2014_12
10
(Wed)12:54

純真 episode 1




~ ジー… ジー… ~

絵の具を塗りたくったような真っ青な空

眩しい程に照り付ける太陽

暑さを更に感じさせる蝉の声…



大学2年の夏休み、僕は念願叶ってようやくバイクの大型免許を取得した。
街の喧騒から離れ大好きな海まで風を切ってバイクを走らせたい。
それが僕の夢だった。

「あとはバイクか…」

前から欲しい物は決まっていた。
でもそれは親の脛をかじって大学に行かせてもらっている僕には到底手が出せる代物では無かった。

なるべく短期で稼ぎのいいバイト。

その条件を満たす所は無いかと日々、求人誌を片手に残りの夏休みを過ごしていたそんなある日。

「お前が探していた条件にピッタリな所があるみたいだけど、どうする?今日、面接したいらしいって。」

突然、親友のキュヒョンからの電話。
僕は心が躍った。

「勿論!すぐ面接を受けに行くよ!」

それから数時間後、待ち合わせの場所でキュヒョンと合流をした。

彼が言うには中学時代の友人がバイトしている所で求人が出たと聞いたらしい。
面接ではいくつかの条件にクリアすれば高収入が見込めるとの事だ。

…条件か。何だろうな。

彼の案内で暫く歩くと街のネオン街に辿り着いた。
学生の僕等には少し不釣り合いな場所のような気がして不安な思いを抱きながら目的地を急いだ。

「あっ!キュヒョン!こっちこっち!!」

急に大きな声に呼び止められ振り向くと、背の高い男性が元気良く手を振って僕等を呼んでいる。

「ミノ~久しぶり!
えっ?それ制服?すげー似合ってるなぁ、見違えるよ」

そう言ってキュヒョンは友人との再会にはしゃいでいた。

「あの…」

「あっ悪い!
ミノ、こいつがさっき電話で話したバイト候補のチャンミン」

と僕の肩をガシッと掴んでミノと呼ばれるその人に紹介をしてくれた。

「あの…シム・チャンミンです。
宜しくお願いします。」

ぺこりと頭を下げて挨拶をすると

「…………綺麗だね」

「え?」

「ご、ごめん。男の人にそんな言葉は失礼だったね。」

と慌てて恥ずかしそうに頭を掻いた。

「いや、ミノは間違っていない。
こいつはすげー綺麗だと思う。親友の俺でさえたまにドキッとさせられるもん。」

ずいっと横からキュヒョンが割って入ってくる。

「でも見た目と違って中身は男らしい面もあるんだぜ。ってか男だしね。」

と変なフォローをするから3人で顔を見合わせて笑った。

「ところでまだバイトの内容を聞いてないんだけど…」

「そう言えば…話してないのにこんな所まで連れて来ちゃったな。」

キュヒョンは罰の悪そうな顔をしてミノ君を見る。

「まぁ、ここで説明するよりも行けば分かるからさ。付いてきてよ。
僕も仕事抜け出して来てるからもう戻らないと。」

その声に頷き、黙って彼の後を付いて行く事にした。

数分歩いた先にあるひっそりと佇むビル。ミノ君の持っているカードキーをエレベーターに挿すと自動で目的の階まで上昇するようだ。

エレベーターが止まり目的の階を知らせた。

次に扉が開いた瞬間、目の前に僕の知らない世界が広がっていた…





ブログランキングに参加しています。
皆様に応援して頂けると励みになります♡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック