2015_04
06
(Mon)00:00

陽だまりの中 episode 7







「こいつ誰?」

いきなり上から声が聞こえてビクッと振り向くと、見た事の無い男の人が僕を見つめていた。

目がクリッとして色白の綺麗な人。
でも何だか少し怖い。
だって凄く機嫌が悪そうなんだもん。

「何しに来たんだよ」

僕を抱き締めたままのチャンミンさんの声も低くて怒っているのが分かった。

「いや、だってお前がいきなり鍵を返せって。だから返しに来たら知らない奴が居るから」

その人は僕を一瞥してまたチャンミンさんに視線を向けた。
苛立っているのか凄く目付きが怖い。

「あぁ、そう言えば。じゃあ、そこに鍵を置いてって」

チャンミンさんは顎でテーブルの上を指す。
その間も僕は抱き締められたままで2人のやり取りを息を飲んで見つめていた。

「マジかよ。僕と別れて今度はそいつとか?チャンミンの新しいセフレはこんな奴なの?」

あのクリッとした目が近付いて溜め息を吐かれた。

…セフレ?この人はチャンミンさんの恋人じゃないの?
そして、僕もそうなの??

「俺はお前とは付き合ったつもりも無いけど?今までは利害が一致してたから受け入れてたけれど、もうそれも必要無くなった。それだけ」

グイッとその人から離すように体を抱きすくめられる。
その人はその様子に酷く驚いて

「へぇ…こいつ、何な訳?お前は誰かに縛られたりするの嫌じゃん。まさか恋人とか言わないよな?」

その言葉に頭の上からチャンミンさんの大きな溜め息が降って来る。

「もっと利口だと思ってたけど結構ウザイね、キュヒョン。ユノは恋人じゃなくて…」

分かってる…僕は恋人じゃなくて居候だから。
今はチャンミンさんが僕を好きでいてくれるけれどいつかは追い出されるかもしれない。
そう思うと寂しくてギュッとチャンミンさんの腕にしがみ付いた。

「俺の家族だから」

チャンミンさん?

「はっ、、、家族かよ。笑わせんな。お前は尽くしてくれる男が必要なのに。お前にこいつはそんなに奉仕してくれんの?僕みたいにお前の事を気持ち良く出来てるとは思えないけどね」

吐き出すように投げられたその言葉が胸に突き刺さった。
僕はチャンミンさんに何もしてあげられてない…
やっぱり僕じゃ駄目なんだ。

情けなくて俯く僕の視界に突然、チャンミンさんの優しい顔が映り込んだ。
そして足元に跪くと太腿に置かれた僕の手をそっと握り

「本当、馬鹿だな。奉仕されるだけじゃ家族になれないだろ。俺はユノに尽くしたい、だから家族になるんだよ」

そう言ってチャンミンさんは僕の太腿に触れるとタオルの間に顔を埋めて一気に咥えたんだ。

いきなりの事でびっくりしたのは僕だけじゃなくて。
僕とチャンミンさんを交互に見つめるキュヒョンさんは凄い顔をしていて。

僕だってそんな姿を見られて凄く恥ずかしい筈なのに、チャンミンさんの愛撫はねっとりといやらしく。
内腿を撫で上げる手の動きにも体が跳ね上がってしまうんだ。

もう目の前にキュヒョンさんが居るのも忘れる程に気持ちが良くて。
声にならない吐息を吐き出して。
チャンミンさんの頭を挟み込みながらビクビクッと体を震わせて達してしまったんだ。

そんな僕をチャンミンさんは満足気に見つめ、キュヒョンさんに見せ付けるように喉を鳴らしながら飲み込んだ。

息が上がって余韻に浸る僕と、口元を手の甲で拭って色気が漂うチャンミンさんをキュヒョンさんはわなわなと睨らみつけ

「最悪だな」

それだけ吐き捨てると鍵を叩き付けて部屋を出て行った。

「ったく、プライドが高いと厄介だな」

髪を掻き上げながらペロッと唇を舐める。
その仕草にもくらくらして…
さっきの余韻もあるけれど…
僕はチャンミンさんの全ての言動に酔いしれていた。

そう言えば僕の事、家族とか言ってなかった?
サラッと言われて聞き返す事も出来ない。

「あー、腹減った。やっぱりユノのだけじゃ足りないな」

ちょんちょんっと指先で突っつかれ慌ててチャンミンさんから隠す。
馬鹿馬鹿と胸を叩いて反撃すると笑いながらリビングから出て行ってしまった。

本当にチャンミンさんは僕の事をからかい過ぎ。
その所為で聞くタイミングをすっかり外してしまったじゃないか。
ぷーっと膨れていると

「はい、これに着替えて。出掛けるよ」

手渡されたのはソヒョンさんが選んでくれた服達。

"あれ、今日はしないの?"

僕のアイコンタクトにチャンミンさんはにやりと不敵な笑みを浮かべて囁いた。

「夜にベッドでたっぷりとね」

ちがーう!!僕はお仕事の事を聞いたの!!

赤くなった耳を手で隠して、抗議の目を向けてもちゅっとキスで交わされて崩れ落ちた。

あぁ、本当にチャンミンさんにはやられっぱなし。
何でこんなにかっこよすぎなんだろう!?



関連記事

C.O.M.M.E.N.T

No title

チャンミン大胆だこと。
癖にならなきゃいいけど。笑
そして、ぎゅっぎゅっぎゅっ
写真のギュはいつ頃の?
いわれてもそう見えなくて、
へーーーーーーって感じ。

2015/04/06 (Mon) 13:54 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

723621mam様

コメント有難う御座います*\(^o^)/*
答え合わせは惜しかったですね。ファイナルアンサーが違ったようで。
でもやはり良い読みです(笑)このお話はあまり捻り無しで行きますから。

ここのチャンミンさんはエロスなんです。
それ故にチャンミンさんのイメージ画像が無くて苦労しております。
漁れば漁る程、可愛いチャンミンしかなくて(笑)

そうそう、ギュさんはアンニュイなイメージを探してやっと見つけた一枚なんですけど。
もう何処から取ったのかも分かりません(;-ω-)ゞ
ギュっぽく無いですよね。
ギュペンさん、居ませんか?分かる人居ないかな〜

2015/04/06 (Mon) 15:20 | shin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック