2015_05
19
(Tue)12:00

Love Triangle #2




魔が差したとしか言い様が無かった。

辿々しく絡み付くその舌先に。
漏れ出る淡い吐息に。
潤んで俺を見つめるその瞳に。


初めて。

男に欲情をした。


壁に寄り掛かる体を押し倒し。
抵抗出来ない様に床に手首を押さえ付け、首筋に吸い付く。

「あっ…あ、………っあ」

口元から漏れる浅い喘ぎ。

「静かにしろ」

耳元で低音を響かせる。

するとアイツはきゅっと目を瞑って口を真一文字にする。

ここで声を出して抵抗をすれば解放されるというのに。
どうしてコイツは素直に言う事を聞くのか。
そんな健気な一面を見せられれば俺の中の征服欲は膨らむばかりだと言うのに。

だから。

「舌、出せ」

瞑っていた目をそろそろと開け、俺を見つめる。
そしてその言葉に素直に舌を出して来る。

その様子に堪らなく興奮をした。

その差し出された舌を一気に根元まで吼え。
キツく吸い上げる様に舌をねぶった。

呼吸が出来ないのか押さえ付けていた手に力が入り。
鼻を鳴らして苦しい表情で助けを求めて来る。

それを上から見下ろしてようやく柔かな愛撫へと変える。

すると次第にうっとりとしだし。
恍惚の表情浮かべて俺を見上げていた。

そのとろんとした瞳は魔物だった。

カッと身体中の血液が沸き、俺は無我夢中でその舌を貪った。

次第に俺の太腿に触れるアイツの股間に納まっていたモノがカチカチに硬くなり。

俺の興奮は絶頂に達した。

静まり返るリビングの床で男同士が絡み合い。
ちゅぷっとちゅぱっと唾液の水音を響かせ。
はぁ、はぁ、と浅い呼吸。

けれどこの先、どうしていいのか分からず。
ただただ激しいディープキスを繰り返すだけ。

その間もお互いのアソコはカチカチに勃ち上がっていて。
もう堪らず服の上からアイツのモノを握り締めた。

するとビクッと体がしなって、またあのとろんとした瞳が見つめ返す。

俺は覚悟を決めた。

潤んだ瞳を吸い寄せ、強引に唇を塞ぎ。
アイツの硬くなったモノに手を掛ける。

「あんッ…」

漏れ出す吐息すら俺を煽り。
ぬるぬると滴る先走りの蜜を指に絡め。

ゆっくりと掌全体を使って扱き出す。

直ぐにぐちゅ…ぐちゅと卑猥な音が耳を犯し。
アイツもそれに興奮をしているように思えた。

顔はうっすらと上気し。
目の端を赤く滲ませ。
ん、ふっ…と鼻から漏れる甘い吐息。

耳朶を口に含みたっぷりと唾液を絡め

「イクか?」

その言葉を合図にして手の動きを速める。

するとアイツは俺の首にしがみ付き。
耳のそばで

「あっ…ん…んんッ……あっ…」

と、か細い喘ぎ声を上げ。
ガクガクガクと体を震わせ。

「イ、イク……ん……イクッッッッ」

自分の顔に届く程の量を噴射させた。

それなのに俺の中に納まるソレからはどくどくと溢れ出し続けている。

アイツはピク、ピクッと体を震わせてまだ余韻の中にいて。
そしてその顔には雄の臭いが立ち込める液体が飛び散っている。

その光景に。
急に現実に引き戻された自分が居た。

俺は…一体、何をしているのか。

アイツは虚ろな表情をして視線を彷徨わせている。

込み上げる罪悪感。

けれど

「室長….」

そんな中でも俺を呼ぶ声に。

無意識にその体を抱き締めて。
鼻をつく液体を舌で絡め取り、体中を綺麗にしていた。

その行為が罪悪感から来るものだと信じ、自分の中に湧き上がる熱を押さえ付け。

力無く横たわるアイツの体を抱えると、隣の部屋に敷かれている布団に寝せた。

酒を飲んだ時は大抵、寝室を別にしていたからそれが用意されてあるのは分かっていた。

けれどそこに大の大人が2人で寝るには狭かったんだ。

「俺はソファで寝る」

それを言い残してその部屋を出た。






ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

覚悟を決めた・・・
のめり込む覚悟かな?笑

2015/05/19 (Tue) 15:13 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

723621mam様

こんにちは(o^^o)コメント有難う御座います。
ふふ、でしょうね(笑)
自らチャンミン沼に飛び込む覚悟ですよ〜

2015/05/19 (Tue) 15:30 | shin #- | URL | 編集 | 返信

【拍手コメント】ぴこ様

こんばんは(o^^o)コメント有難う御座います。
楽しみにして頂いて嬉しいです♡
ふふ、室長も気分が高まってますからね〜
どうなる事やら♪明日も更新しますのでお待ち下さい(^-^)

2015/05/19 (Tue) 21:56 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック