2015_03
28
(Sat)12:00

君ヲ想フ ~あとがき~

こんにちは管理人のshinです。

今回のお話は如何でしたでしょうか?

新曲「サクラミチ」リリースを記念して作った物ですが、これは私自身への応援ストーリーとなりました。

前々からユノが兵役に行くお話を書きたいと考えてまして。
時期的にも今なのかなと思い、新曲が発表される前からストーリーを温めていました。

そしていざ歌詞を確認してみると用意していたお話の流れに近い物でしたので、少し修正を加えるだけで良かったんです。

元々、山本加津彦さんの作られる曲は全て好きでしたし。
とても期待していました。

なので「サクラミチ」のカップリングの「君のいない夜」の歌詞を確認した時は衝撃を受けました。
珠玉のバラード。

そしてこれはユノ君の心の声なんだろうなと感じて。

「サクラミチ」と「君のいない夜」は対になった曲じゃないのかな…と思い。
思いのままにチャンミンとユノの2人のエピソードを作ったんです。

※ 因みに山本さんもこの2曲は一つのエピソードの裏と表だって明言してましたね。

ユノ君はユノのまま、チャンミンはユノの帰りを待つファン達。
その想いも込めてあります。

ユノだって不安で辛い筈なんです、でもそれを待つ私達が「おかえり」と不安を拭い去ってくれるような広い心で迎えられたら…
そんな想いです。

※ 実際はそれ程、余裕なんて無く凹んでばかりですけど(笑)

ですから今回のテーマは新曲リリースが表とすると、裏テーマはユノとファンの絆。

そして肝心な裏の裏の裏テーマは

「一日、一回は心がざわつくお話を!」

でした~

それはキュンっだったり、きゅうぅ…だったり。
そんなの感じなかったわ~と言う苦情はスルーします(;-ω-)ゞ
私の中のざわつく基準ですから(笑)

なのでユノ君がチャンミンをひたむきに想う気持ちはキュンキュン♡
その想いが重い程、切なさにきゅうぅ…。

チャンミンは長さこそユノ君には敵いませんが想いの深さでユノ君へ追い付いたのです。

2人の初恋は質も量も違いますがやっぱり"初恋"なんです。
人を好きになるとぐんっと精神面が成長するじゃないですか?

自分以外の相手を思いやる心、それをチャンミンは短期間で知ったんです。
ユノ君との恋愛を通してチャンミンの心が恋から愛に変わる様を感じて頂けたら嬉しいです。

なので文章も少したどたどしく、拙い感じで。
チャンミンの揺らぐ心を表現したくてなるべく読み難い状態を目指しました。
例えるならば「北の国から」の純君のように読点が見当たらない…そんな感じ(笑)

そして時間の流れもゆっくりと。
思い出が少ない分、甘く幸せな時を丁寧に進めたかったのです。

Rの部分はユノの心の不安を表してます。
別に変態な私が暴走した訳ではありませんよ(笑)
想いが成就して浮かれている先にある現実。
その不安はチャンミンと肌を重ねる事で忘れられるような…そんな心の揺らぎです。

ラストはもう少しチャンミンの切ない心を書こうかと思いましたけど、そこは敢えてバッサリとカットして。
人を愛せるようになった彼の成長を描きました。

ちょっと急展開で無理があったような感も(笑)
まぁ、これは需要と供給の推移を察してですよ。
あんまり切ないのがダラダラと続くのもね、どうなのかなと。

そしてそして !
キーパーソンならぬキーアニマル♡
アンジュは老猫です。
皆さんがユノ君とチャンミンの出会いの年齢を何歳に設定したかは分かりませんが。
猫の寿命は大体20歳前後です。

そしてユノ君とチャンミンは30歳の設定です。
幼い彼等を引き合わせた不思議な猫の正体は…

天使では無く、キューピッドだったのです。

ここ、ちょっと苦しい説明かな。
天使とキューピッドは別物。キューピッドは愛の神。
でも外見は似てるのです。

チャンミンが感じたユノ君のイメージは天使。
けれど本当は愛の神。
その化身がユノに似た猫。

あぁ…これは苦しいぞ、苦し過ぎるぞ(笑)

これが一応、オチなんです(笑)
絶対に無理があるけれど…

「shinが言ったらそうなの!!」

とユノばりに断言してしまおう(*≧д≦) 

オチをこのあとがきに書いたのは本編に書くと一気にファンタジーになってしまうから(笑)

何気無くあとがきを読んだ人が"プッ、そんなのわかるかい!"と突っ込みが入りそうなので、遠慮がちにここに書きました。

がっかりさせてしまったかな(笑)
すみませんね~。

こねくり回した結果がコレ。
ふう…私の頭の中はこんなもんです;^_^A

まぁ賛否両論あると思いますが最後までお付き合い下さり有難う御座いました♡



さてさて今後の予定ですね。

この「君ヲ想フ」を書いている途中で頭の中に降って来たお話をちょっとずつ書き溜めてまして。
どれもこれも中途半端なんですけど、その中から筆が止まらない程にスラスラと書けてるのがあるのでそれを出します。
しかしこねくり回して作り上げる長編とは違い、ラストも決めずに見切り発車してる作品なのでいつまで続くのかは未定です。

でも書いてて楽しいです(笑)
私が作るお話の共通点は降って来たお話はちょいエロ。こねくり回したのは爽やか。
頭の中は黒shinと白shinが混在しております。

爽やか系を書いているとエロいのが書きたくなったり、甘い系を書いていると切ない系を書きたくなったり。
忙しいです。

そんな訳でそのお話は31日からスタート。
それまでの2日間は例のアレ。
一応、鍵は掛けてますけどサラッとしてます。
安心して覗いて下さい。

鍵は一般の方が間違って覗いて東方神起のイメージを悪くしたらいけない、その予防策に掛けました。

それではまた今夜、逢いましょう~♡


関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

マジかい!?
アンジュはキューピッド?
ああまたヤっちまった。あとがきを先に読んでからコメすればよかった………
まあいいか。mamの中ではアンジュは魔法使いの飼い猫の血を引く、由緒正しい魔法ネコなのさ。ふっ。

ではまたつぎのおはなしのコメ欄で。

2015/03/28 (Sat) 16:05 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

723621mam様

コメ有難う御座います(〃∀〃)ゞ
もう当分はこんな風に裏テーマがあったりオチが何だかよく分からないのは書きません〜。
今後のお話は分かり易いのをねちょこちょことやりますよ。
気に入って頂けるかな〜ヽ(〃∀〃)ノ

本当、いつもコメント有難う御座います♡

2015/03/28 (Sat) 22:48 | shin #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは
WITHコンオーラスに行ってから、しばらく辛くてサクラミチを聞く事が出来ませんでした。このお話は2人のお互いを想う気持ちがすごく重なって、サクラミチの歌詞と合っていて何度か涙ぐんでしまいました。やっぱり当分サクラミチは封印します(笑)

2015/05/29 (Fri) 10:53 | ゆんちゃすみ #- | URL | 編集 | 返信

ゆんちゃすみ様

こんにちは(*^_^*)コメント有難う御座います♡
うー、、、そうだったんですか(;_;)
そんな中でこのお話を最後まで読んで頂き…何と言葉にしていいのか…
私も初めてサクラミチの詩を読んで、曲を聴いた時は胸に沁みました。
特に君がいない夜なんて今も涙腺が緩んでしまう程、切なくて。
でも大好きで何度も聴いてしんみりしてしまいます。
詩を元に作ったお話なのでちょっと辛いものがありましたよね>_<?
でも、こうして感想を寄せて頂けて嬉しいです・゚・(。>Д<。)・゚・
封印する程、あの曲は心に沁みる物だと言う事。
いつかまたゆんちゃすみさんに聴ける日が訪れますように…

2015/05/29 (Fri) 12:17 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック