るように

そのまま意識を失ってしまった










白い肌に無数に散らばる赤い花弁をそっと撫で

汗で張り付いた前髪を指で梳く




「….ユ…ノ…」

夢の中でも俺を求めているのか

伏せられた目尻からスッと涙が流れた




この愛おしい人を安らな眠りに導きたいと

その震える体を抱き寄せ


シーツに溶け込むように

眠りについた



ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック